2021.09.04

LUMIX GX8 到着

ディスコンとなったLUMIXのGX8を購入しました。

マイクロフォーサーズは、OLYMPUSをメインで揃えていて、屋外撮影(特に鳥類)で活躍してくれています。
メイン機種はOM-D E-M1XとE-M1Marklllです。防塵防滴、強力なゴミ取り機能&手ぶれ防止、良く出来たProレンズなどが素晴らしいですね。

一方、日ごろのスナップ撮影では、古い機種ですがPanasonicのGM1という小さな小さなマイクロフォーサーズカメラを使っています。
PanasonicのUIはOLYMPUSよりも使い易く、スタンダード設定でもマゼンダの発色が強くコントラストが強い印象で、素直に写るOLYMPUSとは雰囲気が違い、使い分けが出来ます。

普段使いではE-M1 MarklllにSIGMAの56mmF1.4Contemporaryを付けていたのですが、今度からこのGX8がメイン機種となりそうです。

Xpr30600

E-M1 Marklllのほうが新しいですし性能も上だと思いますが、
・ルックス(レンジファインダーを模した形状、防塵防滴のマグネシウムボディ)
・ギミック(高倍率ファインダーの造りとチルト動作、ひっくり返せるモニター)
・操作性(一連のパナソニック式UI、握りやすいグリップと独立した露出補正ダイヤル)
・機能性(4Kフォト、フォーカスフォト、空間認識AF、実は優れた動画性能などなど)
に興味が勝り、また、金額も手の届く価格帯でしたのでカメラ店の中古コーナーにてオーダーしました。

Xpr30598 Xpr30597 Xpr30596

到着したGX8は使用感がほとんど感じられない美品。「でかい」と不評だったとネットの記事などで見られますが、私には丁度良い印象です。
実際、X-Pro3よりも一回り小さく、かといって小さすぎない絶妙なサイズかと感じました。

Xpr30593

SIGMAの56mmF1.4をつけると、丁度良いサイズとバランスに。(OLYMPUSのProレンズを付けてもバランスは良いのですが、レンズに付いているL-Fnボタンが機能しなくなるため少々躊躇しますね。)
設定できるファンクションボタンの数が多く、液晶のタッチパネルの感覚も遅延無く、これならばジョイスティック形式のインターフェイスが無くても良いですね。

P1000001 P1000012 P1000023

【室内で撮ってみて】
・ファインダーよし。倍率は35ミリ換算で約0.77倍とのことですね。E-M1Xの0.84倍を体験していますが、この形状での大きなファインダーは良いですね。また映像の応答速度も滑らかで速く、液晶ファインダー酔いなどは起こらないですね。
・シャッター音が心地よい。メカシャッターの音質が好みのものでした。
・良質なボディの質感。マグネシウム合金ボディのしっかり感と、各種ファンクションボタンのバランスも良。親指AFがしにくい形状でしたのでそこは別のオートフォーカス方式を本機では使用することで解決。
・使い易いタッチパッドAF。右目でファインダーを見る撮影スタイルですので、このタッチパッドAFはとても使い易いですね。
・地味ながら使い易い位置にある電源ON/Offレバー。 右手で操作できる電源ボタン(レバー)は好きです。PENTAXやNikonのようなシャッターボタン周りある電源ボタンが好きですが、アレですと前ダイヤルボタンを別につくらないといけないですよね。GX8の解決策はよく考えられていると感じました。

最近は雨続きでまだ本格的に外へ持ち出せていませんが、屋外での撮影がいまから楽しみです。

| | コメント (0)

2021.08.21

Minolta SR-T101 Black

L1000149

修理に出していたミノルタの機械式一番レフカメラ SR-T101が戻ってきました。写真は一緒に付いていた「緑のロッコール」55mmF1.7です。

ときどきカメラ機材を購入しているカメラショップから購入した「訳あり」品でしたが、ボディもレンズも要修繕状態でしたので、いつもの新井薬師のファクトリーへ持ち込み、修理をお願いしてきました。
さきほど受け取ってきたのですが、修理内容は多岐にわたっていました。

■ボディ  Minolta SR-T101            
・各部点検整備
・露出計不動の修理
・高速シャッター精度不良修理
・モルト交換
・シャッタースピード点検調整
・ミラー駆動部点検調整
・ピント精度点検調整
・巻き上げ機能点検調整
・露出計点検調整(1.5Vで調整)
・ファインダー清掃
・各部清掃、注油

●レンズ MC ROKKOR-PF 55mmF1.7
・絞り羽根の粘り修理
・絞り羽根点検清掃調整
・レンズ清掃
・ピント精度点検調整
・ヘリコイドグリスアップ及び調整
・各部清掃、注油

大がかりな整備、調整をしていただきました。そのおかげで、とっても快適・快調な状態となりました。

L1000146 L1000150 L1000154 L1000153 L1000155

写真家の赤城耕一さんはフィルムカメラ関連の本をよく書かれていますが、その彼が最近上梓された「フィルムカメラ放蕩記」では#01がこのミノルタのSR-T101でした。このページには、ミノルタの露出計技術(CLC採光)のお話しもあります。ぜひお読みいただければと思います。

そういえばこのSR-T101には視度補正機能は無く、純正の視度補正レンズも見つからないのですが、何故かNikonの視度補正レンズ「DK-20C」がピッタリ合うんですよね。オークションなどで探している方は代替品ですが現行品のこちらが良いですよー。

フィルムで撮ることはいまやとっても贅沢なことになりましたが、まだ続けてみたいと思っています。
昨今はCOVID-19のデルタ株が蔓延し、終息が見えないこんなご時世ですが、明日にでもフィルムを詰めて散歩の友として連れ出してみようかと。

| | コメント (0)

2021.08.01

令和3年だけど、Canon EOS 5D (5D Classic) を購入!  

令和3年7月にキヤノンのEOS 5Dを購入しました。初号機無印の5Dは最近「クラシック」と呼ばれているそうですね。

箱入り娘ならぬ、箱入り5Dでした。

5dclassic_-11 5dclassic_-12 5dclassic_-10 5dclassic_-9 5dclassic_-8

フルサイズ一眼レフでは今おそらく、一番お手頃な価格帯の機種でしょう。キヤノンでの修理可能期間はすでに数年前に終わっており、壊れたらそれまで、の機種です。
私が購入した5Dはとても丁寧に使われてきた機種のようで、年代の割にくたびれた様子は無く、5Dのアキレス腱「ミラー落ち」にも公式対応をされている機種でした。

5dclassic_-6 Img_8797

2年ほど前に友人から6Dを購入していて、キヤノンのフルサイズ一眼レフは一台、持っているのですよね。
ではなぜ、6Dよりも古く機能も劣る5Dクラシックをこのタイミングで購入したのか・・・ 

答えは「5Dを使ってみたかったからw

はい。この理由だけです。。。しょうがないですよね。使ってみたかったので。5Dいいよ、と言われているけど何が6Dと違うのか。どう違うのか。試してみたかったのです。
5D(のクラシック)に決めるまで、グルグル迷いの森に入り込んでいました。メンテナスのことを考えて5DMarklll を基準にMarkllや4型まで検討範囲を拡げ・・・でも結局初期型のクラシックに決めました。今買うならやはりミラーレス。キヤノンでしたらR6がパフォーマンスで群を抜いているなぁ、でもボディの質感への納得感や価格がちょっと・・・
そこで、自分がたてたこの基準に立ち戻ります。その結果が5Dクラシックでした。

5dclassic_-3 5dclassic_-4 5dclassic_-1 5dclassic_-2

Tamronの45mmF1.8を付けてみました。
ファインダーの出っ張りが少なく、なめらかなペンタ部が特徴的です。

バランスよし。操作系は確かに6Dとは違います。この形式のサブダイヤルはやはり使いやすいですね。
シャッターの感触が柔らかく意外でした。(もっとメカニカルで甲高い切れ味を感じるシャッター感覚かと思っていましたので)

Img_8812

Img_8814

ファーストショットはこんな感じでした。柔らかく明るい雰囲気のある写真が撮れていますね。

壊れたらそこで使い終わりとなってしまいますが、令和3年の夏にあえて5Dを使い始たのは何かのご縁。毎日を楽しんでまいりましょう。

 

| | コメント (0)

2021.07.24

TAMRONのB061(フジマウント)が楽しみ

TAMRONの2021年7月21日プレスリリースに、以下のようなものがありました。

タムロン初の富士フイルムXマウント用レンズを
ソニー Eマウント用と同時開発
世界初、ズーム比16.6倍を実現した高倍率ズーム

報道発表へのリンクはこちら

おお。これは素敵な発表。
販売開始の2021年の年内を予定ですか。
私はNikon用にTAMRONのB028を愛用しています。羽田空港のヒコーキやカワセミ、ブルーインパルスの展示飛行このレンズで気持ちよく撮れています。18mm〜400mm(35ミリ換算で28ミリ域から600ミリ相当まで撮影範囲)のレンズであるB028は、手ぶれ防止VCや簡易防滴、防汚コートがあり頼れるレンズ。今回発表されたB061は、外観写真を見るとB028と同じクオリティかと思います。これはイイ感じですね。

最近X-Pro3を購入してしまい、その前に買ったX-S10の稼働率が落ちていました。X-S10用のお手軽レンズにはXF18-55mmf2.8-4 R lm oisを使っていましたが、もう少し望遠域が欲しかったんですよね。B061は18-300だそうですので期待大です。Impressの記事にX-S10へ装着した写真がありますね。これならOKです。

今から発売を楽しみにしておきます。

| | コメント (0)

2021.07.23

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会 ブルーインパルス展示飛行

Dsc_1613

真夏の空にブルーインパルスの展示飛行。とてもワクワクしながら12時15分からバルコニーで待機。
OLYMPUSのOM-D E-M1X+40-150(+MC20)と悩んだのですが、機材はNikonのD500とタムロンのB028(18-400)に。
飛びモノを春から練習して結果、こういうときのNikonの安心感に軍配があがりました。D500は私好みの色味で撮影できるのも好意点ですが、今日の選択は正解でした!

Dsc_1549

飛行予定(予想)ルートは数日前から開示されていましたが、飛行時間がわからずSNSで友人たちに情報をもらい昼過ぎを確認して臨んでいます。

Dsc_1529 Dsc_1578 Dsc_1456

今日は風が少しある天気だったので、五輪のスモークはあいにく作るそばから直ぐに流れてしまいましたね。。。でも、素敵なカラースモークでしたよ。心に残りました。
Dsc_1658

2021年夏のひとこま。今夜、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開会式ですね。

| | コメント (0)

2021.07.22

令和3年夏のニコンD40 (Nikon D40)

Dsc_0229

ニコンD40。
CCDセンサ搭載のリトルニコンとして最近また再評価されているようです。

わたしはもともとニコンのD60を使っていました。(過去記事は2008年のこちら)その後D60はいちど手放してしまったのですが、最近買い直しました。小ぶりのボディに優しいシャッター音、そしてハッとする色味の写真映像。D60はとても好ましいカメラです。
では何故D40 が我が家に?それはこちらの記事にも書いた「センサーの違い」を確認したかったから、なんですね。
中古のD40を買い増ししました。(全国チェーンの中古カメラ店から購入しました。かなりお手頃なお値段でお財布に優しいのはありがたいことです)
D60を600万画素に落とせば同じになるのでは?とも思いながら、一度試して見たかったわけです。

なおD40までの機種にはボディカラー「黒」と「銀」がありました。フィルムカメラ時代も含めこれまで銀色の一眼レフは使ったことがありませんでしたが、今回この機会に銀色のボディのD40を入手してみました。私はフィルム時代のレンズ45mmF2.8P(銀色)を持っていて、このレンズと相性が良いのでは?と思ったのも銀ボディ購入の理由となりました。

Dsc_0231Dsc_0234

銀の45mmF2.8Pレンズと、銀のD40とのマッチング。
ルックスも手に持った感じもサイズ感もとても良いです。これならばデジタル版「リトルニコン」として令和3年の今でも存在感を示すことができますね。

この組み合わせでのファーストショットがこちら。
Dsc_0073-2

優しい色味の写真が撮れました。満足満足。

D60との違いは・・・正直わたしには良く分からないのですが(笑)、CCDセンサ独特の印象に残る写真が撮れるように感じています。(プラシーボ効果も過分にしてあるとは思いますが)
今どきのクッキリはっきりデジタルカメラとは違う方向性の写真が撮れているように感じています。私は好きです。

一周回って、という言葉がありますが今、CCDセンサ搭載のデジタルカメラを使うのは、良い趣味なのではないでしょうか。わたしはオススメします。
そうそう。この45mmF2.8Pは電気接点がついています。Exif情報も残りますし、フォーカスエイドも使えますのでマニュアルフォーカス撮影でも楽なのが良いです。にらんだとおり、ベストマッチのペアでした。

こんな感じの写真が撮れています。

Dsc_0198 Dsc_0263 Dsc_0129 Dsc_0117 Dsc_0148

D40で撮ると、とても優しい気持ちになります。

ミラーレスカメラやフルサイズの一眼レフで撮っていると、どうしても気が強くなったり積極的(攻撃的?)な、チカラの入った撮り方いなってしまっているようですが、D40は肩が凝りませんw モノとしてのサイズ・重さもありますが、気持ちを軽く、優しくしてくれるデジカメだな、と感じます。また銀色のこのボディも良いですね。黒いボディよりも、良い意味でやる気をそいでくれて優しい気持ちにさせてくれます。

今は夏の商戦期で新型のミラーレスカメラが出てきたり、既存機種のキャッシュバックキャンペーンが花盛りの時期です。
私も毎年この時期に買い増しをしていましたが、今年はD40 のおかげで最新機種の買い増しは無く、穏やかな夏となりそうです。

| | コメント (0)

2021.07.14

NikonのCCDセンサー 型番一覧

Nikon Rumors に「ニコン機のセンサーメーカーの一覧」が掲載されているページがあるそうで、見てきました。
List of all Nikon DSLR cameras and their sensor manufacturer/designer

わたしが使っているCCD機でみると・・・

D40:Sony ICX-453-AQ (CCD)

D60&D3000:Sony ICX-493-AQA (CCD)

D200:Sony ICX-483-AQA (CCD)

となっていますね。写りの印象が微妙に違うのは、こういうところにもあるのかもね。

| | コメント (0)

2021.07.11

カメラ・ボヘミアン脱却へ

写真なしのブログ記事は久しぶり。

令和3年に入り、FujiのX-Pro3、OLYMPUSのOM-D E-M1Xを買い、昨年買ったPENTAXのK-1 Markllなど各社のフラッグシップ系をバラバラと買い付けていますが、その都度撮りたい被写体がコロコロと変わり(フジはフィルムシミュレーションを使ったテーブルフォト、E-M1Xは鳥、K-1M2は星空)、我ながら節操がないカメラの買い方をしています。

私がカメラ趣味をはじめてから20年以上の歳月が過ぎていますが、おそらく私は写真を撮るのが好き、というよりも「カメラという機材を操作するのが好き」なのでしょう。なので、カメラメーカー(マウント)が固定できない。移り気な浮気性があります。

最近は古いCCDセンサを搭載したデジタルカメラの発色が好ましく、ニコンのD40やD60、D3000などを買い付け、これまで持っているD200や富士のS5Proなどを防湿庫から引っ張り出し、悦に入っています。また、Canonの20DやPENTAXの*istDSなどという古いデジタルカメラなどを操作していたりします。(昔のデジタルカメラはしっかり作ってあって、質感がとても良いのも好感触だったりします)

夏の賞与がまもなく振り込まれる時期となり「また、何を買おうか」と算段していましたが、はたと「お前は何をしたいんだ」と冷静に問うてみました。
そう。普通の人は人生でカメラ(デジタルカメラ)を、そんなに何回も買い替えたり買い増したりしません!
持っているカメラで何が不足なのか。何をデジタルカメラに求めているのか。棚卸をしてみました。

その結果がこちらでした。

・しっかりした質感のボディ
・柔らか/滑らかなボケ

え?これだけ?
はい。これだけでした。ただ、ボディの質感に関しては結構重症で「チタンまたはマグネシウムボディ、真鍮のボディ」が条件のようで、ポリカーボネイトの軽量ボディは、どんなにカメラ本体の性能が良くても気に入らないようです(すぐに手放してしまったキヤノンの90Dが良い例です)

現在手持ちの機材でラインナップしてみると、

仕事での撮影で使用:SONY α7lll + 24-105 G 、Nikon D4s + 85mmF1.4D、Canon 6D + Planar1,4/50 ZE T*

プライベート(鳥):Nikon D500 + 18-400、OLYMPUS OM-D E-M1X + 40-150 Pro&MC-20
プライベート(星):PENTAX K-1ll 、K-70
プライベート(テーブルフォトなど):FujiFilm X-Pro3 + XF35mmF1.4R
プライベート(スナップ):RICOH GRll、Panasonic DMC-GM1(Lumix G 1:2.5/14, 1:1.7/42.5ASPH.)

と、十分な機材構成です。キヤノンのR6や、ニコンのD850などが欲しい!とあたまをもたげましたが、これだけの機材があれば不要です。書き出したことで少し落ち着きました。

昨日、Eマウントのポートレート撮影用レンズを手配しました。しばらくはα7を軸に、組み立てていきましょう。

| | コメント (0)

2020.11.23

ヒコーキ撮影@羽田空港

秋晴れのとある休日に、友人と羽田空港にてヒコーキ撮影をしてきました。

初の「うごきもの」撮影。Nikon D500にタムロンの18-400をつけて臨みました。なかなか難しいですねー。

Dsc_0840 Dsc_0826 Dsc_0831 Dsc_0883 Dsc_0492  Dsc_0502   Dsc_0368   Dsc_0362 Dsc_0355_20201123122401 Dsc_0637         Dsc_0622     

Dsc_0689 Dsc_0700 Dsc_0736 Dsc_0675 Dsc_0782 Dsc_0788 Dsc_0770 Dsc_0511 Dsc_0460  Dsc_0473 Dsc_0482

| | コメント (0)

2020.11.21

富士フィルムX-S10 レビュー(外観編)

2020年11月19日、発売日当日に我が家にX-S10が届きました。

いやぁ、小さい!軽い!それでいて、グリップはしっかりしています!

これまで主にX-T1のボディの作りとサイズが好きで使い続けてきましたが、満を持しての乗り換えです。
小さいは正義、ですね。

Simg6910

S20201120_001

操作系はXシリーズとは一線を画して一般的なものになっていますね。慣れるまでむしろ大変かも。
背面がとってもスッキリしているのが良いですね。十字キーとか、結構使いづらいので、液晶パネルで操作するX-S10のUIは、好ましいです。

ボディが薄いのが良いですね。GRなみの扱いやすさ。ボッテリしたボディが多いデジカメの中では、とても良くできた設計ですね。
ライカのIIIaを比較対象に持ってきましたが、薄さ、とても頑張っています。X-T1との比較では、グリップの深さが際立っています。
片手でのホールドがとてもし易いですね。

フィルムシミュレーションも多く、撮影が楽しみです。

S20201120_002 S20201120_003

| | コメント (0)

«ぎょうざの満洲 東明館 宿泊記