« アメリカンなすき焼き | トップページ | その名は「ポキ丼」 »

2003.12.14

上陸後初の食事

14.jpg


10月半ばに小笠原の父島に行きました。遅めの夏休みです。
東京・竹芝桟橋から父島二見港まで通常航海で25時間半。
飛行機はありません。小笠原海運の定期船、
小笠原丸(通称「おが丸」)での旅です。

二度目の小笠原でしたが、今回もすばらしい経験を得ることが
できました。友人も沢山できました。

さて、船内では主にインスタント食品を食べる生活だったのですが、
上陸後の昼、最初に立ち寄ったお店で出た食べ物がこの丼です。
(本当は、隣のお店から漂う「カレー」の匂いにかなり
 ひかれましたが・・)

海草を主体にした健康的な丼は、ごま油のかぐわしい香りと
あいまって非常に食欲をそそりました。本当に美味でした。

小笠原ではいろいろな経験ができます。是非みなさんも一度、
出かけてみてください。


|

« アメリカンなすき焼き | トップページ | その名は「ポキ丼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/26813

この記事へのトラックバック一覧です: 上陸後初の食事:

« アメリカンなすき焼き | トップページ | その名は「ポキ丼」 »