« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.30

所沢商業高校のボール盗難事件について

夏です。甲子園の時期です。今年はオリンピックとかプロ野球の1リーグ制の話とかいろんなことありますが、高校野球だけは頑張って普通の夏の様子にしてほしいものです。

さて、昨日の事件ですが、こんな記事がasahi.comがやっている高校野球のトップページにありました。
決勝戦の間にボール500個盗まれる 所沢商野球部

わたしは実家が埼玉の第2学区だったので、この「とこしょう」は良く見知った学校です。今年は久々甲子園か!とひとしきり盛り上がっていたのですが、決勝戦で浦和学院に負けてしまったのですね。。。

で、学校に戻ったら部室あらしの被害。(~ヘ~)ウーン、泣きっ面に蜂。「今年の甲子園はダメだったけど、来年に向けて頑張ろうぜ!」という部員たちの意気込みを駆逐するような所作。かわいそうに。。

そんな事件も忘れないように、今年の甲子園をみたいと思います。甲子園は8月7日から。オリンピックは13日からね。

ちなみに、「埼玉大会 熱戦を振り返って」というダイジェスト記事もありましたのでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.29

特設ビアガーデン

 会社の近くに吹き抜けのあるオフィス棟があります。カーボーイ姿の人たちが踊っていたり、いろんなことがある場所ですが、今日から3日間は「ビアガーデン」になっていました。

20040727_2.JPG

 提灯が素敵な雰囲気を醸し出しています。よく屋上とかにあるビアガーデンだとビールがぬるかったり、気が抜け気味だったり、料理が美味しくなかったりと散々な印象がありますが、ここはどうだったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.27

氷蓄熱の技術と夏のスーツ姿について

 またまた「温暖化対策」についてのココログになってしまいましたが、昨日の毎日新聞朝刊にこんな記事がありました。

  2004年07月27日
  氷蓄熱システム
  氷で真夏の都会を冷やせ 夜間に地下で製造→昼間はビル冷房

 これによると、電気代が安い夜間にビルの地下で氷を作り、日中、13時から16時にビル冷房で使うそうだ。テレビのニュースでは、冷房を使うときに排気される温かい空気を、この氷を使って冷却し、二酸化炭素の削減にもつながっているとの報道でした。

 実際記事では汐留の屏風ビル群の一角でこのシステムを使っているところを紹介しています。テニスコートよりも少し大きい広さに作った氷は、たった3時間ほどで溶けてしまうそうです。。このシステムは全国で1万8千箇所以上で使われているそうです。

 この記事をみて思ったことを二つ。

 1)氷をつかってビルの熱を冷ますというやり方はよい。(あまりにも単純な感想で我ながら恥ずかしいけど、ほんと、そう思ったので)

 2)でもね、汐留とか品川とかの湾岸に屏風のように建ったビル群が東京湾からの海風を遮るから、新橋とか灼熱なんだよね。自分たちはよくても周りは・・・というやり方に「?」から「!」になっています。
汐留「シオサイト」
品川駅東口地区再開発

 昨晩、久しぶりに「ニュース23」を見ました。彼の話では「実際、沖縄は亜熱帯だけど、気温は夏で31度くらい。常に海からの風が吹いているから亜熱帯でもめちゃくちゃ暑い!というわけではない」という感じの話を多事争論で話していました。湾岸地域のあのビル、やはり身勝手に見えてきます。「氷蓄熱システム」の考え方は良いので、それを周辺地域にも還元するくらいの太っ腹な考えがあると、素晴らしい企業に見えますね。

 彼は番組で沖縄の服「かりゆしウエア」のを着用し、話もしていました。沖縄より確実に暑い今の東京でスーツを着用しなければならない理不尽さについて語る彼を見て、東京でも浴衣条例とか着流し条例とか出れば良いのに、と思いました。
 私の会社は服装規定が緩やかで、スーツ必須では無いのですが、来客が毎日ありますので必然的にスーツです。相手もスーツだし。会議室ではできるだけ「上着、脱いでいただいて結構ですので」と言います。それは相手にも言ってもらいたいから(笑) ネクタイは衣服内の湿度を上げるため、煙突効果を阻害します。流石に会議(商談)でネクタイは緩められないでしょうから、せめて上着だけでも、ということで言っています。

 これが、みんな浴衣とかだったら、かえって会議も商談もスムーズに進むような気がしているのですが(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.07.25

持っているカメラ機材

私はデジカメよりも昔のフィルムカメラが好きです。はじめたのは4年前でまだまだ初心者なのですが、機材だけは人一倍集めてしまいました。収集癖というよりこれではただの「コレクションおたく」ですね。でもね、全部使っているんですよ。死蔵品はありません。すべて現役で使っていますし使えます。(かなり言い訳がましい)
「いったいどのくらい持っているの?」と良く聞かれるので先週末調べてみました。
こんな感じです。


<一眼レフシステム>
■ニコン 
カメラ
F2フォトミック
NewFM2
b.Nikon!!(agnes b.仕様)
レンズ
16mmF2.8
24mmF2.8
35mmF2
55mmF2.8S MACRO
200mmF4
AF28-300mmF3.5-6.3 LD Aspherical [IF] MACRO (TAMRON)

■コンタックス
カメラ
AX
159MM+ワインダー
レンズ
Tessar T*45mmF2.8
Planar T*50mmF1.4
Planar T*85mmF1.4
70-210mmF4(YASHICA)

■オリンパス
カメラ
OM-1
OM-1MD-Black
OM-4TiB
OLYMPUS Pen-F
レンズ
ZUIKO 28mmF2
ZUIKO 35mmF2.8
ZUIKO 35mmF2.8SHIFT
F.Zuiko S 38mmF1.8
40mmF2(COSINA)
ZUIKO 50mmF2 MACRO
ZUIKO 55mmF1.2
ZUIKO 90mmF2 MACRO
80-200F4(TOKINA製)

■ミノルタ
カメラ
XD(Black)
レンズ
MDロッコール28mmF2.8
MCロッコール58mmF1.4
MDロッコール70-210mmF4

■キヤノン
カメラ
F-1N
AE-1プログラム+ワインダー
レンズ:
NewFD 50mmF1.4
NewFD 135mmF3.5

<レンジファインダー>
■ライカ型
カメラ
DII
M3(700***)
M4
M4Black
M6TTL(Japan Limited, 0.85Model)
Leotax K
Leotax T
■CONTAX
カメラ
G2

レンズ
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mmF4
Biogon T*28mmF2.8
Biogon T*28mmF2.8(Mマウント)
SUMMICRON 35mmF2(4th Model)
SUMMARON 35mmF2.8
CANON Serenar 35mmF2.8
Planar T*45mmF2
XENAR 50mmF1.5
CANON Serenar 50mmF1.8 I
CANON Serenar 50mmF1.8 II
Topcor 50mmF2.0
JUPITER-8 50mmF2.0
ELMAR 50mmF3.5
Topcor 50mmF3.5
CANON Serenar 50mmF3.5
JUPITER-9 85mmF2
ELMAR 90mmF4(Lマウント)
ELMAR 90mmF4沈胴(Mマウント)
Sonnar T*90mmF2.8


<二眼レフ>
ROLLEIFLEX (Plannar80mmF2.8 Model)

<コンパクト>
CONATX T3 BLACK
RICOH GR-1s

<その他>
■レンズ付き
TARON35
レチナIb

==
 うーん、やはり良くないですね。少し考えないと。。 この2月に全体の1/3を整理してこの数。みなさんの叱責の声が聞こえる。。ちゃんと撮影してますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.07.23

温暖化に国交省が対策を検討中らしい

 昨日、「温暖化におもうこと」とつらつら書いていたら、今日、共同通信の報道で、国交省が対策を考えているって内容の記事を見つけました。

国交省が「打ち水効果」を支援(共同通信)  打ち水の原理で都市の暑さを少しでも和らげようと、国土交通省は23日、道路のアスファルトに含まれる保水材の水が蒸発することで周囲の気温を下げる効果がある「保水性舗装」の普及に向け、2005年度から本格的に自治体を支援することを決めた。騒音を減らすための透水性舗装と同様に沿道環境改善事業に位置付け、事業費の55%を国交省が補助する考えだ。

[共同通信社:2004年07月23日 11時06分]

 自宅の前の道がアスファルト舗装されたのは確か小学校低学年の頃だったと思います。家の親や近所の人はそれでも夏になるとよく打ち水をしていました。すぐに水を吸い込むアスファルト道をみて、「わあ、すごい。」と素直に関心したのを思い出しました。 吸い込んだ水をそのまま冷却剤として使えれば、とても良い方法ですよね。
 昨日は「都の方が対応がよいなぁ」みたいな感想を書きましたが、どっこい国も考えているのね。
 まあ、今年の東京の暑さを体験すれば、自ずと「なんとかしなきゃ」と思うのかもしれませんね。何はともあれ、今年度からどんどんやっていただきたいものです。

 
  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.07.22

温暖化におもうこと

連日猛暑ですよね。

 昨日、山梨では40度を越えたとか、東京大手町も39.5度とか、もう信じられない暑さ。みーんな、去年の夏、冷夏で「夏が恋しいねぇ」と言っていたことすっかり忘れてしまうくらいの猛暑ですよね。(去年は夏を味わいに10月に遅めの夏休みを取って父島に行きました。その10日くらいあと、札幌ドームで初雪も体験。日本の広さを感じましたっけ)

 TX系の「ワールドビジネスサテライト」では昨日「炎熱列島 猛暑に賭ける!」というテーマで特集を組んでいました。関越道練馬インター側で計測すると「40度」(!)でしたが、2h半後に到着した軽井沢では「28度」(これでも普通なら熱いけど、12度も低いので涼しく感じる)。その後軽井沢銀座のお盆並みの混み具合とか猛暑の時の景気について話が進んでいました。

 その前の時間、NHKでも猛暑関連の特集をやっていました。
 そこでは「保水タイル」というものを紹介していました。なんでもタイル自体に保水力があり、2~3日は水分を保つので「打ち水」などをすると、猛暑対策に効果がある、という報道でした。実際5度以上温度が下がるというデータもあるそうです。「ふーん、そんな凄いものがあるんだ」というのが正直な感想でした。既に国道一号線などで導入されているそうです。どんどん採用してもらいたいなぁ。

 テレビニュースネタばかりですが(笑)先週土曜日のTBS系「ブロードキャスター」でも猛暑特集やっていましたが、 汐留付近の高層ビルのため、今、新橋付近が東京で一番暑い街になってしまっているそうですね。海風をあのビル群が遮ってしまっているのが原因とか。また、埼玉県熊谷・深谷付近も栃木、群馬の山並みに遮られた都心の熱風が溜まっていつもいつも暑いそうです。。

 なんとかならんか!といろいろ見ていたら、こんなサイトがありました。

「都市と地球の温暖化阻止に関する基本方針
―“2つの温暖化”の阻止に向けた新たな挑戦― 」

 富士山清掃の時にも感じましたが、結局「国」よりも「都」の方が動きが早いみたいです。いまの都知事さん、やはり動きがよい。カンキョウカンキョウとあまり主張したくないけど、この暑さだけはなんとかしたい。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

愛・地球博:愛知万博

今日は友人のma-tsuboさんと目黒で飲んでいました。

彼はくりーむしちゅーの上田さん並みの薀蓄王なのですが、今日の話題は「愛知万博」でした。
愛知県春日井出身の彼は「オリンピックで使えなかった跡地を今度の万博に」と熱弁を振るっていましたが、関東に住んでいる人にとってみると「何故愛知県がソウルとオリンピックを競ったか、そもそもわからない」という感じがしていたので、いつもの通り議論に。
あ、私は前の会社で名古屋駅前のとある場所で仕事をしていたこともあるので、愛知県を全く知らないわけではないのですよー。でも、うーん、やっぱり「何故愛知で万博?」って感じがしています。(ゴメンナサイ)

ハノーバで万博があったとき、ドイツ語を勉強している友人と一緒に赤坂にあるドイツ文化会館(草月会館の裏ね。ドイツ料理の「クライゼル」は美味いです)でその惨敗具合をドイツ人と一緒に嘆いた経験があります。大丈夫?愛知万博。

いつからやるのか知らなかったので、公式サイトをさがしてみました。
2005年の3月25日から9月25日までやるのですね(笑)

愛・地球博:愛知万博の公式HP

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.07.20

次回の富士賛清掃について

毎朝聞いているTFMのサイトで、コスモ石油と共同で行っている「earth conscious」のサイトで次回の募集を行っています。

次回は8月7日(土)、8日(日)の一泊二日だそうです。

締切は7月25日(日)。応募多数の場合は抽選とのことですが一度参加してみませんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.18

いってきました 富士山清掃

今朝、8時集合の富士山清掃に参加してきました。
この企画は産経新聞社が主催しています。

 行きは3連休の真ん中で天気も良いこともあり、大渋滞でした。西湖の近くにある集合場所に到着するまで5時間もかかりました。。へとへとです。

 おにぎりの弁当が配られ、揃いのウインドブレーカーとバンダナ?をもらいます。その後、野口さんから開会の言葉と今日の回収場所について説明がありました。今日の場所はかなり大変なところですよ~とのこと。。。

 現場に到着。20cmくらいの土盛りがしてあって、これ以上車は中に入れないようにしてあるところに2トン車が停まっています。このトラックに回収したゴミを載せていくそうです。ゴミは「可燃」「不燃(びん)」「不燃(缶)」という区分け。乾電池は別に集めました。

 さて、樹海の中に目を向けると。。。正面30mくらい先に小山があります。明らかに人為的な小山。そう、産廃業者が棄てたとおぼしき一斗缶。中にはコンクリが詰まって赤錆びています。。その産廃ゴミの重いこと。。最初の15分はそのゴミをピストン輸送でトラックまで持っていくことに費やしました。

 その後、森に入って斜面を降りていくと出るわ出るわ。。。空き缶、乾電池、ガラスのビン、トラックの古タイヤ、どんぶりやお猪口などなど、これでもかぁ!という具合で出てきます。今日の回収時間は1時間でした。総勢30人強。回収しきれないゴミがあとからあとから出てくるのですが、きりが無く、「そろそろまとめましょう」の掛け声にあえなく撤収となりました。回収し切れなかったことが悔しくてしょうがない!という心情です。しかし、全身汗まみれで体力も相当消耗していました。新品の軍手は泥と赤錆とガラスのかけらでぼろぼろの状況です。

写真は一度産廃ゴミを回収後、2回目のゴミ積み込みの様子です。
20040718_1.JPG

積み込み後、野口さんや、NPOの富士山クラブの方々から現場で色々なお話をいただきました。
image/20040718_2

 樹海撤収後、富士山クラブの建物で手を洗い、今日回収したゴミの山を皆で見ながら一服しました。
写真の左、赤茶けた一斗缶のゴミは今日回収した産廃ゴミです。右手の家財道具は以前樹海で回収されたゴミだそうです。冷蔵庫など、完全に確信犯的ゴミ投棄です。怒りすら覚えます。
image/20040718_3

 今日回収したゴミの山に昇って「5年で樹海からゴミを無くそう!」と先日記者会見したときのお話をする野口健さん。参加した子供を中心に熱く語ってくれました。
image/20040718_4

 富士山はあいにく山頂付近が雲に隠れてしまっていましたが、天気は上々でした。汗だくの作業のあとの充実感はかなりあります。

 野口さんの本は三冊読みました。今日は「100万回のコンチクショー」を持っていたので、表紙にサインをいただいてきました。その本の中に「ゴミは悪意があって捨てるわけではなく、意識が無くて捨てるのだ」という部分があります。また、彼はその本でも、今日のお話の中でも「街が綺麗な国は山なども綺麗なんだよ」と言っています。本当、今日の樹海清掃で実感しました。 

 わたしは小笠原父島も好きです。人が入ると生態系がどんどん壊れていくのですが、一人一人の行いを少し注意しながら自然と付き合うことができれば、素敵な自然が今後も残ります。

 今日一日、いろいろなことを感じることができました。また参加したいと強く感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.16

ワンダーワールド

 詐欺の被害に遭った翌日は良く晴れた土曜日でした。
生まれて初めて「取調室」という閉鎖空間で長所を、いや、調書をとられて思いっきり沈み込んでいるときに撮影した写真があります。

 これは、猛暑の中、駅から15分くらいかかる警察署まで歩き調書をとられた後に見つけた神社です。面白いと思ったのは鳥居の中にある丸い注連縄。なにか意味があるのでしょうけど、とりあえずお賽銭箱にお賽銭を入れて「一刻も早く犯人がお縄になりますように」とひたすら祈りました。まだ、ご利益はありません。
PICT0003.JPG


 次の写真はその先にあったなぞのガードレール。いや、ガードレールなのか、その意味すらわからないものですが、ドラえもんに昔出てきたアイテム「ガリバートンネル」を思い出してしまいました。
20040703.JPG


 最後のこれは、友人の「ぽーさん」とその彼が、私の落ち込みを見るに見かねて誘ってくださった近所の焼き肉屋さんでのひとこま。このとき食べたカルビの味は忘れません。落ち込んだときは大勢で美味いものを食べるに限りますね。(ぽーさん&彼曰く、まだまだ私の焼き肉道は初級らしいですが、いいんです。これから上を知る楽しみがあるのですよ。)それにしても、ピント甘い。。。
20040703_2.JPG

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.14

今度の日曜日、行ってきます

久しぶりの更新です。

「ネット詐欺」の被害に遭いまして意気消沈しておりました。
こんなこと、ここで書くのもへんな話ですが、嫌なモノですね。
風邪気味だったこともあるのですが、熱まででてしまいました。
こんな嫌な気分になるのは二度とゴメンです。

===

さっき、ネットのニュースを見ていたいら、こんな記事がありました。

青木ケ原樹海の産廃なくせ=野口健さんが清掃活動(時事通信)  登山家の野口健さん(30)が14日、環境省内で記者会見し、静岡県と山梨県にまたがる青木ケ原樹海での産廃不法投棄をなくすため、今後5年間で樹海の清掃活動や不法投棄の実態調査に取り組むことを明らかにした。  野口さんは富士山でも清掃を行ってきたが、登山者が富士山の5合目以上で出すごみよりも、すそ野の樹海での産廃の不法投棄が深刻化しているという。今年はボランティアを動員し、年10回程度実施。専門家による土壌調査も検討している。  [時事通信社:2004年07月14日 17時15分]

実は、ひょんな事から今週末におこなわれる富士山清掃登山に参加することになりました。野口健さん自身をそんなに深くは知らなかったので、彼に関する文庫本を3冊読んでいます。かなり「熱い」人ということがわかりました。

詐欺事件で伏せっていたのですが、他にもっとやらなければならないことが世間には沢山あることを忘れていました。

復活します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »