« ワンダーワールド | トップページ | 次回の富士賛清掃について »

2004.07.18

いってきました 富士山清掃

今朝、8時集合の富士山清掃に参加してきました。
この企画は産経新聞社が主催しています。

 行きは3連休の真ん中で天気も良いこともあり、大渋滞でした。西湖の近くにある集合場所に到着するまで5時間もかかりました。。へとへとです。

 おにぎりの弁当が配られ、揃いのウインドブレーカーとバンダナ?をもらいます。その後、野口さんから開会の言葉と今日の回収場所について説明がありました。今日の場所はかなり大変なところですよ~とのこと。。。

 現場に到着。20cmくらいの土盛りがしてあって、これ以上車は中に入れないようにしてあるところに2トン車が停まっています。このトラックに回収したゴミを載せていくそうです。ゴミは「可燃」「不燃(びん)」「不燃(缶)」という区分け。乾電池は別に集めました。

 さて、樹海の中に目を向けると。。。正面30mくらい先に小山があります。明らかに人為的な小山。そう、産廃業者が棄てたとおぼしき一斗缶。中にはコンクリが詰まって赤錆びています。。その産廃ゴミの重いこと。。最初の15分はそのゴミをピストン輸送でトラックまで持っていくことに費やしました。

 その後、森に入って斜面を降りていくと出るわ出るわ。。。空き缶、乾電池、ガラスのビン、トラックの古タイヤ、どんぶりやお猪口などなど、これでもかぁ!という具合で出てきます。今日の回収時間は1時間でした。総勢30人強。回収しきれないゴミがあとからあとから出てくるのですが、きりが無く、「そろそろまとめましょう」の掛け声にあえなく撤収となりました。回収し切れなかったことが悔しくてしょうがない!という心情です。しかし、全身汗まみれで体力も相当消耗していました。新品の軍手は泥と赤錆とガラスのかけらでぼろぼろの状況です。

写真は一度産廃ゴミを回収後、2回目のゴミ積み込みの様子です。
20040718_1.JPG

積み込み後、野口さんや、NPOの富士山クラブの方々から現場で色々なお話をいただきました。
image/20040718_2

 樹海撤収後、富士山クラブの建物で手を洗い、今日回収したゴミの山を皆で見ながら一服しました。
写真の左、赤茶けた一斗缶のゴミは今日回収した産廃ゴミです。右手の家財道具は以前樹海で回収されたゴミだそうです。冷蔵庫など、完全に確信犯的ゴミ投棄です。怒りすら覚えます。
image/20040718_3

 今日回収したゴミの山に昇って「5年で樹海からゴミを無くそう!」と先日記者会見したときのお話をする野口健さん。参加した子供を中心に熱く語ってくれました。
image/20040718_4

 富士山はあいにく山頂付近が雲に隠れてしまっていましたが、天気は上々でした。汗だくの作業のあとの充実感はかなりあります。

 野口さんの本は三冊読みました。今日は「100万回のコンチクショー」を持っていたので、表紙にサインをいただいてきました。その本の中に「ゴミは悪意があって捨てるわけではなく、意識が無くて捨てるのだ」という部分があります。また、彼はその本でも、今日のお話の中でも「街が綺麗な国は山なども綺麗なんだよ」と言っています。本当、今日の樹海清掃で実感しました。 

 わたしは小笠原父島も好きです。人が入ると生態系がどんどん壊れていくのですが、一人一人の行いを少し注意しながら自然と付き合うことができれば、素敵な自然が今後も残ります。

 今日一日、いろいろなことを感じることができました。また参加したいと強く感じています。

|

« ワンダーワールド | トップページ | 次回の富士賛清掃について »

コメント

お掃除お疲れ様でした!次回のイベント前にはココログで紹介してください。行きたいです。(体力的に真夏は無理かも^^;)

わたしの地元伊豆では、やっぱり水中にいろんなものが捨てられています。理由はずばり!「知識がないから」だと思います。泳ぎに行ったときに、沈んでいる空き缶などは見過ごさず回収したりしますが、キリがありません。。。深いところは届かないし(涙)
教育は、もっと環境のこと、世界のこと、そしてその中の自分を意識することを教えるべきですよね。小さい世界を教えていてはだめだ。

野口さん、素敵でしたか?
会いたいな、ナマ野口さん。ちょと不純だけどこれもいいきっかけ!

投稿: ぽー | 2004.07.19 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/999834

この記事へのトラックバック一覧です: いってきました 富士山清掃:

« ワンダーワールド | トップページ | 次回の富士賛清掃について »