« 雑司が谷 旧宣教師館から鬼子母神へ | トップページ | いよいよ師走 »

2004.11.27

JAZZのCDをまとめ買い

音楽の話

髪を切りに高田馬場へ出かけた帰りに、ひさびさに駅前にあるムトウ楽器店へ行きました。'98年にIMCの勉強をしていた当時、講座が開講されていたのが高田馬場だったのですが、授業が始まる前に良く訪れていました。今、部屋にあるジャズCDの大半はこのお店で購入したものです。

友人のぽーさんが最近よくジャズを聴きに出かけているのに影響されたようです(笑) そういえば、千駄木のJAZZは12月1日ではなく、11月30日だったそうで、行ける可能性が高くなりました。調整します>ぽーさん。

さてさて、久々のお店でしたが配置は全く変わっておらず、エスカレーターを上って自動ドアをくぐると正面にクラシックのコーナー。右手レジの向こうにジャズ・ボサノバのコーナーがあります。
ジャズのコーナーでひときわ目立つ位置にこんな告知がありました。

NICE PRICE 2004 THANK YOU! MUSIC FANS!
プレゼント・キャンペーン from Victor

なんと、CDが一枚1,500円(税込み)だそうです!このお値段でしかも「ちゃんとした正規」の作品。数年ぶりに思い出して出かけてみると良いことがあるものですね。

キャンペーン対象の作品は欲しいものが多く、さんざん悩んで今日は4枚を買いました。

BAGS GROOVE
bags_groove.jpg
マイルス・デイビス(tp)の'54年の作品です。このアルバムにはミルト・ジャクソンやソニー・ロリンズ、セロニアス・モンクなど、ものすごい人たちが参加しています。

COOKIN'
cookin.jpg

こちらもマイスル・デイビスの作品です。'56年の収録。名曲「MY FUNNY VALENTINE」が収録されています。


SOULTRANE
SOULTRANE.jpg

ジョン・コルトレーン(ts)の'58年の作品です。学生時代に少しだけサックスをかじったこともあり(asだったけど)、彼の演奏には憧れがます。アルバム「GIANT STEPS」や「A Love Supreme」は何度聞いたことか。。。名曲「I WANT TO TALE ABOUT YOU」が収録されています。

Know what I mean?
know_what_i_mean.jpg

キャノンボール・アダレイ(as)の'61年の作品。マイルス・デイビスと組んだ「枯葉」が収録されている「SOMETHIN' ELSE」以来2枚目の彼のアルバム購入です。私の大好きなジャズピアニスト、ビル・エバンスと組んだこのアルバムで聴く「デヴィのワルツ」は、ビル・エバンス自身のアルバム収録曲とは違った味付けがあり、とてもうきうきとした気分にさせてくれました。

~~
販促品なのでしょうが、お店でいろんなジャズ・メンのポストカードも何枚かいただきました。モノクロームのとても雰囲気のあるポストカードです。ありがとうございます。

部屋で聴ける素敵な音楽が一気に増えました。明日の鋭気を養うためには素敵な音楽も必要ですよね。

|

« 雑司が谷 旧宣教師館から鬼子母神へ | トップページ | いよいよ師走 »

コメント

あのあと夕日を撮影に行ったのではなく、髪をきって、jazzのCDを買いに行ったのですか(笑)

30日は「くすのきトリオ」です。
若手の集まりですが、彼らしいメニューを披露してくれると思います。9月に彼のトリオを聴いて、すごく楽しくて、夢中になりました。しかも彼には理系特有の共通した何かを感じ、とても近い人に思ってしまいます。^^ 大好きよ、くっきー。

お楽しみに♪
(くっきーが羽目をはずしすぎないことを祈って・・・。昨日の村上さんバンドではぎりぎり危険ラインを触りつつも、すばらしいくっきーワールドを披露してくれました。)

※雰囲気はビル・エバンスとかじゃないですよ。

投稿: ぽー | 2004.11.27 23:14

ぽーさん、コメントありがとうございます。

>あのあと夕日を撮影に行ったのではなく、髪をきって、jazzのCDを買いに行ったのですか(笑)
はい。初めて高田馬場の理髪店に行ってみましたよ。夕日を撮影できる場所、なかなか近所で見つけられないんですよ。駅の反対側にある学校で今度夕日が見えるかどうか試してみます。

>※雰囲気はビル・エバンスとかじゃないですよ。
そうですか。クスノキ氏は打楽器ピアノでしたっけ?あまりイメージできませんが、30日はご一緒できると良いですね。(爆弾持っている社内のある人たちと29日19時から会議やるのです。そこで流れが決まるのかな。。)

もう続けて4時間くらい部屋にJAZZの音色が流れているので何となく幸せな気持ちでいられます。好きな本が読めて、素敵な音楽が聞こえている空間は贅沢ですね。

投稿: tomizo | 2004.11.28 01:36

おはよー。

昨晩からある企画書の構想を考え続けています。
昨晩は3時半まで。そして今日は7時半から開始!の予定(笑)
考えがまとまればととっとできちゃうんですが、それまでがエンジンかかりません。昨晩はお酒飲んでしまったので、ただの夜更かしでした^^;

さて。
ビル・エバンス風。
ピアノソロでも十分聴ける、主旋律とってる風のメロディーがあって、ロマンティックで、1つ1つの音がピンで心に響き、ダイヤモンドダストのようにキラキラと降り注ぐような音。ほかの楽器とも相性ばっちりで違和感のないバランスのよいピアノをお好みってことかしら。

であれば、海野くんがでてるときに行ってみたらどうかしら。ほかの方は知らないけれど、海野くんのピアノはすごく透明でピュアーで素敵です。ビル・エヴァンスを敬愛しているそうです。24歳、若手、心から楽しんでるのが伝わってくるピアノで幸せがあふれます♪

http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/6831/unno.htm

くっきーも「海野くん上手でしょー」っていってた。^^
jazzって詳しくなくても楽しめて素敵な音楽ね!

くっきーは違うジャンルには違いありませんが、うまく表現できません。先日は打楽器だったけどいつもとは限りません。
彼の魅力はドラマティック、猫、ぎりぎり危険ゾーン、不安定&変化&可能性、ですかね。^^
ぎりぎりゾーンを越しちゃった難解で居心地悪い音のときもありますが、そうじゃないときはホントに素敵です。

ベテランdsの村上氏が目をかけているのを知って、私の嗅覚(感覚)は間違いない!とへんに自信を深めています。

投稿: ぽー | 2004.11.28 08:34

ぽーさん、こんにちは。

企画書は完成しましたか?
お貸ししている「GOOD LUCK」のあとがきには「この本を書くのには 八時間しかかからなかった だが、この本を考えるのには 三年の月日がかかった」って書いてあります。形になるまでの考察期間は長いものですよね。

それから、私がビル・エバンスを好きな一番の理由は「ポートレート写真の本人が、子供の頃に亡くなった父にそっくりだから」です。音楽性に関係ない話ですみません。
彼の緻密なピアノのしらべは好きですよ。バランスが良いところも好きです。それはどちらも私には真似が絶対できないところだから。

音楽を演奏するセンスが無い私としては、譜面も無くて演奏ができる人たちみなに才能を感じます。人を幸せな気持ちにしてくれる才能って素晴らしいですよね。


 

投稿: tomizo | 2004.11.28 23:34

マイルスの関連記事をTBさせて頂きました。よろしくお願いします。

投稿: Dr.アート | 2005.11.22 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/2086095

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZのCDをまとめ買い:

» ■真夜中のトランペット:マイルス・デイビス(2005.10.30) [アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―]
アメリカの話題。モダンジャズといえばすぐ名前が思い浮かぶアーティストにマイルス・ [続きを読む]

受信: 2005.11.22 13:18

« 雑司が谷 旧宣教師館から鬼子母神へ | トップページ | いよいよ師走 »