« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.30

DRY Natto

本日、日光へ出かけてきました。
日光山輪王寺から日光東照宮、そして日光二荒山神社まで。東照宮は25年ぶりです。
朝、早速トラブルがありました。いろいろな意味で記憶に残る旅行でした。
何があったか。。。ええ、ビックリすることが。
====
写真がまだ現像できていないので、取り急ぎデジカメで撮影した写真から
衝撃映像をひとつ。

素敵なスナックを発見しました。
東武特急「スペーシア」号車内で購入した「DRY Natto」(!)

050130_003

私は納豆を食べられないので、一緒に旅をしたKTさんぽーさん
(あれ、hidebooさんは??)に食していただいたところ。。。

「(>_<)」

写真の「いりこ入り」は良かったそうですが、その前に食べた「「梅風味」が超絶ものだったそうです。
 ※ちなみにこの商品、コピーが凄いんです。
   「ナットウキナーゼは血栓を解かす作用があります。
    納豆菌は0-157をやっつけます。」

   「やっつけます」って。。。

電車の旅にはいろいろなことがおきます。

続きは写真が現像出来てからということで。
(デジカメは便利だね)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.01.29

身代わりズマロン

先日、中野で購入しました。 Summaron f=3.5cm 1:3.5
通称「メガネ付きズマロンの暗い方」
050129_002

もともと自分のM3用に使えるメガネ付きの35mmを探していましたが、値段が高すぎたり、レンズの状態が悪すぎたりと、なかなか良いモノに出会えませんでした。
そんなある日、中野でこのレンズに出会いました。想像よりもずっと安い値札が付いたこのズマロン、お店の評価では「B」ランクで「クモリあり」との注意書きがありました。一通りレンズのチェックをさせてもらいましたが不満点なし。クモリっていっても「どこが?」というレベル。持参していたライカに装着してもガタつきなし。購入です。 ヘリがかけた代用品のプラスチックレンズキャップが付いていましたが、お店の人が気を利かせてくれてスチールのコピーキャップに替えてくれました(ありがとう!)。試写の結果も全く問題ありませんでした。抜けも良く、発色も自然です。クモリの表示はなんだったんでしょう。。
先週の蓼科での風景撮影でも使ってみました。65センチまで寄れるのでライカ用レンズとしては使い勝手も良いですね。
個人的見解ですがメガネ付きライカ用レンズの中ではこの「ズマロンの暗い方」が一番良いデザインだと思います。描写も満足していますし、良い買い物ができました。

今年最初の壁にはまりかけているなぁ、と自覚していたときにこのズマロンを買いました。不思議なことにそれ以降、もろもろの事が好転してきています。なんででしょうね?今は勝手に「身代わりズマロン」と命名して愛用しています。

明日、日光へ小旅行です。天気が良くないようですが、この「身代わりズマロン」で日光を撮影してみたいと思います。どんな旅行写真となるか楽しみです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.01.25

おまえの写真は真面目すぎる

今日お会いした方から指摘されました。2回目です。

先日撮影した蓼科の風景写真をみていただいたのですが、その時出てきたのがタイトルの言葉。
その方曰く、わたしの写真には性格や人格が色濃くでているそうです。
私の性格・・・自覚している部分は多数あります。

「真面目すぎる」についていろいろ考えてみましたが、好意的に解釈するようにしました(笑)
理由:考えた結果、趣味の写真撮影を止めるって発想は無かったから。

私自身、私の写真には足りない部分が多いと漠然とですが感じています。でもね、おそらく一生この趣味は続けるのだと思っていますから、人生のどこかでその足りない部分がわかればもうけもの、くらいにおおらかに考えてみてます。人生は短いけど、それくらいはおおらかに構えてもいいでしょう?

来週はご近所仲間のぽーさんKTさんhidebooさんと日光東照宮に行きます。旧正月の時期です。どんな写真が撮れるでしょう。また「真面目すぎる」写真を量産するのかな??

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.23

蓼科に行ってきました

会社の同僚の西湘ぐらしさんに誘われ、蓼科に行ってきました。オトコ4人旅です。
新宿駅朝10時発のあずさ号に乗って長野へ。茅野駅で下車します。2名が乗馬を希望していたので、宿に行く前に白樺個・車山方面に立ち寄ることにしました。茅野駅にはお昼過ぎに着いたので、とりあえず駅前のそば屋さんで昼食を取りました。
4人とも鴨なんばんを注文しました。この鴨なんばん、手打ち蕎麦の風味と歯ごたえ、そして濃いめのそばつゆと鴨肉から出た油との旨味が食欲をそそり、大満足のお昼ご飯となりました。
kamonanban

昼食後、白樺湖・車山へ向けてバスに乗ります。駅から約40分。南白樺湖バス停で下車。白樺湖は完全に凍結していました。ここで乗馬組とわかれます。乗馬をやらない私ともう一人の同僚で白樺湖周辺をカメラ片手に散歩していました。とにかく青空が綺麗な日でした。白樺の樹と青空のコントラストもすばらしかったです。
050122_1 050122_36  050122_41

16時頃に4人で合流。宿泊先に向かいます。場所はこちら。とある会員制の施設で、とにかく豪華でした。

エントランスから見た館内ロビーラウンジの風景。
lobby

夜は豪華に和食を、となり、館内のレストランで「信州牛の石焼」と天麩羅盛り合わせを注文しました。信州牛のお料理は量より質重視です(笑)雰囲気も手伝ってのことでしょう、満足できる食事でしたよ。写真左上にある石で信州牛を焼きます。
ishiyaki_1

天麩羅盛り合わせにはフキノトウが入っていました。苦みが新鮮で、雪深い中での春を感じさせてくれます。そのほかには湯葉で鶏肉を巻いた天麩羅や海老、烏賊、野菜など。4人で食べるにはちょうど良い感じでした。
templa


ここには露天風呂以外にも「露天プール」があります。もちろん温水。夕食前に行ってみたのですが、山やみに沈む夕日が見事な夕焼けを作っている反対の空には既に月が煌々と照っていました。本当に贅沢な時間を満喫できます。(残念ながら、プールや風呂にカメラは御法度のため、写真ありません。。。)

久しぶりの旅行でしたが、日頃のあくせくちまちました世界から開放された一泊旅行で、良い充電が出来ました。雪深い冬の長野県にスキー以外の目的で旅行したのは初めてでしたが、こういった旅も良いものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.01.18

Nikon SPが復刻!

昨日の新聞報道には驚かされました。

伝説のカメラ「ニコンSP」を復刻販売
そうです。世界のニコンと言われる前の社名、日本光学が技術の粋を集めて作り上げた機械式カメラ「Nikon SP」がついに(限定2500台ですが)復活するのです。

こんなカメラ
nikonsp

○驚き:その1
価格:税込72万4500円!
 デジカメで「プロ用」と言われているEOS-1D MARKIIの価格を調べてみたら某淀系で57.5万円(10%ポイント還元)です。まあ、好事家向けといわれても仕方のない金額です。

○驚き:その2
この時代に「復刻」させた、その技術力
NikonSPに注ぎ込まれた技術は機械式の最高峰とも言われているそうです。例えるなら精巧な機械式時計に組み込まれたトゥールビヨン(tourbillon)でしょうか。ギアとスプリングを基本とした機械構成は、今の基盤技術で成り立っているカメラからは加工の難しさ、汎用性のなさなど、プロダクトとしては成立しない技巧、手法だと思います。ニコンは2000年にも「Nikon S3」を記念モデルとして復刻させていますが、その時もOBの力を借りて「技術力の伝承」を達成させた、とインタビュー記事などでニコンの人が話していましたが、その技術力をもっても、SPの復刻には相当大変だったと思います。SPは当時のライカを抜いたカメラ、と言われていたそうですが、時代の流れが一眼レフに全面移行する時期と重なり、2万数千台を作って廃盤となった、悲運のカメラです。特出すべきはその「ファインダー」です。一眼レフと違い、遠くのものをズームアップすることは出来ないのですが、広角から望遠まで一つのファインダーで見ることが出来るこの手のカメラは、後にも先にも存在していません。全国、いや、全世界のカメラマニア(おたくさん)が申し込むのでしょう。ターゲットはおそらく50歳台から60歳台(いわゆる「プラチナ世代」)。お金にも余裕ありますし、当時あこがれのものが新品で購入できる喜びの有る人たちでしょう。

ながながと書いてしまいました。久々の興奮ものです。お金に余裕あれば是非購入したい日本の技術力の結晶みたいなカメラが復活(復刻)したことは嬉しい限りです。
これでどんな写真を撮るかはその人次第。でも、購入された方、頼みますからケースに飾って「傷ひとつ付けない」なんて保管方法は止めてくださいね。カメラは瞬間・空間を切り取る機械ですので、使ってあげて初めて価値があるものだと思います。

このカメラを持って旅をするって、楽しいでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.05

タニタからの提案

tanita

このマークはわたしも使っている体組成計を作っているメーカー、株式会社タニタの創立60周年記念事業で制定された「肥満予防シンボルマーク」だそうです。
日経朝刊にも15段全面広告が掲載されていましたが、タニタによれば「世界の目指すキーワードが20世紀は『禁煙』であり、21世紀は『肥満予防』」「『肥満』は最重要の現代病。『肥満のグローバル化』にブレーキをかける役割の一端をタニタは率先して担おうとしています」ということでした。
「肥満予防」を「禁煙」と同じ世界の共通テーマに、というコピーも真面目です。

年末年始にブラッド・ピット主演の映画「TROY」を観ました。ブラピの年であの筋肉量、感動しました。すごいっす。個人的にはヘクトル役のエリック・バナがイチオシです。彼の筋肉量もまた凄い。あ、俳優さんですから演技はもっと凄いです(笑)
「ロッキー」とかもそうですが、観た後にやたら体を鍛えたくなります。単純で馬鹿な奴だと自覚しています。

とにかく今年も肥満はNG、ということで頑張ります。

※肥満を問題視している人もいれば、やせすぎで悩んでいるプロ選手もいるのです。
「やせすぎ防止ルールで悲喜 スキージャンプ 」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.03

2005年 今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

2005年も正月三日。明日は仕事始め。
あまり長くない正月休みでしたが、それなりにゆっくり休めました。
毎年言ってますが、今年は「激動の一年」になると思っています。頑張れるのか???
うん、頑張っていきましょう。

初詣でおみくじをひいたら「大吉」でした。こいつは春から縁起が良いやぃ。
040101_1

さあ、明日に向けて気持ちを引き締めていきましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »