« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.28

さよなら「さくら」

子供の頃、実家のある長崎県・五島に行くのには、いつも 寝台特急「さくら」号を使っていました。
東京駅から19時間かかって到着する長崎駅。さらに長崎港(大波止)から五島福江までカーフェリーで4時間半。
ほぼ丸一日の旅でした。

今は羽田から福岡経由で福江まで飛行機を使います。乗り換えを含めても5時間あれば福江に到着できます。
隔世の感です。

今日、2005年2月28日で東京-長崎間を走ったブルートレイン「さくら」号が廃止となります。

この列車にはいろいろな想い出があります。

B寝台、しかも一番上の席(ベット)しか利用した経験が無く、「いつかはA寝台に乗車してやる!」と思っていた頃が懐かしいです。折りたたみ式のハシゴや起床時に流れるオルゴール調の音楽、とっくに廃止となっている食堂車など、思い返してみるといろいろな記憶があります。

もう福江に「さくら」で行くことは出来ません。ノスタルジーだとわかっています。でもね、人は合理的ってだけでは生きられない存在なんじゃないかなぁ。

「さくら」。おつかれさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル、デザインを替えました

ココログのタイトルとデザインを変更しました。。
いろいろとご意見をいただいた方々、ありがとうござましたm(__)m

先日訪ねた病院でいただいた薬袋の名前部分に○×タロン様
書かれていたのが変更の直接のきっかけ。

私の好きな名機「Taron35」の描写にあやかり、抜けの良いエントリーをこれからも
続けたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.27

スノーシューを初体験

「スノーシュー」を体験してきました。
雪の上を歩く「かんじき」ってありますよね?西洋版のかんじきを履いて雪原をトレッキングするスポーツが「スノーシュー」です。
詳しくはこちら

那須塩原に行ったときに、皆はスノーボードを選択。スキーの経験しか無い私は結構悩んでいたところ、「こんなツアーあるみたいだよ」とすすめられたのがこのスノーシュー。

こんなグッズを使います。
snowshoe


「写真を撮りたいなぁ」と思っていた私にはうってつけのツアーでした。

ツアーには山岳ガイドの人が付いてくれて、樹や動物の足跡の説明をしてくれます。
今回のツアーには私を含めて5名の参加がありました。結構高年齢です(笑)

一般のボーダーやスキーヤーと一緒のリフトに乗ります。
板を履いてない状況でリフトに乗るのは初めてで、結構とまどいます。

リフト終点に到着。まわりはこんな風景です。(ものすごい青かぶりの画像。。。)
s-050220_1 s-050220_3

スノーシューを履いて山の中に踏み込みます。ゲレンデのボーダーにかなり驚かれます。そりゃそうでしょう。山の中に入っていくスノーシューは全く別の楽しみです。

スノーシュー中の写真がまだできあがっていないので写真が無いので残念ですが、木々の間を走破するスノーシューはものすごく気持ちの良いスポーツです。空気も綺麗だし、誰も踏み入れていない雪山に踏み入れる爽快感は今までに体験したことがありません。
途中、狐や野ウサギの足跡を見つけては小休止。自然との一体感を感じられます。

途中、コーヒー休憩などもあるそうですが、今回は時間が無く体験できませんでした。
いろいろ調べてみるとホットワインや雪の中でのランチなど、いろいろなツアーが有るそうですね。

2時間ほどでスタート地点に戻りました。いやー、楽しい!
はまりました。

今度、磐梯山に行きますが、そこでもスノーシューをやろうと思っています。
今年は雪が例年にくらべて多いシーズンらしいですが、そろろそ終盤戦の時期です。
今度は装備もしっかり揃えて参加します。

雪山はこのところすっかりご無沙汰していましたが、また新しい楽しみを見つける
ことができて嬉しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.26

那須サファリパーク

※途中、写真が思いっきり青いです。
  レンズとフィルムの相性なのでご容赦ください。
  水中写真ではありませんm(__)m
  あなたのモニターは正常ですm(__)m

サファリパークって行ったこと有りますか?

小学校の時に行って以来、25年ぶりくらいに行ってきました。
場所は那須サファリパークです。

ゲート付近。ライオンバスの後から突入です。
s050219__018

大人4人で1万2千円くらいかかります(代車、えさ2人前付き)。
結構な金額と思ったのですが、値段以上の楽しさがありました。

当日は雪。熱帯育ちの動物にはちょっと酷な環境に思えます。
まずはレンタカー選び。ナンバープレートが無い車は、何故か全部助手席側のドアミラーがもげて無くなっています。軽くひきます。。。助手席に乗って草食動物用のえさをひざに乗せて出発です。

那須サファリパークは肉食獣と草食獣とエリアが分かれています。
肉食獣エリアはホワイトライオンと白いベンガル虎。両方とも檻の中で寒さに耐えていました。うーむ。ここは通過。

さて、草食獣のエリアです。 

ここから草食獣版のJurassic Park
が展開します!!


最初はアミメキリン2頭とダチョウ1羽。さっそく車に寄ってきます。

キリンの舌触りは紙ヤスリのようで、その長い舌と長い首は遠慮無く助手席側に空けた隙間から無遠慮に伸びて来ます。
ガンガン食べます。
えさは、草を固めたようなものとビスケット。勝手を知らない私たちはどちらもキリンに与えてしまいました。実はビスケットはダチョウ用だったようです。ビスケットが無くなったあとにやってきたダチョウからは怒りからか怒濤のくちばし攻撃を車体や窓ガラスに食らわせます!

あまりの迫力にフレームアウトしたアミメキリン
s-050219_50

えさをもらえず、くちばし攻撃中のダチョウ
s-050219_51

なんとかキリンをダチョウエリアを突破して、いよいよ本格的な草食獣エリアに。
ロバ、鹿、リャマ、シマウマなど、わらわらわらと近寄ってきます。車は完全に取り囲まれました。

いろんな草食獣たち(あおかぶり、ピンぼけご容赦。恐怖感高い状況なのです)
s-050219_55 s-050219_54 s-050219_53 s-050219_52

草食獣たちは他にも特徴的な動きをします。

○通せんぼ
 このリャマは、顔をあちらに向けて車の前に悠然と立ち止まります。よけられないなぁ、と考えている間に仲間の草食獣たちが取り囲みます。。。
s-050219_56

○くれくれもーど
 ライオンバスは適時止まります。
 当然停車したバスの付近には草食獣たちたちがわらわらわらと。。。
s-050219_57

 こんな感じで車は進みます。入り口で「自分の車で動きますか?故障や傷は補償されませんので」と行っていた係の人のセリフの意味がわかります。車には動物たちのアタックやくちばし、舌などの攻撃が容赦なく浴びせられます。車の助手席側ミラーがもげている理由がわかります。

 途中のゲートには、えさを使い果たした観光客用に、えさが補給できるエリアがあります。なんと値段が書いてありません(笑)さすがです。 そして出口左にはコイン洗車場。さすがの装備です。

 出口を通過して、4人とも笑い転げていました。いやー、楽しい!こんなに笑ったのは本当いつぶりだったかなぁ、というくらいです。サファリパーク、おすすめです!

 行く前は「ふーん」ってな感じでとらえていたサファリパークですが、また是非行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

寝込む・煮込む

しばらく寝込んでいました。

牛丼食べて元気づけしたのですが、夜から悪寒が走り、ついに引っ越し以来初めて地元の病院に行ってきました。
いつも思うのですが病院って大繁盛していますよね。

体温は平熱プラス2度。気管支炎とのことで抗生剤や解熱剤、うがい薬などを頂いてきました。
薬を飲むために消化の良いおかゆさんを食べ、睡眠をひたすら取り、ようやく先ほどのどの痛みが引いてきました。まだ咳や鼻水などは改善されていませんが、もう少しでしょう。

おかゆは連続して食べるとさすがに飽きが来ます。今日は野菜も食べたかったのでこんなものを選択してみました。
nikomi_ramen
結構しっかりとした味付けです。ずーんときます。久しぶりにパンチの効いた食べ物ですので薬の効きも良くなりそうです。さっさと寝て明日に備えます。

みなさんも風邪には十分お気をつけください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.11

牛丼への愛を、ありがとう。

2005年2月11日
今日はこのテーマでどのくらいのブログが書かれているのでしょうね。

休日出勤の帰り、風邪気味を押して有楽町へ用事をすませ、その足で午前のテレビニュースで報道されていた吉野屋有楽町店に向かいました。並んでます。

報道の人も来ています。
050209_001_006


店頭の立て看板。
050209_001_003

午前中ほどでは無かったそうですが、店内は満席。
まるで戦場のような活況を呈しています。
みな、吉野屋の牛丼を待っていたのね。

普段は並盛りなのですが、今日だけは大盛りを注文しました。(クリックで拡大)
050209_001_005

食べ終わって会計を済ませると、タイトルのコピーが書いてあるオレンジのカードをくれました。
それは認定証だったんですねー。
吉野屋さんと牛丼好きの人たちの熱い思いにふれた感じです。(クリックで拡大)
050211_1 050211_2

050211_3 050211_4

牛丼、もはや国民食ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.10

パブリックビューイング

050209_1

会社の近くで9日(木)に行われた日本vs北朝鮮のサッカーの試合を観ました。
観客は100%男子。スーツ率80%超。平均年齢50歳くらい(?)。
試合後の十割そばが美味しかったです。
勝ててよかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

わが街の大事件


目白ゴミ雪崩事件

日曜日に発生した事件(事故?)みたいです。住所をみれば本当にご近所。
被害者の方の憤慨コメント
「バカもいろいろいるが、こんなバカは聞いたことがない。家にいたら巻き添えで絶対に死んでいたところだった」

結婚を契機に4カ月前に引っ越した私の知り合いは、彼女用の部屋を埋め尽くす自分の荷物の整理が出来ず、廃棄業者を呼んだそうです。4カ月前に同じ業者に頼んだ時はトラック2台分くらいの「荷物」が処分されたそうですが、たった4カ月で繰り返す同じシーン。。世の中いろいろな人が居るんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.07

YAMAHA EZ-TP購入


※お詫び
「日光に行きました」のところでフランス懐石料理を食べたお店の名前を「ふじわら」と書きましたが「ふじもと」の間違いでした。>ぽーさん、ご指摘感謝。
「ふじわら」ではまるでお笑い芸人ですよね。お店にも失礼しました。


ネットショップで購入した「EZ-TP」が届きました。

到着した「EZ-TP」
050130_2__027


ヤマハが昨年11月にリリースした「歌うトランペット」です。(プレスリリース)マウスピースの特別な練習をしなくても、「歌う」だけでトランペット演奏ができる優れものです。マイクに向かって「歌う」感覚はカラオケと一緒。凄い機械です。(楽器というより機械ですね)

早速「EZ-TP」に登録されている曲から1曲目、ラジオ「オールナイトニッポン」のオープニングテーマ「ビタースウィート・サンバ」を演奏してみました。近所迷惑になるのでヘッドフォンをつけてます(笑)
いやー、音痴もそのまま反映される「EZ-TP」のマイクは、見事にビタースゥイート・サンバを俺流に変換してくれました。・・・ちゃんと練習しないとね。
歌うモード以外にも、3つのバルブを使った普通のトランペット操作での演奏もできるので練習してみようかなぁと思います。

カタログから
EZ-TP_2


この「EZ-TP」は発売早々品切れとなったまぼろしの商品でした(お詫びリリース)。2月になってようやくネットショップに出始めたのをみつけて(有名楽器店に電話すると「入荷は5月になります」って言われました)即購入。昨日購入した「EZ-TP」は「2月6日必着」の宅配便で到着しました。ネットショップならではの細やかで迅速な対応に感謝です。

結構楽しいです。「EZ-TP」。
所詮おもちゃじゃないの?と言う人も多いと思いますが私は満足です(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.02.06

川越の街並みとチャーシュー麺

新しいカメラやレンズを買うとほぼ毎回決まって行高校時代を過ごした埼玉・川越に試し撮りに出かけます。。今は「小江戸」と呼ばれ蔵造りの建物や明治期のレンガ建ての建物が街並みを作っていて、ちょっとした観光名所となっています。

こんな建物がいっぱい

050205_4 050205_6 050205_7 050205_13 050205_25 050205_29

===
 川越から帰る途中、狭山にあるラーメン屋「チャーシュー力」Z店に立ち寄りました。久々です。今日食べたのは「さそり固めラーメン(840円)」 インパクトの強いラーメンです。

メニューより抜粋
050130_2__006

実際の「さそり固めラーメン」
050130_2__009


==
 帰り道は夕焼けが綺麗でした。夕焼け富士も久しぶり。空気がピーンとしていて清涼感と広がりを感じる撮影小旅行でした。

セラのガルウイング越しに
050130_2__018

夕焼け富士 ちょっとピンぼけ
050130_2__020


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.05

日光に行きました

1月最終週に日光へ行きました。
日光山輪王寺から東照宮、二荒山神社と参詣フルコース。
050130_004

輪王寺
050130_005
「鬼門よけ」が主な目的でしたので輪王寺で私も鬼門よけを購入。
旧暦の正月が始まる前に購入するのがポイントとのことです。部屋に戻って鬼門の方角に飾ります。

参道を渡って東照宮へ向かいます。

東照宮陽明門
050130_31

「みざるいわざるきかざる」で有名な三猿
050130_23

境内では鳴き龍も体験してきました。
途中、撮影禁止ポイントで宮司さんに怒られてしまった。ごめんなさい。

東照宮を出て二荒山神社へ向かいます。
050130_58
この路はとても気持ちの良い場所でした。

二荒山神社正門
050130_68

ここに来ると一気に派手さがなくなります。雲斗のつくりなどもおおらかになってます。
のんびり出来る空間でした。

昼食を「ふじわら」というお店のフランス懐石でいただき(詳細はこちらを>thanks ぽーさん)、駅に向かいます。

朝はバタバタで気が付かなかったのですが、東武日光駅から観る山並みは壮観でした。
050130_029

電車待ちの間、地元で有名な金谷ホテルのパンが買えるというお店でお土産を買って帰りました。

こちらのお店
050130_027

買ったパンはこれ
050130_026

部屋に帰って切ってみました。このパンのうたい文句は「ダイヤ状にカットしたプロセスチーズを使用し、棒状に焼き上げました」ってなっていましたので、早速切ってみました。
断面図
050130_037
そのままでも十分美味しいのですが、トーストにするとチーズの風味が上がり、とても美味しいお土産でした。

煩悩だらけの私ですが、今回の日光行きで清められて帰ってきたと思っています。
鬼門よけって全国的に見ても聞いたことありませんでしたが、江戸城を300年以上守ったその御利益に少しでもあやかれればと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.04

恵方巻き

2月3日は節分です。いつも行っている居酒屋さんの入り口床面に
こんなものが。。

050203_1

関西地区の風習と云われていた「恵方巻き」
仕掛けたのはやはりこの業界だったみたいですね。
学生時代は京都に4年間居たという同僚に聞くと
「そんな風習知らないですよー」とのこと。

ブームというものは人の手によって作られるモノなんですね。
(結局昨日は太巻きを食べませんでした。たくさん飲んじゃったので。)

※今朝の日経「春秋」でも、同じような内容のお話がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.02

胃カメラ飲みました

先週木曜日くらいから胃の調子が悪く、「黒酢なんて効かないじゃん」とか、「毎日飲んだくれているからだ」とか、皆様から暖かいお言葉をいただいておりました。昨日はセーターを着ていた私の腹を正拳付きしてきた友人もいました。胃の激痛に耐え、断酒して空腹にして、今日会社の近所にある大学の医学部付属病院で上部内視鏡検診、いわゆる「胃カメラ」の検診をやってきました。カメラは基本的に大好きですが、胃カメラの趣味はありません。

胃カメラって飲んだことありますか?私は10年以上前に十二指腸潰瘍を患った時以来の胃カメラです。待合室でドキドキの様子で待っていると、隣の患者さんから「君も胃カメラ飲むの?大丈夫、びびらなくても。昔よりだいぶ飲みやすくなっているからねー」と笑顔で励まされました。こんな所に小さなコミュニティが。。

待合室では下準備をされます。まず胃の中を消毒する薬(液体)を一気飲み。続いて水飴状の麻酔薬を「のどの奥で転がして」との看護婦さんの指示により3分間口に含み、3分を告げるタイマーの音とともに「はい!一気に飲み込んで!」となります。先ほどのおじさまの患者さんは一番手です。私は三番手。この口が麻痺したままぼーっと待っている時間がたまらなくイヤですね。

診察室に呼ばれると今度は左腕上腕に注射を打たれます。これがとてつもなく痛い。この注射担当の看護婦さんはベテランの風格が有る方で、「あら、痛い?痛いのは私の腕のせいではなくって、この薬のせいなのよぉー」と平気の平左。この注射で一気に朦朧となります。
あとは横に寝てシーツによだれ対策の紙ナプキン、口にマウスピースという形で待機。

さあ、いよいよ胃カメラの挿入です。


「!」


ぽーさんの「まるでウミガメの産卵だよね」という言葉があたまをグルグル回ります。
麻酔とか注射とか、やっぱり最初の段階では全然効果無いんですよねー。
嘔吐感とせつなさとがないまぜになる気持ち。
気の遠くなるような長い5分間でした。
涙とよだれとのワンダーワールドです。

診察の結果は、昔の潰瘍後はあるけど、新しいのはないね。というもの。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍ではありません、との結論でした。
(では、あの猛烈に胃が痛かった先週末はなんだったのだ?)

会計をすませ、這々の体で帰社して普段通りの仕事に戻りましたが、
まだ何となく麻酔が効いている状況です。全体がグラグラしている。
肩の力が抜けて丁度良いってことでしょうかね。

帰り道の電車待ちで、ホームからはこんな抜けるような青空が見えました。
結構すがすがしい空です。
050202_1

根本原因が不明ですが、最悪の事態は回避されたようですので
今日からまた頑張って行きます。


| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »