« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

ねこも観戦 W杯予選

tv_cat_1

彼(彼女?)は昨日埼玉で行われた ワールドカップ予選 日本対バーレーン戦を観ています。
高視聴率に貢献中。


tv_cat_2

またもや「ちょっとピンぼけ。」 

このコ、いぬ好きの私も納得の可愛さ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.21

続:銅製の玉子焼き器part2

銅製の玉子焼き器でつくる玉子焼き。シリーズ化の気配が出てきました。(この数日で玉子を過食気味なので、今日で一段落の予定)

今日の出来映え

s-050321tamago

・・・昨日ぽーさんやhidebooさんに「白身が残っているのは駄目だ」とご指摘いただきやってみたんですけどね~。表面に亀裂もあるし。
まあ、地道にやってみます。
平日はほとんど部屋で調理をしないので、次に作れるのは来週か、再来週か。。。上手くできたらアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.20

今日の美味しい食べ物たち

買い物に出た新宿で、久しぶりにカレーの「ボンベイ」でランチを食べてきました。

お店の看板                辛くスパイシーなチキンカリー「ガラム・チキン」
bombay_top  chicken_curry


買い物中は気が付かなかったけど、携帯の留守電にhidebooさんから食事のお誘い電話が。ぽーさんと他に会社の派遣さんがご一緒らしい。部屋に戻って買い物を置き、自転車で向かいます。ご近所さんならでは。

お食事は終わったそうで、デザートのアップルパイを作っていらっしゃいました。お相伴にあずかります(^^)

apple_pie

このところバタバタと忙しく、あまり美味しい食事をゆっくり食べて無かったので今日は満足の一日でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーシュー 記念写真

先日体験した裏磐梯グランデコでのスノーシューの様子をようやくデジタルにすることができました。以前のエントリーでも書いたとおり、この日のコースはゴンドラ山頂駅からデコ平湿原までの往復コース。吹雪模様の天候は戻りの時にようやく晴れ間が見える状況でした。

ブナ林を抜けてデコ平湿原に入る位置にある目印の小川。橋も雪で完全に埋まっています。(空洞部分が橋と川の境目付近)
schnee_schuh_1

デコ平湿原到着。足下に湿原があります。右手には裏磐梯。この付近の積雪はなんと4メートル。足下を掘るとに「デコ平湿原」を示す案内板が埋まってました。
schnee_schuh_2

湿原で雪解けをしている場所がありました。中をのぞき込むと水芭蕉の芽がちらほら見えます。こんなに雪が積もっていますが、春は少しずつ近づいてきています。
schnee_schuh_3

ブナ林の中を全力で走行中(笑) 実はもう体力がほとんど残っていなくて、この後の登りで大変な目に遭いました。。。
schnee_schuh_4

東京はかなり暖かくなってきてますが、今シーズンもう一回くらいスノーシューに行きたいなぁ、と思ってます。サイトでは4月半ば頃まで楽しめるとの情報が。スケジュールを確認していざ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続:銅製の玉子焼き器

昨日の失敗作の反省から火加減、油加減などを気をつけて再度玉子焼きを作ってみました。

050320_1

なんとか「成功」と言える出来映えと自画自賛。味付けはもう少し勉強しないと。やはり玉子焼きは奥深い。銅の調理器具を好んで使う人の気持ちが少し分かった感じがします。

050320_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

銅製の玉子焼き器

s-koubou_aizawa

工房アイザワの銅製玉子焼き器を使って玉子焼きを作ってみました。

s-tamagoyaki
うーん、見た目が悪い。火力が強すぎたか。巻きも甘いぞ。。。 
でもね、中はふんわりとできあがってます。流石銅の玉子焼き器。正方形の焼き器は関東風らしいですよ。
油がなじむまではもう暫くかかるでしょうけど、ゆっくりと使い込んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

GW-5600BJ-1JF [BLACK&SILVER '05]

CLIEの撤退記事が出た日に起動しなくなった「PEG-NX80V」の代わりに、数年ぶりにザウルスをヨドバシドットコムで購入。明日発売。土曜日には届くでしょう、と思ってブラウザを閉じようとしたところ、こんなタイムサービスみたいな案内を見つけてしまいました。

2005年03月17日
・ 人気G-SHOCKが30本限定販売中 ( 21:05 )

>3月12日に発売になったばかりの、カシオのG-SHOCK「GW-5600SJ-8JF」が30本限定販売中です。シルバーメタリック塗装のクールなボディがカッコイイモデルです。これから春に向けてどんどん薄着になります。時計も腕からチラッとのぞく季節になりますので、ちょっと目立つくらいの時計を選ばれても良いのではないでしょうか。見た目はとてもクールで、もちろん電波受信機能搭載。さらに、電池交換不要のタフソーラーも搭載しておりますので、機能面も充実しております。人気のシリーズなのでご検討はお早めに。また、3月下旬までに続々とカシオの新製品ウォッチが発売になりますので、こちらも目が離せません。
>カシオ
>GW-5600SJ-8JF [BLACK&SILVER 05]
>特価:¥13,900 (税込) 30%引 定価:¥19,950  13%還元
>消費税総額表示です

あ、これ、欲しかったGショックの銀のやつだ。
一応クリックしてみる(この時点で既に買う気モードあがっている)。
うーん。。。あんまり購買意欲が上がらないルックスにホッとします。

ところが、

「Gショック」コーナーを見たのが運の尽き。同型で色違い、真っ黒のGが
「限定数10」 で出ているのを見つけてしまいました。
>GW-5600BJは、反転液晶やベゼルのロゴなどにもシルバーを採用。
>G-SHOCKのテーマカラーであるブラックにこだわったデザインとなっています。

・・・かっこいい。Gならではの耐衝撃構造、電波時計機能、ワールドタイマー付き、電池不要のタフソーラー機能搭載、20気圧防水などなど。欲しかった機能がほぼ全て搭載されてます(あとは方位磁石と気圧計くらいかな。バイクでツーリングしていたときに真面目に欲しかった機能だったなぁ)。
オトコのくせに「限定」とかの文言にめっぽう弱い自分の存在に気が付きます。
はい、ご購入。

GW-5600BJ-1JF

数年ぶりのザウルスと、11年ぶりのGショック。
代金のぶんだけ頑張って働いて稼がないと。。。はは。

※23時50分、風呂上がりにサイトを見てみたら「予定数販売終了」だって。
 すごい。ほんの一瞬だけ開いた入り口だったんですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京ドーム 巨人vs阪神(オープン戦)

会社の方からオープン戦のチケットをいただき、東京ドームで巨人阪神戦を観戦してきました。

最初にいた指定席からの目線。ライトスタンド間際です
s-05031601

この日の観戦態度は「ビールを飲みながらゆったりのんびり野球を観よう」でした。

この席はグラウンドまで結構フラットな目線になる席でした。ファールボールが飛び込んで来ないかと気になったり、巨人の応援団が結構元気なのでしゃべくりながらビールを飲むこともできません。。。

マウンド方向をみるとこんな感じ
05031602


ビールを1杯飲んで、バックネット裏3階席(自由席)に移動しました。

移動した席からの目線でみると
s-05031608

おおー!すげー!

傾斜角度が厳しかったけど、グラウンド全部が見渡せます!爽快感あります。

写真の向かって左側、サードベースより後方部分に、15日からお目見えした「エキサイトシート」(砂かぶり席)があります。この日は一回もファールボールが飛び込んでませんでしたが、一度あそこで観てみたいなぁ、と思わせるものがあります。野球も頑張ってますね。

オープン戦だけに、両軍とも代打や代走、リリーフに一線級を惜しげもなく投入してきます。観ていて楽しかったです!特に注目の選手は「清原!」 阪神と赤星選手や仁志選手などと並ぶと、その大きさがひときわ目立ちます(笑) 華のある選手は観ていて気持ちよいものですね。よ!千両役者!

"番長"清原選手の打席 大ファール。( ピンぼけだねー。)
s-05031615

なお、試合の様子はこちらで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

DiMAGE Scan Elite 5400II

フィルムスキャナーを買いました。

コニカミノルタDiMAGE Scan Elite 5400II
dimage_scan_elite_5400ii

それまで使っていたフラットヘッドスキャナーには2つの不満点がありました。

・ゴミやホコリがどうしても取り除けない
デジタルでゴミやホコリを取り除く事ができるソフトが搭載されているはずなんですが、傍目で観てもゴミやホコリが取り込んだ画像に残っていました。取り込み画像データが大きければそれだけ目立ちます。だんだん取り込むのがおっくうになってしまってました。

・ピントが甘い(感じがする)
ピントの面の甘さについては写真自体が「ピンぼけ」の場合もあるので、一概にフラットヘッドスキャナーのせいばかりでは無いかもしれませんが、なんとなくネムイ画像になりがちでした。

そして日曜日、ついに読み込みソフトがバグをおこしました。スキャナーで「ポジ」「ネガ」を認識しません。通常はソフトの再インストールですが、もういいや、買ってしまえ!となってしまい、新宿の量販店で買いました。

使ってみて感動モノでした。取り込みはとてつもなく早いです。便利なオートモードがあるし、ゴミもホコリもばっちり取ってくれるし、取り込んだ写真のピントもばっちり。こんなに気持ちいいならなんでもっと早く導入しなかったか、と思うほど。
昨日からせっせと取り込みをやってます。ゲンキンなものです。

ご参考に先日行った裏磐梯・グランデコのゲレンデ風景写真を。抜けの良い青空とシュプール跡の残る山肌の感じを綺麗に取り込めました。

gran_deco

CONTAX G2(Biogon 28mm)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.13

ローレライ到着

s-KICX0014初めて箱買いしてしまった「ローレライ」の浴玩が宅配便で届いた。コンビニで売っていたものをたまたま買ってしまったのが運の尽き。丁度小説「終戦のローレライ」を映画封切り前に読み始めたところだったため、はまってしまった。最初に買ったものの精巧な作りをみて、もう一つ買ってみたいなぁと思ったときには既にコンビニの棚から無くなってます。なのでネットショップで購入。。。


流石に箱で買うと、ほとんどの種類を入手することができます。

s-KICX0025
特殊潜航艇「海龍」。Tvsのマクロモードはかなり被写界深度が浅いなぁ。別の意味で関心(笑)

s-KICX0030
主役の「伊507」、シークレットアイテムの「シュルクーフ」、B29「ドッグ・スレー」
シュルクーフの精巧な作りを見て、皆が食玩のシークレットアイテム獲得に血道を上げる理由が分かった気がします。

玄関の下駄箱上に飾っておきます。引っ越しから1年。だんだん細かいモノが増えてくる(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

CONTAX Tvs DIGITAL デビュー

同僚の誕生日会が開催された居酒屋で、苺のカクテルをパチリ。

050319

苺の赤、ミントのグリーンの発色、シェイクされたアイス部分の空気感、背景のぼけ具合など、結構気に入りました。
Tvs、もう暫く使いこんでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

さよなら「CONTAX」

今朝の日経一面「春秋」の近くにこんなタイトルの記事がありました。

京セラ、デジタルカメラ事業から完全撤退・国内初

ふーん、そうかぁ。まぁ京セラは「CONTAX」ブランドに集中するって書いてあったからなぁ。。。
と、そんなのんびりした感じで記事を読んでいました。

で、午後、Sankei Webにも記事があがりました。同じ内容だろうと思いその記事を読んでいると。。。。

「・・・終了する方針を明らかにした。フィルム用カメラについても、国内での生産、販売は中止し、海外での事業も大幅に縮小する。」

ん??

「フィルム用カメラについても国内での生産、販売は中止し、」


げ!!


なんと、フィルムカメラからも完全撤退を発表しています。確かに先日、最高機種RTSIIIやAriaの生産終了をアナウンスしていましたが、Gシリーズ(G2)やNシリーズなどの新基軸を打ち出したCONTAXが完全に消滅する報道でした。。。

うちにあるCONTAXはAXと159MM、G2にT3です。
結構なラインナップ。
赤や青の発色は他社ブランドの追随をゆるさず、モノクロでもコダクロームでも旅の雰囲気を再現してくれるCONTAX。国産ブランドの勇です。SLR用のPlanar85mmで撮影したポートレートは女性の肌を魔法のように綺麗に写してくれます。先日のグランデコでも日没、日の出での風景撮影にG2が威力を発揮してくれました。

時代の流れなんでしょうね。売れない部門を閉鎖して売れるところに集中する。過日のリコーやオリンパスの銀塩カメラ撤退という事実もありますし。。。

というわけで、会社での仕事を早めに切り上げ、中野で購入してきたものは、

CONTAX Tvs DIGITAL TITANIUM BLACK

contax_tvs_digitalb

定価¥149,900-。500万画素。35mmフィルム換算で35mm-135mmの光学3倍ズームVario-Sonnar T*付き。チタンボディ。シャッターボタンはサファイア。チタンブラックは2003年4月発売されています。いまや800万画素が普通のデジカメ市場では普通のスペックのデジカメ。。。

CONTAX初のデジカメを、CONTAX撤退の日に買うのも何かの因果。コニカミノルタのコンパクトデジカメがあるのに何故???・・・だって、もう買ってしまいました(笑)

私が買う最後のCONTAXになるかもしれません。大切に使いたい機種です。

週末、これもチタンブラックのCONTAX T3と一緒に持って出掛けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.03.06

スノーシューふたたび

3月最初の土日を使って裏磐梯グランデコに行ってきました。2回目のスノーシュー体験です。

あざやかな色の電車で到着。
s050305__016

最寄り駅、JR猪苗代駅の積雪具合。
s050305__017

さて、送迎バスでグランデコに到着。予約してあったスノーシューの登録に行きます。
(コースはこちら
この日は曇天で風も吹いており、スノーシュー参加は「わたしのみ」でした。
スノーシューのインストラクターは、グランデコのスキー教室校長の方。1対1の貴重なスノーシュー体験となりました。コースの説明を受け出発です。

今日はゴンドラ駅から「デコ平湿原」を目指すコースとなりました。金曜日にかなり積雪があったそうで、圧雪していない部分の積雪は4メートル近く。ゴンドラ駅の気温はマイナス8度。 2回目のスノーシューとしてはかなり過酷な条件でした。

ゲレンデを2カ所横切ってデコ平湿原に向かいます。ぶな林をスノーシューで抜けると小川にかかる橋に到着。積雪で橋や小川も完全に埋まっています。川の上をスノーシューで横断します。
新雪でのスノーシューはインストラクターの後を歩いていてもかなり過酷です。いや、雪が深い。今年は裏磐梯でも年明けから一気に積雪量が増えたそうで、3月にしては珍しいくらい積もっているそうです。この日は動物の足跡すら全く有りません。

川から20分くらいかけて、ついにデコ平湿原内部に到着しました!この頃には天候が回復してきました。湿原から裏磐梯が正面に見えます。へとへとで汗でぐちゃぐちゃでしたが、

いや~、きもちいい!!

苦労して苦労を重ねてようやく出会えた景色に感無量となります。

湿原ではところどころ雪解けが始まっていて、水芭蕉の芽も見つけることができました。こんな深い雪の中でも植物は春に向かっているんですね。

天気が良くて体力があれば、そこ先の「百貫清水」と呼ばれる場所までスノーシューで行くこともできるそうですが、この日の積雪具合と私の消耗具合から、ここで引き返すことになりました。残念に思いましたが初心者の私はこの時実際に肩で息をするくらい消耗していました。

この選択は正解でした。
帰り路、川を越えてゴンドラ駅に向かう時に10メートルくらいの上り坂で足をとられてしまい、全く上ることが出来なくなりました。「新雪で沈むことを考慮しながらつま先に体重をかけて踏ん張り、前傾姿勢で登る」 頭では分かっているのですが、身体が限界に来ていました。遭難とか、本気で考えてしまいました。
途中までなんとか登り切ったところでインストラクターの方がストックを差し出してくれて、あとはそれにすがるように上へ。這々の体で登り切ることができました。インストラクターの方からは、

生還しましたね(笑)

と言われる始末。いや、でもホント「生還」という言葉が当てはまるような状況でした。

生還した道のり
s050305__044

圧雪したゲレンデに戻ってきたときには新雪の上に仰向けで倒れ込んでしまいました。雪の冷たさが汗だくの身体に気持ちよい感触です。「ビールでも飲みたい気分ですね」とインストラクターの方が声をかけてくれました。達成感と気持ちよさから心底同感しました。

あとはゲレンデを歩いてゴンドラで戻ります。下りのゴンドラからは右手に裏磐梯山が、正面には猪苗代湖が見える絶景が広がります。足はガタガタでぼろぼろの状況でしたが、誰も踏み込んでないデコ平湿原に入ることができ、気分爽快で下山することができました。

経験不足や体力のなさなど、クリアしなければならない課題が沢山ありますが、スノーシューにまた挑戦したいと思っています。

今日の友人。ストックとスノーシュー。
s050305__046

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.04

雪の朝

東京は今朝、今シーズン何回目かの雪景色の朝を迎えました。
交通機関が麻痺する前に自宅を出てみましたが、結構積もるかもしれないですね。

乗換駅付近の様子 この時間ではまだまだ本降りではありません。
s-050304_1  

会社のあるビル付近の様子 舗道の雪化粧はうっすらと。
s-050304_2

明日から一泊の予定で磐梯山付近に行きます。
スノーシューを予約していますが天候はどうなのか?微妙です。

カメラなに持っていこうかな。
旅に出るときはいつもこの調子で悩んでます(笑)
カメラに悩むところから旅は既に始まっているんですよね。
たのしみたのしみ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.01

第77回アカデミー賞

昨日発表された第77回アカデミー賞。

友人と「主演男優賞は誰に?」という話題で盛り上がっていました。
レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップ、クリント・イーストウッドの名前があがります。
みんな何回もノミネートされて受賞できていないお歴々。

「あれ?Rayの人はどう?」

初のノミネートで取れるほどアカデミー賞は甘くないのでは?という有名評論家筋の下馬評もありましたが、見事彼、ジェイミー・フォックスがオスカーを受賞。アカデミー賞っていろいろあるんですね。

彼をレイ・チャールズ役に指名したのは生前のレイ自身だったそうですね。
ほんとにそっくりな演技とピアノプレイと聞いています。これからアカデミー受賞で混雑するでしょうけど、出来ることなら映画館で観ておきたいなぁ。と、ミーハーな心がでてきます(笑)

旅ネタ食事ネタではありませんが、ちょっと気になる内容だったので。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »