« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.30

隅田川花火大会

はじめて行ってきました。噂通り凄い人混みでした。
午後3時に浅草駅近くの交番前に集合。「三脚もってこいよ」と言われていたのですが、久しぶりに三脚ケースから出してみたら雲台付近の金具が割れていて使えない。。。コンパクトカメラ用三脚を急遽取り出し、OM-4Tiと90mmF2 ZUIKO_MACROをセットします。

第一会場付近の川沿いは既に場所取りのブルーシートで歩くことができず、高速の下に座り込み開始を待ちます。

午後7時10分開始。久しぶりのOM-4は微妙な操作を間違い、フィルムを何枚か無駄に。さらに、桜の樹の枝がかぶってしまいます。。。3本撮って悩み、「台船で花火を打ち上げるところを写そう」と場所移動。この時点で大混雑一方通行のため、大回りして台船付近の土手に。手持ちで1本撮影。「だめだね。。」と退却。本当に凄い混雑です。

早めに電車に乗った方がよい、と言われ、業平橋駅に向かいます。

途中、封鎖されている国道6号線に出ました。なんとここからならビルや電線が多少邪魔ですが、土手付近よりも遙かによく見えます。左90度にはビル越しに第二会場の花火が見えます。

なんだ、最初からここで観ていれば。。。(>_<)

ここでもう1本撮り、8時半近く、五月雨式に発射された花火を観て撤収。デジタルは数枚で手もちのため手ぶれが凄いですが、こんな感じでした。

050730_1

業平橋駅前でステーキを食べて満腹になり帰宅。フィルムはどんな写真が撮れたでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.28

ディスカバリー その2

帰宅したら、こんなニュースをやってました。

次期シャトルの打ち上げ見合わせ 断熱材落下でNASA

外部燃料タンクの断熱材が落下することとシャトル打ち上げ見合わせがどう関係するのか分からなかったのですが、

外部燃料タンクの残熱材が落下する→シャトル下面の耐熱タイルに当たってタイルを破壊→大気圏対突入時に破損箇所から摩擦熱で高温のガスがシャトル内に→シャトル破壊・空中分解 というのがコロンビア号墜落の原因だったそうです。

野口さんは耐熱タイルの修理ミッションを経験しているそうですが、果たして彼が修理をするのか。。今後のニュースに注目しています。

====

もう一つディスカバリーに関するニュース。

宇宙食ラーメン「スペースラム」、日清食品が公開

これ、昨年末にとある宇宙イベントで日清食品の役員さんがプレゼンしているのを見ました。野口さんは開発にかなりの協力をしたそうで、畳に寝そべって口だけで食べる「疑似無重力風」の食事実験などをやっていたそうです。
市販化の予定はないと報道されてますね。是非電通の高松さんに宇宙でCM作ってもらいたいものです。あ、「hungry?」は東北新社でしたっけ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

ディスカバリー

野口聡一さんが搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」号が無事、打ち上げ成功したようです。日本時間7月26日午後11時39分。
ゴールデンウィーク時期にNASAで「まもなく打ち上げ」と言っていたスペースシャトルの打ち上げ。コロンビア号の悲劇から約2年半経過しているそうです。

テレビでは外部燃料タンクを切り離す打ち上げ約8分後までは「打ち上げ成功」と言わないそうですが、先ほど燃料タンクを切り離したので「成功!」と認定されたようです。テレビのテロップも「スペースシャトル打ち上げ成功」と出ました。よかったよかった。

先日、JAXAの方から聞いた話ですが、野口さんというアストロノーツはとても聡明で性格の良い人だそうです。彼のミッションの成功と、無事地球への帰還を期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

台風

2005年初の台風が関東地方に上陸しました。この7号台風、アジア名を「BANYAN」と言うそうです。先週は地震、今週は台風。あとは雷おやじでしょうか。。。
去年夏期休暇を取って長崎県五島に帰省したときは、18号台風(SONGDA)の直撃を受け、丸一日動けませんでした。勢力が強いままの台風直撃は、子供の頃以来久しぶりの経験でしたので驚きをもって体験しました。凄かったです。

会社からも「早く帰れよー」とのお達しがあり、とてもとても早い時間に帰宅。
風雨の被害もなく、駅からは傘も不要でした。良かったよかった。

明日は懐かしい仲間で会う日ですが、台風の暑い空気が残っているんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

アメリカンな大リーグ観戦(帰国)

いよいよ旅も終わり。
サンディエゴからサンフランシスコに移動し、成田へ。 サンフランシスコまでは「FIRST」、SFOからNRT区間を「BUSINESS」(!) 凄いことになりました。

majorleague_579

チェックインもお手軽です。

majorleague_572 majorleague_573

サンフランシスコ国際空港に到着。ユナイテッドメンバー用のラウンジは成田と同じようなデザインです。

majorleague_580 majorleague_574

・・・国際線のビジネスクラスは快適そのものでした(笑) 足が届きません。

majorleague_583 majorleague_588

食事も豪華そのものです。日本までの9時間ほどの間にこんなメニューがあります。

united_2

○TO BEGIN
  海老とパルマ産生ハム
  サラダ

○MAIN COURSE
    牛ショートリブの赤ワインデミグラスソース
   セージと玉葱のスタッフィング入りスフレ
   カリフォルニア風炒め物

○DESSERT
     世界のチーズ

○MIDFLIGHT SNACK
     スナックバー

○PRIOR TO ARRIVAL
  バーベキューポーク(ポルトベルマッシュルームにのせたキャベツと玉葱)
  フルーツアペタイザー

ものすごい量があります。特に、着陸30分前から給仕されたバーベキューポークは食べ終わると同時に着陸ベルトサインが点灯。慌ただしさと満腹感で目も回る忙しさでした。

majorleague_596_2 majorleague_597

majorleague_599_2 majorleague_603_2

帰国して30分後には成田エキスプレスに乗れました。東京を越えるとガラガラ。終点の池袋で下車。お疲れ様でした~

majorleague_606 majorleague_608

また行きたい、波瀾万丈の旅でした。
Tiger森さん、いろいろと本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

地震

昼寝をしていました。

ヨーロッパの街を歩いている夢から覚めて、しばらくボーッとしていたら、徐々に横揺れが。。。私の住んでいる街の震度はだったようです。

去年の年末にあった新潟の地震であった縦揺れとは違う揺れでしたけど、地震はやっぱり怖いですね。窓を開けると聞こえる山手線の音もまだ聞こえません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.18

アメリカンな大リーグ観戦 五日目(パドレスVSロッキーズ)

パドレスのホーム「ペトコパーク」は海沿いの新しいスタジアムです。以前はかなり危険な地域だったそうですが、このスタジアムが出来たことでホテル群やコンドミニアムが新設され、どんどん綺麗になってきています。
majorleague_507 majorleague_511 

夕食はまたもやホットドック。ペトコパークのスナックスタンドの人たちの英語はすごく訛りがきつく、ビールとホットドック一つ買うのも大変でした。やっと通じてご購入。
majorleague_525 majorleague_531

ペトコパークの作りは、ストライキ以後建設・改修された15の球場のトレンドを踏襲してあります。レフトスタンド側のWestern Metal Supply Bldg.が個性を引き出してます。正面スタンド外壁の滝といい、クラシックな雰囲気とモダンが良い感じで混じり合っています。
majorleague_526 majorleague_529

今日の席は最後の試合ということもあり、Tiger森さんに気張ってもらいました。ベンチすぐ近く、前から数えて数列です。グラウンドが角度無く(ネットもなく)スッキリ見えます。素晴らしい席です。

本格的なナイターの灯が点ると、雰囲気も変わります。パドレスだけに神父さんも応援しています。
majorleague_533 majorleague_539

この日の試合ではセットアッパーの大塚投手とクローザーのトレヴァー・ホフマン投手が共に登場し、
2対1での勝利でした。大塚は今シーズン初勝利とのことです。(試合の様子はこちら
majorleague_542 majorleague_547 majorleague_555 majorleague_557


ペトコパークからシェラトンまでは徒歩で帰れます。途中の7イレブンで店員とお客が大げんかしていたとばっちりを受け、ビールとか買えませんでした。。。
かわりにこちら。アメリカらしい飲み物と食べ物を。アメリカ最後の夜の食事としては強烈でした。

majorleague_567 majorleague_571


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TC-1 生産終了

スノーシューの時に撮影で使って気に入っていたミノルタ(コニカミノルタ)のTC-1が知らないうちに生産終了となっていました。

TC-1生産終了に関するお知らせ
この度銀塩コンパクトカメラ「TC-1」の生産・販売を終了させていただくこととなりました。1996年2月の発売以来、たくさんのお客様にご愛顧いただき、弊社といたしましてもできる限り生産・販売を継続すべく努力してまいりましたが、専用部品の入手が困難になり、設計上部品の代替も難しいことから、大変残念ではありますが、今回の決定とさせていただいた次第です。
なお、修理サービス等のアフターサービスは従来通りとさせていただきます。
今後ともコニカミノルタ製品に変らぬご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

チタンボディをたった一人の職人さんが一個一個手作りで削りだして作っていた、と聞いたことがあります。
素晴らしい描写のロッコールレンズ搭載コンパクトカメラですので、大切に使っていきたいと思います。

TC-1_1(c)KONIKA MINOLTA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

アメリカンな大リーグ観戦 五日目(サンディエゴ市街、メキシコ・ティファナ)

もう7月だというのに、いまだGWのネタで少々焦り気味。。
==

サンディエゴに到着して昼食をダウンタウンにあるホートンプラザで取りました。
久しぶりにお米が食べたくなり、カレーを選択。スパイシーで美味しかったです。
majorleague_484

ここ、サンディエゴからは路面電車で30分も走るとメキシコとの国境線に出られます。野球はナイトゲームですので、ここでメキシコに行ってみます。
majorleague_479

陸続きの国境越えは生まれて初めてだったので、結構ドキドキものでしたが、アメリカからメキシコに行くのは思ったより簡単です。(反対方向はとても厳しい)ゲートは上野動物園にあるものと同じタイプ。。あっという間にメキシコです。入国審査もありません。
majorleague_489 majorleague_491 majorleague_492 majorleague_493

ティファナの街では他の二人と別行動をしましたが、結局何もしませんでした(笑)
近くにある教会でゆっくりとした時間を過ごしていました。五島に戻って以来、教会はが好きになった私にとっては喧噪を忘れられる別天地でした。
Tijiuana1 Tijiuana2

ティファナの街の風景(かなり治安面に不安があり、GR-1をスナップモードにしての撮影を刊行。斜めですねー)
Tijiuana4 Tijiuana5 Tijiuana6 Tijiuana7

さあ、アメリカに戻りましょう。
majorleague_498

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »