« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.17

大阪ミナミ なんば・道頓堀の旅

きっかけはTiger森さんのご自宅に伺ったときに観ていた「元祖!でぶや」
「大タコに~つられた~男やさかいの巻(9月23日OA)」
(巨漢同士で観る番組では無いのですが。。。)

ここで紹介されていた心斎橋にある「乃呂」の特製ドーナツ型ハンバーグがことのほか美味しそうで、「あれ、いいよね」と意気投合。さらに、Tiger森さんは「本州は名古屋より西に行ったことがない」と事がわかり、「じゃぁ、旅でもしましょうか」という流れになりました。
テレビ番組を観て、実際にそのお店に行くなんて、自分の行動力学上初めての経験です。

ホテルと新幹線が付いているお得なツアーをTiger森さんに見つけていただき外枠が決まりました。あとはお互いバタバタと仕事を片づけ、15日(土)朝7時の品川駅新幹線ホームに集合。ひかり号でのんびりと新大阪を目指します。

朝10時に新大阪到着。地下鉄一日乗車券を購入して移動です。当日はあいにくの雨模様。心斎橋にあるホテルも14時からでないとチェックイン出来ないとのことで、クロークに荷物を預けとりあえずアメ村から心斎橋を目指します。

程なくしてTiger森さんが「見たかった」と言っていた道頓堀戎橋 グリコの看板付近に到着。飛び込み防止用フェンスと改築工事のクレーンやフレームであまり良くみえません。。

051015_000

かに道楽やつぼらや、くいだおれ太郎、金龍・神座などのラーメン屋をひやかしながらしばらく散策し、小腹が空いたので「本家日本一大たこ」の行列に並びます。6個300円のたこやきが大阪最初の食事。さあ、くいだおれ旅の始まりです。。。051015_001

お昼は「乃呂」と決めていたのですが、肝心の地図がありません。
そこでTiger森さんが事前に調べていてくれた住所・電話番号情報を頼りに「EZナビウォーク」で移動します。 さあ、これで万全です。  と・・
何故か起動しても現在の位置情報を上手くひろってくれません。あれ?東京では普通に使えているのに。。。焦ります。
空腹のTiger森さんはどんどん凶暴化していきます。眼が△です。横断歩道を赤でも平気に渡りそうになり、タクシーにひかれそうになります。。。ああ、早くお店を見つけねば。。

一駅地下鉄に乗りスタートをやり直してようやくナビウォークが本来の動きを始めます。歩くこと数分、ようやく目的の「乃呂」に到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

秋の空

今朝、通勤途中に見かけた秋の空
駅前で撮影

街灯邪魔ね(笑)

051014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

13日は誕生日であることを、朝起きてから気が付いた。
毎日が充実しているから忘れれた?いやいや、そんなに充実してないぞ。。。
気が付けばもう翌日だ。このところ毎日が怒濤のように早い。

いろいろな方からお祝いのメッセージやプレゼントをいただきました。
みなさん、ありがとうございました。

嬉しかったのはロクシタンのソープ。女性に人気のブランドですが、
男が使ってもよいですよね。
池袋西武にあるお店でシアバターを購入後、ファンになっています。

さあ、新しい年齢にふさわしい毎日をおくろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.10

命日

昭和48年10月10日体育の日は幼稚園の運動会でした。
私は当時から運動音痴でかけっこでも玉入れでも目立った活躍は出来ない園児でした。
でもこの日はかけっこで一等賞。玉入れでも、綱引きでも勝つことができ、この上ない上機嫌の運動会だったことを覚えています。

運動会が終わった夜、恵比寿に向かいます。父が亡くなった病院に。
扉を開けたときの風景は未だに忘れることができません。
夜は霊安所隣の部屋で高熱を出しました。
運動会はきっと父のおかげで勝たせてもらったのでしょう。

今日は命日。今年で33回忌。早いものです。
あのとき病院の窓辺から見た東京タワーの夜景と金木犀や百合、菊などの草花の香りはおそらく一生忘れられないだろう。

亡き父に合掌。

|

2005.10.09

空の旅

いきなりカミングアウトですが、私は高所恐怖症です。
ディズニーランドにある「ダンボ」ですら、半分の高度でギブアップしてしまいます。
高層ビルの展望台やスカイハイのレストランなど、恐怖で足がすくみます。

そんな私ですが、なぜか飛行機は大丈夫です。
飛行機の旅では窓際をリクエストします。この席からの写真撮影は楽しいものです。
ベルトサインランプが点滅している離陸直後から水平飛行に移る時間帯でも機械式カメラなら問題なく撮影できます。

普段見慣れている風景とは全く違う目線からは楽しいですね。空の青さと雲の不思議さ。独特の地形が旅情をかき立ててくれます。今回の八重山への旅でも窓際を選択。
台風14号の影響で羽田は雨模様。沖縄行き以外の九州方面のフライトは軒並み欠航という状況でしたが、ひとたび雲の上に出れば台風も問題ありませんでした。

写真は富士山上空。ちっちゃい。。
まだ雪が積もっていない末広がりの姿が雲の合間から見え、旅のさい先に幸運を感じました。

yaeyama_0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.05

八重山の魅惑の食事

八重山の旅では、そば以外にも美味堪能できる食べ物に出会えました。

 yamamoto_2 yamamoto_1

石垣島で一番美味いと複数の友人知人からオススメいただいた焼肉店。
名物は「焼きシャブ」(左) 売り切れ必須です。
その他、右のカルビ以外にも豚トロも美味でした。
これほど美味い牛を食べさせてくれるお店は、五島福江の望月以外でははじめてでした。
美味いモノはほとんどが東京に集中している、とよく言われます。地方を旅行するとその言葉に疑問を感じるときが多々あります。

panari  monpa_no_ki

左は新城島(パナリ)に上陸したときに出た昼食。鶏肉と大根とライス。
外で食べる食事って、たいした内容のもので無くても美味しく感じるから不思議です。
紺碧の海と西表島を正面に見据えた埠頭での食事はともて思い出深いものです。

右は波照間島「青空食堂」で食べたランチ。マグロをキムチのもとで和えた一品(逸品)。「青春の食卓」みたいな食事でした。環境が味覚を麻痺させるのでしょう。とても美味しくいただきました。

ice  zenzai
「沖縄でアイスと言えば」・・・「ブルーシール アイスクリーム」です。
川平湾の売店でウベ味を購入。まだまだ暑い日だったのでほっとします。

右は石垣空港の食堂で食べた「氷ぜんざい」
石垣島などの八重山では食後に良くかき氷をたべるようですね。
氷の中には白玉が隠れています。

八重山では、食べてばっかりだな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

八重山そば

八重山諸島の食事は思いのほか美味しかったのです。
我が島、長崎県・五島福江もそうですが、海産物だけではなく陸の食べ物も美味で、これだけでも来た甲斐があります。

おサイフに優しくて美味しかったのはやはり「八重山そば」です。土地の方は単純に「島そば」とか「そば」と呼んでいました。

naha_airport
那覇空港の待合いカウンターで食べた「沖縄そば」です。なんとなーく「ラーメン」風の見立てで、まだ「島そば」の雰囲気に浸り切れていませんが、これはこれで美味しかったです。

shiraho
白保にある「マエザト食堂」で食べた八重山そばです。
この食堂名物の「ソーキそば」を食べに行ったのですが、残念ながら売り切れでした。
マエザト食堂のソーキそばは骨付きソーキが4枚乗って550円です。この八重山そば(中)はなんど350円!

ishigaki_soki_soba
離島桟橋近く、バスターミナルの2階にある「麦わら帽子」で食べたソーキそばです。
野菜そばなど4種類の中で一番ボリュームがあったのが、このソーキそば。
波照間島から戻ってきたハイテンションな勢いで注文しましたが、食べ応えありました。

so-min_cyample
同じ日、再度「麦わら帽子」に出向き夜食で食べた「ソーミンチャンプル」です。
八重山そばとは、ちょっと違う毛色の食事ですが、これはこれで美味!
場所が違う、というプラシーボ効果もあるのでしょうけど、東京で食べるソーミンチャンプルとはひと味もふた味も違い、食べながら微笑んでしまいそうになりました。

takenoko
竹富島の「竹の子」で食べた八重山そばです。
台風15号直撃の間隙を縫ってびしょびしょに濡れながら到着しました。
もやしの歯ごたえが好印象です。
竹の子さんでは自家製のビィヤーシを販売していました。思わず購入。
胡椒に似た香辛料は辛さがきつすぎず、とても良いアクセントを加えてくれます。

yutateiku
石垣島を離れる日の昼食に730交差点近くの「まーさん道」で食べた八重山そばです。
かなり濃い目の味付けでした。夜は居酒屋になるこのお店は、やはり夜来るべきなのでしょうか?

八重山そばは味付け、トッピングとも各店さまざまでした。もっといろいろなお店を体験してみたかったですねー。
いろいろな方からおすすめいただいた「明石食堂」は臨時休業日と重なってしまい、体験できませんでした。次回八重山を訪問するときには必ず訪れたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »