« 心斎橋「乃呂」のドーナッツ型ハンバーグ | トップページ | 「運気が下がってますね」 »

2005.11.13

母の入院と退院で感じたこと

明日、10月末から入院していた母親が退院します。
病名は長嶋終身名誉監督が倒れたのと同じもの。
監督とは違い、行動障害は無いのですが、簡単な言葉の読み書きや足し算が出来ないなどの記憶、言語障害は残ってしまいました。
ただ、回復は驚異的なスピードで、入院当初、自分の名前も言えなくなってしまった人と同一人物とは思えないくらい。
若い頃ラジオで良く聞いていた英語の歌の歌詞を書いたりもできるようになりました。

今回の件では、本当にいろいろな人に良くしていただきました。近所の方々、病院の方々、会社の上司やみんな。。。本当にありがとうございました。ご迷惑おかけしました。

親の世代はかなりの年齢になっているという事実。言葉と記憶の複雑なメカニズム。脳という組織と医療の現場。不安。解決のための手立て。いろいろなことが判りました。人は一人では生きていけない存在であることも。

一番大切なものはなんだ?とある人に問われました。
家族、というものの存在をあらためて感じています。

あなたにとって一番大切なものはなんですか?

|

« 心斎橋「乃呂」のドーナッツ型ハンバーグ | トップページ | 「運気が下がってますね」 »

コメント

お母さまのご退院おめでとうございます。
経過も順調とのことで何よりです。
私も歳をとりまして最近つくづく思っていますが、「健康」と「家族」というのは、他のどんなものとも“交換不可能”なんですよね。
それを美しい日本語では「かけがえのない」と呼ぶわけで。
大切なものは大事にしないといけませんね。
日記を拝見して、あらためて思いましたです。

投稿: LISApapa | 2005.11.14 09:49

こんにちは こんにちは
お母様、退院なさったんですね、
おめでとうございます。
実は私も内緒にしてましたが、
10月中旬から虚血性腸炎という病気で
入院してたんです。

その時思いましたけどね、
やっぱり一番大切なものは
家族と健康ですね。

普段の何気ない生活の幸せさ、
ひしひしと感じましたもの。ええ。
tomizoさんもお体はお大事に。

投稿: ぽんち | 2005.11.14 14:00

LISApapaさん ご無沙汰しています。
コメントありがとうございました。
LISApapaさんも奥様も10月は大変だったご様子ですね。
実は、母は入院中に飛蚊症も併発し、眼科検診の結果、「眼球に穴があいていた(母談)」そうで、レーザー治療をしました。

おっしゃるとおり、本当にかけがえのないものは「健康」と「家族」ですね。今回実感しました。
LISApapaさんもどうかお大事になさってくださいね。

ぽんちさん
ご無沙汰しています。
すっかり更新頻度が悪くなった我がブログですが、退院するまで更新する気にもなれず、放置していました。これから少しずつ更新頻度あげていきたいと思います。

ぽんちさんも大きな病気をされていたのですね。全く知らなくてごめんなさい。
家族と健康、普段何気なく接していますけど、自分が患った時に本当に価値がわかりますよね。

日に日に寒さが強まってきています。
お身体どうかご自愛くださいね。
私も毎日の食生活や行動に気をつけるようにします。

投稿: tomizo | 2005.11.15 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/7093395

この記事へのトラックバック一覧です: 母の入院と退院で感じたこと:

« 心斎橋「乃呂」のドーナッツ型ハンバーグ | トップページ | 「運気が下がってますね」 »