« お風呂で読める本 | トップページ | 嬉しい話しのときには“とんかつ”を »

2006.01.10

散髪にて

隣の駅には有名私大がある関係で学生街が広がっている。散髪をするときは最近いつもその街です。
腕の良い店長さんはバリトンの声に「アニー伊藤」さんそっくりの気合の入った外観の男性です。全体像をアバウトに伝えても的確に散髪してくれます。

いつも常連さんを散髪している店長さんでしたが、今回はめぐり合わせで私を担当してくれました。
散髪はたんたんと進んで行きます。で、洗髪する際にそれは発覚しました。

そう、店長はなぜか左手の小指の爪が一本だけ伸びていたのです。。。。

良く洗髪するときにお店の人から「お痒いところはありませんか?」「洗い足りないところはありませんか?」など質問を受けるときがあります。普通は「いいえ」と断る例の会話です。
今回も「いいえ」と回答。
床屋さんは美容室と違い、洗面台にうつぶせになるため、薄目を開けても洗面台以外何も見えません。したがって、相手がどんなふうに洗髪しているのか全くわからない状況がしばらく続きます。小指の爪が伸びている人に洗髪されたのは初めてでしたが、結構頭皮に爪があたるんです。痛いわけではないのですが、やっぱり気になるものでした。

そもそも、何故小指の爪を伸ばすのでしょう?
昔、会社の上司でそんな人がいました。その上司は「紙をめくるのに便利」と言っていました。ある女性社員の人は「女の子にモテるためのオマジナイだって」と教えてくれましたが、真相はわかりません。アニー店長に聞くことも出来ず、洗髪はなぞを残したまま終了。顔をあたりブロー、電動マッサージで肩のコリを取ってもらい散髪は終了しました。

次にこの店を訪れた時までに彼が爪を切ってくれていることを祈っています。

|

« お風呂で読める本 | トップページ | 嬉しい話しのときには“とんかつ”を »

コメント

年末に美容院に行きました。
いつもの担当美容師さんは、インフルエンザでお休み。でも年末だったので、他の美容師さんにお願いしました。
その美容師さんは、カットの時の髪を分けて留めるのに、クリップを使いました。でもそのクリップ・・・。美容師さんは使うと自分の髪からとり、また自分の髪に戻すんです!
普通はトレイや、エプロンポケットに入れると思うのですが。何だかとっても不衛生。ショックで、指摘もできない私でした。
もちろん二度とその店には行きたくありません。好きだったいつもの美容師さんには、そのこと伝えようか、黙って去るか。
やはり、美容・理容業界には衛生が必然ですよね。

投稿: aki | 2006.01.10 13:22

私も以前は小指の爪だけ伸ばしてましたね。
何でだろう?
細かいところをつつくのに楽だったからかな?←何を突っつくんだ?

最近は右人差し指の爪だけ伸ばしてるんですよ、気付いてました?
理由、三線を弾く時に弦を弾きやすいから。
三線弾きの人で、右人差し指の爪を伸ばしている人が多いんですね。その真似です。(笑)

しかし、美容師や理容師の人が爪を伸ばしていると言うのは許せませんね。
腕はよくても、プロ意識に欠けてるな~
頭といえども、人の体に直接触れる仕事をしている以上、お客様を傷つけたり、衛生的に問題があると思われることは避けてもらいたいですね。

投稿: あやねーねー | 2006.01.10 17:35

akiさん コメントありがとう!
年末に大変な目にあっていたのですね。
うーん。。。ひどい美容師ですね。

髪を切ることってある種のリラクゼーションにつながりますよね?せっかくのひとときが衛生観念の無い人のせいで台無しになってしまう。

いつもの担当美容師さんには悪いけど、一回だけ別のお店でカットして行ってみては?
自分でカットした髪では無いことは一目でわかるはずなので「どうしたんですか?」と会話の糸口を相手から引き出せるのではないでしょうか?

なまじよく知っているお店だけに難しいですね。

投稿: tomizo | 2006.01.10 21:34

あやねーねーさん、コメントありがとう。

フィンガーピックみたいなものですね?
三線用に爪を伸ばしているのは理由があるんだから全く問題ないさよー。

理容師、美容師、料理人など、身だしなみ以前の問題で不衛生が命に関わる場合もあるので、プロとしてしっかりしてもらわないと。

投稿: tomizo | 2006.01.10 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/8082840

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪にて:

« お風呂で読める本 | トップページ | 嬉しい話しのときには“とんかつ”を »