« 桜の美しさ | トップページ | いま読むことに価値を感じる “なぜか笑介” »

2006.02.16

読売新聞の“高校写真部、女子生徒が急増中”という記事から

リンク: @nifty:NEWS@nifty:高校写真部、女子生徒が急増中「プリクラで身近」と(読売新聞).

今日の夕刊の記事ですが、新聞本紙ではネガを楽しそうに眺めている二人の高校生が紹介されていました。
確かにフィルムカメラを持った若い女性に街で良く出会います。先日出掛けた東京都写真美術館でも、見学のお客さんのうち、半数以上は若い女性でした。
彼女たちは本当に楽しそうに、そして真剣な眼差しで、自分が撮りたい被写体に向かっています。ファインダー越しに観たい世界が見えるのかもしれませんね。
私もカメラを持って街を歩いているので、良く話しかけられます。写真を始めた理由はみなそれぞれですが、「楽しい」という気持ちはみんなに共通ですね。

フィルムで撮影する文化がどんどん衰退していく中、ちょっと嬉しい記事でした。

|

« 桜の美しさ | トップページ | いま読むことに価値を感じる “なぜか笑介” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/8689687

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞の“高校写真部、女子生徒が急増中”という記事から:

« 桜の美しさ | トップページ | いま読むことに価値を感じる “なぜか笑介” »