« The Day 4th(その3) 釧路の名店「炉ばた」さん | トップページ | The Day 5th(その1) 釧路から阿寒湖へ »

2006.08.27

デジカメ撮り比べ

北海道旅行記を書き続けていましたが、ここでちょっと話題を変えて
最近のデジカメ事情をすこし。

今日は地元で日曜ランチを久しぶりに楽しみました。
南仏料理のお店が地元にあるのを2年以上住んでいて知りませんでした。
あまり縁のない南仏料理。プロバンス風とコートダジュール風を称して南仏料理と言うそうですが、家にある「フランス料理の歴史」という本にはなーんにも書いていません。。。
一説にはソースを使わずにニンニクを使った郷土料理、というくくりみたいですが、どなたか詳細をご存じの方、教えてくださいな。
私は蘊蓄よりも美味しくて楽しい食事が好きでして(笑)

で、デジカメのおはなし。
今日は3人が3人とも自分のデジカメを持ってきました。お互い同じSDカードなので、撮り比べができます。面白いので同じメニューを撮影してみました。

Img_0001 CANON IXY DIGITAL 800IS

L1010004 LEICA C-LUX 1

Rimg0003 RICHO Caplio R4

出来るだけ「標準」で撮影してみました。各機、光の取り入れ方と画像表示のエンジンの味付けの差(そして画角の差も)がある写真が撮れたと思います。
どの写真が好きかはその人の好みですね。私は自分が気に入ったデジカメに出会えるまでかなりの機種を使いました。今は満足しています。機能よりも「好み」を優先し続けて、ようやく今の機種に出会えました。

私は旅先で食事をデジカメで撮っています。昔はマクロレンズ付きの一眼レフなんかで撮影していましたが、まわりで食事している人にも迷惑なので、デジカメが大活躍。ブログを書くようになってからは特に重宝しています。

でもね、いざというときはフィルムカメラで撮影しています。奥行きのある色味はいまだデジカメでは体験できていないなぁ、と。
これも好みの問題(笑)

次の旅でも活躍してくれることを願っています。

|

« The Day 4th(その3) 釧路の名店「炉ばた」さん | トップページ | The Day 5th(その1) 釧路から阿寒湖へ »

コメント

Caplioは使いはじめから思ってたのですが、
暗いですねぇ(笑)

でも割と「好み」なので気に入って使って
ます(^^)

やっぱり自分に合ってるかどうかですね。
といいつつでも密かにLEICAいいなぁなんて
思ってたりもするんですよ(笑)

投稿: K(Caplio R4) | 2006.08.27 22:50

私は今使っているLEICAのデジカメ、好きです。
好みなんですが、ここに至るまで自分なりに
苦労したような気が(笑)

フィルムではリコーのGRが大好きです。
タフで使いやすいので、ついつい過酷な状況で使ってしまいます。

以前ご一緒した裏磐梯で、スノーシュー体験したときに使いました。あの時は氷点下の気温に積雪も5メートル付近だったような。
リコーは信頼性抜群です。

投稿: tomizo | 2006.08.29 00:11

GR使いでいらっしゃいましたか。
GRはデジタルも素敵ですよね。

実はハジデカ(初めてのデジカメ)がRICOHのDC-1だったんですよ。
ですからRICOHには思い入れがありますね。

ありますが、DC-1以来ですRICOH製買ったの(笑)

投稿: K(Caplio R4) | 2006.08.31 22:52

リコーって真面目な作りで好印象ですよね。
9月にハワイに奥さんと出かける友人は
「GRデジタル買ったよ!」とニコニコで
教えてくれましたよ。ワイドコンバーターも
購入だそうです(笑)
良さそうですよね>GRデジタル

愛機と呼べるものを持っている幸せは自分だけの
一番の楽しさだったりすると思います。


投稿: tomizo | 2006.09.01 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/11634817

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ撮り比べ:

» caplio r4:注目の言葉! [流行の言葉をいろいろ見てみよう!]
思い出深いcaplio R4の後継機種が出るんですね。ある種マニア向けかもしれないけど、意外と好きだったりします(笑) [続きを読む]

受信: 2006.08.29 11:46

« The Day 4th(その3) 釧路の名店「炉ばた」さん | トップページ | The Day 5th(その1) 釧路から阿寒湖へ »