« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.28

PARK HYATT BOX

Park_hyatt_box

新宿にあるパーク ハイアット 東京と、シカゴのPARK HYATT CHICAGO、それぞれの空間をイメージさせてくれるオリジナル楽曲が入った2枚組のCD BOX。

いわゆるイージーリスニングではある。しかし、自宅に仕事を持ち帰って必死にパソコンのキーボードをたたいているときでも、のんびり本を読んでいるときでも、邪魔にならず快適な空間を広げてくれます。最近のお気に入り。

よく海外のホテルにあるナイトキャップ用のCDとも違い、非常に有用です。

はじめて海外旅行に行ったときに宿泊したのが、今は無きパークハイアットサンフランシスコ。ユニオンスクエアの近くにある立派なスカイハイでした。
思えばものすごい贅沢な海外デビューである。
あのホテルも格好良かったなぁ。ハイアットホテルは建物好きの私の原点かもしれない、とは思い過ごしでしょうが(笑)、建築デザインが秀逸のものが多いと思います。

まぁ、実際この音楽を聴いているわたしの部屋って、パークのそれとは違いかなり狭いんだけどね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.26

友人という名のかけがえのない財産

友人の結婚式というものは得てして同窓会になるものである。

25日土曜日に昭島で行われた結婚式がまさにそうだった。

結婚式後、場所を立川に移して男性4人、女性1名で食事会のような飲み会。

社会人になって10年以上経つと、公私とも当然いろいろな事がある。愚痴もでる。
数ヶ月、もしかすると数年以上会っていない仲間同志なのに、学生時代の友人たちとは意思疎通がすんなりできる。普段着。無理に着飾らなくてよい。背伸びしなくて良い自分が居る。
仲間とはこういうものを言うのだろう。

会社で仕事をしている自分。当然仲間は多い。だけど、この学生時代の仲間のような関係では無い。
一番多感な時期に同じ目標に向かって同じ環境で複数年過ごし、裏も表も知っている仲間だからこそ話せる/言えることがある。
学生時代の一番の財産、それはきっとこのような素敵な友人達を得ることが出来たことであろう。
感謝である。

食事会の最後は「焼きおにぎりを使った雑炊」をみんなですすった。
ご馳走様でした。みんな笑顔のよっぱらいである。

Sl1020088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.25

結婚おめでとう!!

学生時代の友人の結婚式に参加してきた。
体育会の友人が集まって彼女のために賛美歌を歌った。
長いローブが素敵なウエディングドレス。年下の旦那さんもしっかりしている。

素敵な天気と素敵な笑顔。お二人ともお幸せに!

Sl1020054 Sl1020058

Sl1020066 Sl1020085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

素敵な空間

銀座で働いている友人から「今週いっぱいでお店を辞める」との連絡をもらい、最初にこのお店を紹介してくれた友人と一緒に朝までお店で飲み明かした。
あ。正確に言えば午前3時頃で私はカウンターで沈み、友人は最後まで気丈に飲み続けていたのだが。。

お店は2月に一度改装のためクローズし、雰囲気を変えて再オープンしていた。

当時カウンターに居た2名のイケメンは今度、別の場所にその名も「ストラトス」というお店をオープンするそうで、インビテーションのはがきを先日いただいたばかりだ。

素敵な空間は什器や店構えだけではなく、そこにいる人が重要だったりする。
いろいろな事があったようだ。再出発に期待。

朝の駅も山手線もガラガラだった。なんだかお正月の終夜運転みたいだった(笑)

 Sl1010976

Sl1010978 Sl1010983

Sl1010986 Sl1010987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

水中カメラ MM-III

八重山旅行の時に機材を揃えたダイビングショップからDMが届いた。
歳末のセールのご案内。ふーん、と思いながら眺めていたところ、ある商品が目に留まります。

Mmiii

SEA&SEA社の「MM-III」。新品。驚異の定価75%OFF!!2万円を割り込む価格で販売するとのこと。

今時フィルムの水中カメラ。しかもメーカー生産完了品。
しかし。。ニコノスVが廃盤になるとき最後まで迷った末に購入断念をした私としては、今回のチャンスは見逃せません。
八重山ではシュノーケリングということもあり、ペンタックスの防水デジカメを使っていましたが、やはりフィルムとは色温度などが違いあまり嬉しくなかった経験があります。

メーカーサイトの解説も読んでみます。文章からも開発陣のアツイ気持ちが伝わってきます。そして、水中写真家として有名な中村征夫さんが解説してくれている水中写真テクニックのページも説得力があります。 真面目なメーカーの真面目な商品。

ニコノスとの決定的な違いはレンズ。20ミリF3.8のレンズは35ミリのニコノスとは全く違った写真を撮れそうな予感がします。もちろん陸上で使った場合は防塵・防滴の頑丈なカメラとして威力を発揮してくれるはず。
野外のスポーツ観戦などで、雨天の場合などはかなり厳しい状況でしたが、これが有れば大丈夫。扱いが雑であちこちぶつけてカメラに凹みを作る私の使い勝手にも合致します。

というわけで、またカメラの収納ケースに仲間が加わることになりました。
さあ、どこで試写してみよう。到着が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.19

黒と赤の話し

黒地に赤、という配置が最近好きだ。

中学生ぐらいのときに好きだったカラーパターンだったが、あの時は赤が黒の面積より大きかった。最近は黒が圧倒的に占めており、その中にアクセントとして赤がある、そんなデザイン配置が好きだ。

6月にライカC-LUX1を購入した頃から、この傾向が強いと思う。

モノとして持っていて落ち着く。

Rollei35も上から眺めるゴッセンの露出計の指針はオレンジ。黒いボディにはとても良く似合い、見やすい。

最近WENGERの70725を購入した。右はこれまで使っていた同じWENGERの“コブラ”とのコラボレーションモデル。コブラモデルを使っているときにはあまり意識してなかったが、赤の入り具合は左の70725位がちょうど良い感じだ。

S70725 Swengercommand_chrono_70725_cobra 

今日は疲れが出たのか、あまり体調が良くない。約束していた友人宅訪問をキャンセルさせてもらい、ひたすら自宅静養。体力回復をはかった。

自宅で何をしようか考えた結果、gizmomoさんからいただいたSX-70 ALPHAの張り革交換をしようと決め、作業に入った。
これまで張ってあった革をはがすことが予想以上に大変だったが、なんとか無事に剥がしおわり、いよいよ例の「レッドスネーク」を貼り付けます。

そして完成したのが、こちら。

Sl1010940 Sl1010939Sl1010941 Sl1010943

かなり赤の比率が多いのですが、十分魅力的な容姿に変身することが出来ました。今度体力が戻ったときに試写してみたいと思います。

積極的な押し出しの力を持つ刺激的な赤と、すべてを引きつけ吸い込む魅力を持つ黒。
ルーレットだったら、わたしはどちらに賭けるのだろうか。

今は黒かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長い一週間

この一週間、いろいろな人たちと会った。

いろいろな考えに触れ、いろいろな意見を聞いた。

人はひとりでは全てを行うことができないことも、人の優しさや人の弱さを

知ることもできた。

毎日が勉強なのである。

今年、もっとも濃縮な一週間だったと思う。

いろいろな人たちに感謝を。そして、私の好きな人たちがみんな笑顔で毎日すごせることを祈って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.18

日本橋にて

Sl1010907 Sl1010912

Sl1010910 Sl1010911

今週2回目の日本橋。縦位置で撮影したくなる街。
この後、東証Arrowsを見学する予定だったのだが・・・

大変だった今週を象徴する日のはじまりはとても穏やかでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.16

丸ビルにて

Sl1010901

一夜一夜というお店でのお魚&野菜です。
炭火焼き。

東京駅の夜景を見ながらスポーツ談義。楽しい夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.12

近所にて

Sl1010853_01

今日、東京では木枯らし一号が吹いたそうだ。
でもおかげで空気が綺麗になっている。空も綺麗。

夕方、日暮れ前。自宅前の路地。なんて事はない風景なのですが、群青から黒に変わる時間と空間の中にもいろいろな色があふれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.11

SX-70 ALPHA

gizmomoさんから「SX-70お入り用ですか? 外観は相当くたびれてますけど。」というご連絡をいただき、早速メールでやりとりして、送っていただきました!
宅配便の箱をあけると、そこにはSX-70 ALPHA(黒)が入っていました。ストラップも付いています。
gizmomoさん、ありがとうございます!! 御礼はいずれ、カタチのあるモノで。。。

というわけで、この数ヶ月でSX-70がアラジンとALPHAの2台。690SLRが1台、合計3台のポラロイドがうちに集まりました。

早速シリアルナンバーから製造年月日を調べさせてもらうと"May 2, 1978"とのこと。
アラジンより4歳年下です。

張り革は確かに教えていただいたとおりくたびれており、張り替えが必要な状況です。
早速カメラ用の張り革をネットショップで展開されているAki-Asahi.comさんを訪れてみました。お、SX-70用もあります。

黒ボディのALPHAにふさわしい張り革はなんだろう。。。
690SLRはオールブラックなので、このALPHAは別のスタイルにしてみたい。。
考えた結果、これに決めました。
[N-024]  SX-70用表革貼り替えセット 本革レッド スネーク

001cherryred

近々届く予定です。
自分で張り替えるのはちょっとコツが必要な感じですが、赤と黒のコントラスト、しかも特徴的なデザインとなる新ALPHAは縁起の良いカメラとして活躍してくれることでしょう。

楽しみなカメラがまた仲間に増えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クロコダイル到着

ANA SKY SHOPから午前指定の宅配便が到着した。
「空飛ぶカバン屋」さんに注文したクロコダイル革の財布が届いた。

Sl1010843 Sl1010844

  Sl1010845

今まで使っていたコーチの牛革の財布と違い、エナメルコーティングされたワニ皮の財布は、その厚みも手伝って存在感があります。手触りからゴツゴツ感と適度なひんやり感を味わえます。折りの部分は表面とは別のパートに分けて縫ってあります。各部署の強度も申し分ない様子。色も黒で正解でした(笑)
カードポケットは表に9カ所、カード用スリットが5カ所。小銭入れも札入れにも中敷居があり使い勝手は非常によいものでした。

ANAの機内誌で紹介されている商品は使い勝手のよいオリジナル商品が多く、時々購入しては重宝しています。

クロコダイルの革財布で運気をあげていきましょう!
今日は会社ですが、早速これを持って出社しましょう。仕事もさぞかしはかどる事でしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.10

幻のシャケ「鮭児(ケイジ)」をいただく

体調はまだ回復していなくて、咳込む日常が戻ってきた。食欲も驚くほど無い。
そんな状況でしたが、友人の北宋さんが誘ってくれた会に参加。最近結婚したEさんや、会社の人気者ひげのりさんなども一緒。

そこで出てきたのが一万匹に一匹しか上がらないと言われている幻のシャケ「鮭児(ケイジ)」のどんぶりでした。

Keiji

この鮭児にはシリアルナンバーがあるそうです。昔、ニューオータニのトゥールジャルダン東京店で食べた鴨と同じ扱いです。

この鮭児、お値段も驚きの金額なのですが、4人で美味しくいただいてきました。
いっとき、咳も止まります。マグロの大トロにも負けない食感は驚きです。

体調があまり良くないときでも美味しい料理は美味しい。でも、体調がよければもっと美味しいんでしょうね。

貴重な体験をしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.09

夕焼け富士が綺麗な時期に

Sl1010773

代々木の国際オリンピック記念青少年総合センターでプレゼンがあった。
途中、窓から夕焼け富士が見えたので思わずパチリ。
窓越しだったので左上に電灯が見えているのはご愛敬、ということで。。

プレゼンは、やはり苦手(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.06

運気をあげてみよう

長年使っていた財布がだいぶくたびれてきていた。
思えば随分使い込んでいたなぁ。

お財布は金運を運んでくるといわれています。
くたびれた財布にさよならして、新しい運を招き入れましょう。

で、これを購入しました。

S36660title

先月機内誌で見つけた素材はオーストリッチの財布でした。デザインも良く、オレンジの色味も綺麗で、これに決めたかったのですが残念ながら売り切れに。。。

かわりに今月のオススメが今回購入した財布でした。色も選べたのですが、素材感も楽しめon/off両方使える黒を選択しました。

36660s8

近日中に到着予定。せっかく製品として加工された財布なので、大事に使っていこうと思います。良い運気も運んできてくれることを期待して。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.05

玄米食に切り替える

近所のお米やさんに新米を買いにいったときのこと、いつも買っている富山のお米よりも先に目に付いたのが、岩手の低農薬玄米。2キロ購入してみました。

うちにある炊飯器は玄米モードの無い古いタイプのもののため、今回は圧力鍋で炊いてみました。一晩水につけた2合の玄米を焚くこと30分。ふんわり粘りもある玄米の炊きあげに成功。

Sl1010718

昔、玄米ってもっと食べづらいいものでしたが、最近の玄米が良くなったのか、それとも炊き方が良かったのか、とても甘くて美味しかったのが驚きです。ぼそぼそした感じもないし。

最近風邪をこじらせてすっかり食欲が無かったけれど、今日くらいからだんだん普通に食べられるようになってきました。このタイミングで自宅では玄米にしてみよう。
身体は資本。この言葉を痛感したこの二週間だったので、より健康志向が強まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの喫茶店にて

Sl1010714 Sl1010717

駅前の喫茶店が好きだ。今日は太陽の光がやわらかい。
午前中に用事を済ませよう。

例の大きな仕事が一段落したらやりたいことがあった。
今日から開始。
早速隣町の無印良品に出掛けて希望通りの商品を購入。
さあ、ギアを切り替えて始めましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日米野球2006

Tiger森さんと日米野球2006 第二戦を観戦しました。
22番ゲートの「OH GATE」前で待ち合わせ。バルコニーシートにて観戦です。
彼はこの東京ドームで行われる三戦すべて観戦するそうです。すごい。

L1010636 L1010697

昨日はフォワボールの多い試合だったそうですが、今日は乱打線です。
今日はフィリーズのライアン・ハワード選手の二発が凄かった。特に二発目は推定飛距離140メートル。バックスクリーン直撃弾。凄すぎて唖然としてしまいました。

L1010680 L1010682

試合は8対6でメジャー選抜の勝利。すごすぎますね。
来年以降はもうやらないかもしれない、という噂もあり、観戦できたのはラッキーでした。
今年はWBC観戦からずっと「野球」づいています。やはりスポーツ観戦のなかでも一番楽しいゲームは野球かも。

ドームではホットドックをいただきました。ビール3杯。風邪気味の二人のくせにその後焼き肉も食べました。オトナなので和牛の高い肉を中心にいただいてきました。
だいぶ体調も戻ったかも。これで明日の朝大丈夫そうだったら、良いのですが。
久しぶりのスポーツ観戦&飲み食いで、強制的に元に戻していきたいです。

L1010674 L1010706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

男にとって散髪はエステか

散髪後、洗髪を担当してくれた人は相当個性的な方法でやってくれる。
聞くと「昭和天皇陛下の散髪を担当していた人に師事し、その人から伝授された洗髪方法です」とのこと。
ぐるんぐるん、という表現が一番適当な感じの洗髪方法はマッサージ効果も高く、シャンプーを洗い落とした後はスッキリします。

頭痛持ちの私は時々15分マッサージなどを受けに行きます。眼精疲労から肩こり、頭痛がきているそうですが、洗髪時とそのあとの電動マッサージ器での一連の所作は外観もスッキリすることと併せて一石二鳥かもしれません。

メンズ・エステなどは未経験ですが、わたしは散髪で十分のようです。安上がり(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.03

Rollei35専用のレンズキャップ

L1010634

とある店で「ないない!あったらそれは驚き以外のなにものでもないよ」とにべもなく言われたローライ35専用のレンズキャップを、良く立ち寄る新宿の中古カメラ店であっさりと見つけてしまった。
かぶせ式の専用キャップはレンズを沈動させたときにぴったりはまるよう、独自の溝が切ってあります。このため市販のレンズキャップでは切ったり削ったりしないとはまらない構造のため、使うことができませんでした。

使ってみるとさすが純正。ぴったりはまります。露出計はこれで無駄にバッテリーを使わなくてよくなりました。

また使いやすくなったローライ35。明日の日米野球観戦の時に持っていこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アイヌコタン

北海道・阿寒湖周辺には道内最大規模と言われるアイヌコタンがある。
過去何回か来たことはあるが、じっくりと見ることが出来なかったアイヌコタンを今回堪能してきました。
10月中旬にもかかわらず、既に夜は5度以下。コンビニでは手袋も売っていました。
アイヌコタンでは10月中旬から火祭りをやっており、運良く見ることが出来ました。いろいろな意味があるアイヌの踊りはとても幻想的なものでした。

06102022_0081 06102022_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.01

690SLR

この一週間、まるで闘病記のようなブログだったので、気分をかえて。
(あ、体調はまだ回復していません。咳こむし鼻がダメ。お腹もダメだなぁ。
 食欲回復せず。体重は理想的なカーブで落ちていますが、体力も正比例で落ちているなぁ。。。まだ通勤時のマスクは欠かせません)

カメラの話し。

時間があるときにパラパラをめくる本が数冊あるが、最近のお気に入りは「POLAROID LIFE」である。いろいろな有名人がポラロイドを使っていることがわかるのだが、ライカ使いでもある俳優の永瀬正敏さんがSX-70と一緒に使っているのが、690SLRである、と紹介されていた。うーん。彼が持っていると知ったときから、やたら気になる690SLR。

日本国内限定モデルである690SLR。ほとんど見たことがなかったのだが、たまたまある場所で見つけてしまった。並品。
オールブラックの折りたたみポラロイド最終モデルは魅力的で、即座に予約。週末に見に行くことになった。

SX-70と違ってオートフォーカスとストロボが付いたそれは、かなりシャキシャキと動き、SX-70とは別のモデルであることを主張している。中古カメラは一期一会の世界。ここで手放すと次はいつ出会えるかわからないのが中古カメラ。購入することにした。

690slr_1 690slr_2

試写の結果は良好。外しは少なく綺麗に撮れます。
でもね。。。わがままなのかもしれませんが(笑)SX-70で撮影するときのワクワク感が少ない感じがします。SX-70はなにか「偶然」をあてにする感覚があるのですが、優等生の690SLRはしっかり撮れすぎて、なんとなく味気ない感じがしています。

北海道にはSX-70を持っていき、満足のいく写真を沢山撮影できました。あれが690SLRだったらどんな写真ができていたのだろう。。。

Sp0209_01_img02 ※ごめんなさい。どちらかのサイトにあったファイルなのですが。。。問題ありましたらはずしますので。。

今度友人の結婚パーティがある。この時には690SLRを持っていこうと思う。一生に一度のパーティ。綺麗に、そしてしっかり撮影したいから。

私の中で2台のポラロイドはしっかり役割分担ができたようだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »