« 複雑系 | トップページ | 退院 »

2006.12.30

2006年御用納めから晦日にかけて

昨日は一日中二日酔いでぐったりしていた。
私は酒類で焼酎に対して極端に耐性が低いらしい。今年の発見である。

品川にある"きときと"というお店で2006年の御用納めを後飲んだ。富山の時のモノが多く食べられるお店で、最近日本酒と魚料理が好きになった私にはとても嬉しいお店。毎年年末に注文で作ってくれる鯖ずしも絶品で、大晦日のご馳走として楽しみにしている。

氷見うどんと富山のこしひかりで握ってもらうとろろ昆布のおにぎりはシメに格別。
この日は鱈の白子の美味しいところが入っていたそうで、天ぷらやお味噌汁に入れてもらいました。おつとめお疲れのご褒美、ということで。

Sl1020501 Sl1020505

今日は午前中まで診察OKといことだったので、地元の病院で看ていただいた。
抗生物質はおとといで切れているので結構昨晩は咳き込んだ。まだ完治していないようだ。ここは診察と薬の処方を同じ場所でやってくれる小規模医院。わたしにとっての赤髭先生は少々頼りない印象のドクターだが、薬は良く効く。最悪の場合を考えてくれて、年始でも空いている区の救急医院の連絡先も紹介してくれた。4日分の薬をいただき帰宅。年末年始はこれでしのげそうだ。
医院の待合室には冬の日差しが差し込んでいました。

Sl1020507

お昼は地元の吉祥庵さんで鴨せいろをいただき、ついでに明日 大晦日用の年越し蕎麦を注文してきました。ジャスが流れる落ち着いた店内。蕎麦は引き立てうちたてのものを食べさせてくれる。つゆの濃さも私好み。鴨肉もジューシーで、鴨の脂と葱の甘さが合わさったそばつゆは絶品。昼食からえもいわれぬ贅沢をしている。

Sl1020512

小田急にロレックスの専門修理窓口がある。正規代理店であり2002年にもオーバーホールをお願いしたお店だ。今回お願いしたオーバーホールでは風ぼうケースの交換が行われたようだ。父の形見のロレックス。修理の人の話によると、そろそろ交換部品がロレックスでも少なくなってきているようだ。あと20年といったところだろうか。
オーバーホールされた私のロレックスは綺麗に磨き上げられ、なめらかな竜頭の具合もあり新品のような具合だ。これをしめると自然と仕事に気合いが入る。
2007年の仕事始めにしめていこう。

Sl1020518

さて、年末年始の食材の買い出しに行こうか。夜は飲み会だ(笑)

|

« 複雑系 | トップページ | 退院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/13262970

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年御用納めから晦日にかけて:

« 複雑系 | トップページ | 退院 »