« 映画 "Lost in Translation"を鑑賞して | トップページ | デザインが癒すひとのこころ »

2006.12.16

LOMO LC-A らしい写真・らしくない写真

S061209_10_06

実家近辺で撮影した写真ができあがってきた。
LOMO用の「TunnelVision Lens」と「Fisheye Lens」については以前の記事で紹介したが、レンズの効果がよりわかりやすい写真となった。

  こちら標準                  こちら「TunnelVision Lens」付き

S061209_10_04_1  S061209_10_05

そして、Fisheye Lensの効果。

S061209_10_08  S061209_10_09

S061209_10_07

ヨーロッパの駅舎みたいな写真になった。
私が旅したロワール地方にあるトゥール駅って、こんなんだったけかな??

一方、外の風景(特に無限遠付近)では実にキリリとしまった像を結んでくれます。
綺麗な蒼が出ている。

S061209_10_01  S061209_10_02

S061209_10_03

うーん。期待以上にキリリとしている(笑) いわゆるロモっぽさは無いのですが、元来カメラはまともに写るようにするために技術開発やらしてきたものなので、これはこれで本来の働きをしっかりしてくれているのだと思います。

既にフィルムは5本目。ロモにはまる人が多い理由がわかる。
このカメラはおもしろい。

|

« 映画 "Lost in Translation"を鑑賞して | トップページ | デザインが癒すひとのこころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/13091166

この記事へのトラックバック一覧です: LOMO LC-A らしい写真・らしくない写真:

« 映画 "Lost in Translation"を鑑賞して | トップページ | デザインが癒すひとのこころ »