« 春はあけぼの | トップページ | パークハイアット東京「ニューヨークバー」ふたたび »

2007.04.07

ブランドとデザインの関係

Sl1040042

何の変哲もない黒いビジネスバック。
実は昔のデザインですがCOACHのバックです。
「お、良いバックを使っているね。COACHの昔のデザインのかぁ。
革が柔らかくて良いよね~」と、思いの外いろいろな方から声をかけていただきます。

営業をやっていた友人から「使わないので」と安く譲ってもらったもの。この時代のCOACHの製品は黒主体で、デザインもシンプル。
柔らかい革、しっかりした縫製の製品でした。このころは財布や定期入れなど、小物もみなCOACHで揃えていました。

今のCOACHデザインは私には派手すぎて、とてもビジネスシーンで使える感じがしません。

COACHは日本で売れるためにデザイナーを替えて、ロゴタイプを全面に押し出したデザインに変更したのだそうです。

私は長く使える製品が好きです。その意味で私には昔のCOACHがブランドで、今のCOACHは一過性のプロダクトに感じます。

ファッションブランドって製品の性能・機能はもちろんのこと、「有名人が使っている・いた」などの逸話がつきものですが、私はそのデザインが占める部分って大きいように感じます。コカコーラの瓶やロゴタイプ、ライカのファインダーやボタン配置、ゼロ・ハリバートンやリモワの表面の凹凸など、プロダクトデザインを考えた結果ブランドになったものが多いのでは。ブランドとデザインの関係ってそれくらい密接に感じています。

昔のCOACHのデザインも奇をてらわず、必要にして十分な作りをしているように感じます。方針転換は会社の戦略でしょうが、私は昔のCOACHデザインが復活してくれたらなぁ、ととりとめもなく考えてしまっています。

|

« 春はあけぼの | トップページ | パークハイアット東京「ニューヨークバー」ふたたび »

コメント

こんばんは!
わたしも革のCOACH持ってました。1996年、当時、弱冠32歳のリード・クラッコフ氏が起用されファッション面を強化。98年、高品質レザーに代わる新素材を開発、実用的で体になじむことを目的にデザインされた「ネオ・コレクション」を発売。そのあと、今のロゴデザインが前面にだされて今に至るわけですね。
日本に持ち込まれた際には、先行していたヨーロッパに追従する形でブランド戦略をとって、日本での知名度アップと売価アップを狙い、見事に成功したものと思われます。

日本の代理店ではあまり品揃えがないみたいですが、アノ頃のままの、上質なレザーを用いた製品も残っているようですね。
http://www.coach.com/content/thumbnail.aspx?category_id=289&classic=1

日本では、売れないのかなぁ・・・。
ロゴだらけのモノを好む人たちがいっぱいいますからね(暴言)

投稿: ぽー | 2007.04.08 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/14590525

この記事へのトラックバック一覧です: ブランドとデザインの関係:

» アニエスベー バッグ いいですね [アニエスべー バック]
アニエスベー バッグっていいですね。なにがいいって、ミドルブランドなので買いやすいのが一番の理由ですか・・・ [続きを読む]

受信: 2007.04.08 07:32

» コーチ ショルダー バッグ [コーチ ショルダー バッグ]
コーチショルダー バッグに関するブログ記事をピックアップして掲載しています。いろいろな体験、お気に入り商品を見つけられますよ。 [続きを読む]

受信: 2007.04.08 11:48

» コーチコレクション [コーチコレクション]
当サイトはコーチ(COACH)に関する総合情報サイトを目指してい ます。 まだまだコーチ(COACH)の情報は少ないですが、今後どんどん増や していきますので是非ご利用ください。 [続きを読む]

受信: 2007.04.09 12:52

» コーチ キーケース [コーチ キーケース]
おしゃれなコーチ/Coachのキーケース専門のサイトです。キーケースに関するブログ記事を主にピックアップしてリンクしています。 [続きを読む]

受信: 2007.04.09 21:49

» アニエスベーの新しい掛け時計 [アニエスベー]
今度、セイコーから「アニエスベー」の新しい掛け時計が発売され、早速見てみました。まず、デザインの斬新さには驚きました。それまでの掛け時計という概念を変えた、全く新しいものでした。丸でも四角でもありません。洋間はもちろん、和室の部屋にも合うんじゃないだろうか。柔らかく優しい印象の“丸でも四角でもない”ユニークな形は、ブランドの新しい世界を表現していると思う。前面にガラスを使用せず、文字板には素材感のある天然のカリン(K色)とメープル(W色)のつき板を用いている。シンプルさの中に... [続きを読む]

受信: 2007.04.22 16:19

» 企業コーチの歴史 [コーチバッグと通販紹介]
コーチ(Coach)はアメリカ合衆国の高級皮革製品メーカーである。1941年にニューヨーク、マンハッタンで創業された。特にシグニチャー・ラインと呼ばれる、社名の頭文字であるCのモノグラム柄のハンドバッグなどが有名である。当初は野球グローブの革を使用した鞄等をアメリカ国内で生産する比較的小規模な企業で、メインターゲットは比較的高齢の男性であった。1985年にサラ・リー社に買収され、2000年10月にIPOを行いニューヨーク証券取引所に上場。買収後はバッグと財布などの皮革製品メー...... [続きを読む]

受信: 2007.04.24 10:48

« 春はあけぼの | トップページ | パークハイアット東京「ニューヨークバー」ふたたび »