« 更地 | トップページ | TOKYO GW 2007 »

2007.05.03

恵比寿 Ricos kitchen

Sl1050064

若いご夫婦と一緒にゴールデンウィークの谷間の時期に出掛けてみました。
ちなみにこのお店、お二人がお付き合いするきっかけになった場所だそうです♪

常連さんでもあるご夫婦のおかげで、席はワインセラーの前に。私の座っている場所からの眺めは格別。カリフォルニアワインを100種類以上取りそろえているそうで、今日のワインもすべてカリフォルニアワインに!
コース料理はアミューズから前菜、魚、肉、メイン、そしてデセールと、どんどん出てきます。そしてどれもが本当に美味しい!掛け値無しです。
特に野菜の味が甘い!どれをいただいても甘く歯ごたえがあり、大満足でした。

彼に聞いたところ、Zagat SurveyでNo.1を獲得したことがあるお店だそうです(もっとも、それ以降予約が取りづらくなったとか。。。)。
ワインは白、赤2本いただきました。人数が多いといろいろなワインも楽しめますよね。

ワインはあまり詳しくないのですが、料理と合わせることで美味しくなるものは大好きです。片意地を張らず、笑顔で楽しく美味しく食事ができる人、空間。大切な財産です。

今日いただいたワインの名前を奥様からメールで教えていただきました。感謝です。
覚えて、次回出会えたときにまた注文してみたいと思いました。

それにしても、恵比寿界隈には素敵なお店が沢山あるのですね。
オーストラリアやニュージーランドのワイン、食事なども食べられるお店や、マクロビオテックのレストランなどもあり、いくらでも尋ね歩いてみたい場所でした。
時間をつくってまわってみたいです。

食事中に撮影するのは無粋と思い、デセールの後に店内を一枚撮らせていただきました。壁面には今井俊満さん直筆の絵が一面に飾られています。
informel。すごい迫力です。
店内は女性が多く、それだけこの味と空間の楽しさが支持されていることを感じます。
また来てみたいお店をひとつ、知ることができました。

若夫婦に感謝です。

|

« 更地 | トップページ | TOKYO GW 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/14936577

この記事へのトラックバック一覧です: 恵比寿 Ricos kitchen:

» アニエスベーの財布ってどんな感じかしら [アニエスベー]
アニエスベーの財布って、どう思うって友達に聞かれて、私は、それまで財布にブランドって? と言うぐらい、財布にはあまり関心がありませんでした。でも、よくよく考えてみたら、財布って毎日持つものだし、それだったら長持ちするものということで、別の友達にアニエスベーの財布のことを聞いてみました。そうしたら、「『サザビー』や『アニエスベー』の財布なんか、どう?」って言うんです。アニエスベー???。全然知らなかったので、母にも聞いてみました。すると「もう19歳だし、長く使うからアニエスベー...... [続きを読む]

受信: 2007.06.01 23:31

« 更地 | トップページ | TOKYO GW 2007 »