« 長刀研ぎ 風見鶏(NAGASAWAオリジナル) | トップページ | プロフェッショナルギアスリムミニ(赤と黒) »

2008.01.12

TOMBO ZOOM 707

Stombo

ちょうど世の中が昭和から平成に切り替わろうとしている1987年のデザイン。
トンボ鉛筆のDESIGN COLLECTIONシリーズの一つ“ZOOM 707” シャープペンシルとボールペンです。
20年以上前のデザインですが、全く古びていません。
赤と黒、ラバーと金属のコントラスト。極端に細いボディ。無駄がありません。
店頭のポップには「羽を取った蜻蛉のようなデザイン」と書いてありましたが、まさにそのイメージです。

万年筆ばかり使っていましたが、こういう筆記具は使ってみたくなりますね。
ちなみにZOOM 707は3つの国際デザイン賞を受賞しているそうですよ。
考えられた良いデザインは時間が経っても陳腐化しないものですね。

1987年 ドイツの国際デザイン賞「DESIGH PLUS」を受賞
1988年 ドイツの国際デザイン賞「Haus Industrieform Essen」
     (現、Reddot Award)のカテゴリー最優秀賞「Best of The Best」を受賞
1990年 ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州国際デザイン賞を受賞

|

« 長刀研ぎ 風見鶏(NAGASAWAオリジナル) | トップページ | プロフェッショナルギアスリムミニ(赤と黒) »

コメント

これ、なつかしいですね。
80年代、90年代前半の文具はデザインに凝ってましたよね。
Popeyeのデザイン・オブ・イヤーなんかを思い出します。
最近、筆記具メーカーさんのお仕事をしているので、
ちょっと文具が気になってます。

投稿: 230 | 2008.01.13 11:21

230さん コメントありがとうございました。

ポパイのデザイン オブ ザ イヤー 懐かしいですね!
パソコンを使った仕事をしていてフィルムカメラの世界に憧れてしまいましたが、より直線的に、デスクで普段使いする筆記具にこり始めてしまいましたよ。道楽ではなく実用だ、と自分には言い訳しているんですけどね(笑)

投稿: tomizo | 2008.01.13 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/17662790

この記事へのトラックバック一覧です: TOMBO ZOOM 707:

« 長刀研ぎ 風見鶏(NAGASAWAオリジナル) | トップページ | プロフェッショナルギアスリムミニ(赤と黒) »