« 紅梅・白梅 | トップページ | モンブラン マイスターシュテュック »

2008.03.09

中屋万年筆 ブライヤー Light Color

新宿伊勢丹メンズ館8階で昨日と今日の二日間、中屋万年筆さんが展示即売会を開催されていたので、念願の万年筆を購入してきました。
万年筆を使い始めた最初の頃、同じ場所で購入したのがピッコロの細字。以来いろいろな万年筆を使ってみましたが、ピッコロに勝る万年筆にはほんの数本にしか巡り会えませんでした。エボナイトを使った軸に輪島塗という素材の万年筆は使い込むほど漆が澄んできて、購入時とは違う「景色」になってきました。

今回、中屋さんで購入したのは「ブライヤー」を軸に使った万年筆です。
以下は中屋万年筆のホームページにある「ブライヤー」に関する説明書きです。

ブライヤーは、地中海沿岸地方原産のエリカ・アルボリアというヒース科の落葉低木。パイプにも使われるため、熱に強く硬いという特徴があります。
25年~100年を経た株の塊状のこぶ(burl:バール)を使い、万年筆を作ります。
木目の美しさに人気があり、使うほどに光沢が出て、愛蔵の1本になります。

複雑に絡み合う緻密な木目は「バーズアイ」や「ストレートグレン」など、様々な模様を作り出し、ひとつとして同じものがありません。ブライヤーの木目は別名「木の宝石」とも言われているほどなんだそうですよ。 いろいろな素材の木軸万年筆はありますが、この複雑な木目を持った木軸はブライヤーだけのように感じています。

木軸万年筆とうものは革製品に似ていますね。使い込むほどに手脂が染み渡り、色つやが増してしっとりしてくるのだそうです。2年後のこの万年筆の「景色」が今から楽しみです。

ペン先は使用頻度も考えて「中軟」にしてみました。思ったより細字で使いやすい太さです。中屋の吉田さんが目の前で私の筆記癖に合わせて調整してくださったペン先。これを目の前でやっていただけるがイベントならではです。(伊勢丹のiカードで購入すると、少しだけ割引されるのも嬉しいんですけど(笑)

立派な桐の箱は保管用。ブライヤーは使わないときに直射日光や湿度の影響を受けやすいそうで、その時はこの桐の箱が大いに役立ちます。伊達ではないんですね。

楽しみがまた増えました。

Simgp2251_2 Simgp2252_2

Simgp2253_2 Simgp2258_2

Photo_2

 ※ペン先のデザインが微妙に変わっていました。
 左は「ピッコロ」で、右が今回購入した「ブライヤー Light Color」のペン先です。

|

« 紅梅・白梅 | トップページ | モンブラン マイスターシュテュック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/40440405

この記事へのトラックバック一覧です: 中屋万年筆 ブライヤー Light Color:

« 紅梅・白梅 | トップページ | モンブラン マイスターシュテュック »