« 旧古河庭園 2008みどりの日 | トップページ | 江古田・哲学堂から新井薬師へ »

2008.05.05

小手指の古戦場跡と北野天神

こどもの日の今日は小手指の実家へ。
いつもは車で出かけていましたが、今日は久しぶりに電車で。帰り道にちょっと寄り道をしてみました。地元だからこを見逃してき古戦場跡などを散策してきました。

【小手指原古戦場】

「いざ鎌倉」のかけ声いさましく、上野国新田から鎌倉を目指した新田義貞と鎌倉幕府軍が最初に激突した合戦場がここです。エリアが広すぎて限定できないそうですが、近くに新田義貞が合戦に勝利した際「源氏の白旗」を掲げた塚「白旗塚」が残っているこの場所に碑文が建立されたそうです。
鎌倉街道って、実は埼玉のこの辺から始まっているんだよね。子供の頃はあまり意識してなかったけど、自分が車を運転するようになって「え?」と思ったけど、きちんと自分の足で調べたことなかったんで、丁度良い機会でした。近くにある市民プールのウォータースライダーには子供の頃良く「甲冑姿の落ち武者が出る」と評判でした(笑)
天気が曇天なので、今日もモノクロメインです。

Imgp2866_01 Imgp2869_01

【北野天神社】
約1キロほど歩くと、この辺の氏神様となっている北野天神に出ます。
この天神様は大晦日に良く親と商売繁盛の二年参りをするために来ました。
天神さまの縁起には、こんな事がかいてありました。

 当社は社伝によれば、景行天皇の御代、日本武尊が東征の折、この地にニギハヤヒ・ヤチホコの二神をまつり、物部天神・国いちき神として尊称していたという。古来武蔵国の延喜式内社入間郡五座の一に数えられていた由緒ある神社である。
 その後長徳元年(995年)菅原道真五世の孫・修成が武蔵守となって武蔵国に下向し、この地に京都の北野天満宮を祀ったので、以後北野天神と称されるようになった。
 武家の信仰も厚く、源義家・頼朝・足利尊氏・前田利家等によりしばしば社殿が造営された。現在の本殿は安永年間(1770年代)の建築である。

そういう言われがあったんですね。
境内には前田利家寄贈の桜の木や、能舞台などもあり、かなりしっかりした天神様だったんだなぁ、とあらためて感じました。

Imgp2882_01 Imgp2886_01

Imgp2885_01

【その他、周辺のようす】
鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。
鶯、カッコウ、雲雀。。。その他私には判別できない野鳥のさえずりが普通に聞こえます。贅沢ですよねー。
野草もあちこちで咲き始めています。何故か菖蒲が一本だけぽつんと野原に咲いていたりします。あと、久々、蛇も見かけました。(写真に収めてみましたが、あまりにもシズル感が高いので、掲載はやめました(∋_∈)
そして、小手指も「狭山茶」の産地で、あちこちの茶畑にお茶の新芽が見られるようになりました。生産量は少ないですが、私は子供の頃からこの狭山茶を飲んでいますので、他の地域のお茶より好みですね。八十八夜を超えて、お茶の緑が綺麗な季節です。

Imgp2865_01 Imgp2894_01

Imgp2862_01

Imgp2875_01 Imgp2887_01

Imgp2891_01

|

« 旧古河庭園 2008みどりの日 | トップページ | 江古田・哲学堂から新井薬師へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/41098185

この記事へのトラックバック一覧です: 小手指の古戦場跡と北野天神:

« 旧古河庭園 2008みどりの日 | トップページ | 江古田・哲学堂から新井薬師へ »