« ニッカウヰスキー 余市 | トップページ | ROLEX OYSTER PERPETUAL DATE »

2008.06.28

I.W.C 懐中時計

Iwc_pocketwatch001

I.W.Cの懐中時計を1本買いました。

一週間ほど前に私と同い年のロレックスを購入していますが、これも製造年がわたしと同じのバースデーI.W.C。仲間が増えました。

懐中時計は左の手首が金属アレルギーをおこし大変な事になった時に「ほしいなぁ」と感じた機械でした。

腕時計と違い、100年以上のビンテージ品が当たり前の世界。しかも、とてつもない行程と最高級のパーツ、装飾技術などを使っていることからも、未だに高級品の懐中時計。
いろいろと資料を読むほど、その奥深さに難儀していました。

ところが、とあるショップでこのI.W.Cを見つけ、取り置きしていただいていました。
実際に手に取ると、その薄さに驚きます。約10mm。もっと薄いI.W.Cもあるそうですが、私にはこれで充分感動しています。ケースの素材はステンレス鋼、厚さは47.5mmと、扱いやすい大きさです。

(写真はショップのHPに掲載されていたものから)

4492c  4492d

文字盤は白。琺瑯引きとのことです。細めい長針と短針は黒で6時の位置にあるスールセコンドはツートンの秒針。とても視認性の高い文字盤です。

初めての懐中時計の取り扱いにまごまごしていると、ショップの方が裏蓋の開け方やその他の取り扱い方など、いろいろ丁寧に教えてくださいます。安心して買えるお店だと感じることができ、ここで購入してきました。
紺色のあみ紐と裏蓋をあけるための道具、2 1/2倍のルーペをサービスでつけていただきました。

腕時計やストップウォッチと大きさの比較もしてみました。

Imgp3226

Imgp3230_02 Imgp3231

カメラ、万年筆、時計・・・
カードはそろいましたね(笑)
これで散財の危険性が高い「おとなの男の道具」は揃いました。
あとは、それに見合う人物になることだけですが、これが一番難しい。。。

|

« ニッカウヰスキー 余市 | トップページ | ROLEX OYSTER PERPETUAL DATE »

コメント

こんにちは。IWCの時計は大好きですが、さすがに懐中時計は意識したことがありませんでしたね。裏蓋から機械が見えるのは楽しそうです。

>これで散財の危険性が高い「おとなの男の道具」は
>揃いました。

いえいえ、甘いです。一丁あがりのアイテムを揃えるまでは
まだまだ財布の口は開いたままですね。たとえば、モンブランのヘミングウェイとか、パテックフィリップのカラトバとかとか。

あと、「おとなの男の道具」として鉄道模型を忘れては
なりませぬ。

投稿: tomita | 2008.06.28 20:04

tomitaさん
「おとなの男」にはまだまだなれませんかぁ(笑)
仕事でバリバリ稼げたら、万年筆と腕時計の最高峰に挑戦してみたいところですね。

とりあえず今はSSケースの腕時計&懐中時計でビジネスに挑みます~

投稿: tomizo | 2008.06.30 15:08

素敵なIWCの懐中時計ですね。ステンレスケースとのこと。重量はどれくらいありますか?

投稿: wakipon | 2009.07.30 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/41671495

この記事へのトラックバック一覧です: I.W.C 懐中時計:

« ニッカウヰスキー 余市 | トップページ | ROLEX OYSTER PERPETUAL DATE »