« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.31

八雲塗りのモンブラン149

Yagumo149_005

島根県松江にある山本漆器店さんにご依頼していた漆塗りのモンブラン149が昨日とどきました。
「趣味の文具箱Vol.5」に紹介されていた万年筆についてお問い合わせをしたところ、快く受け付けていただきました。待つこと数カ月、ついに手元に。
クリップをはずす時などはお近くの中屋万年筆さんにもご協力いただいているそうで、いろいろな人の手を経て今この手に来たことを感じます。

軸には深いえび茶に。そしてキャップは漆黒の漆をかけてもらっています。
山本さん曰く「これは『八雲塗り』という技法の漆塗りで、最初のうちはくすんでいますが、使っているうちに明るく色が澄んでくるんですよ」というご説明書きも寄せていただきました。これから更に明るく輝いてくれることでしょう。

普通のモンブラン149と比べても重量が増し、それが素晴らしいバランスとなって手に収まってくれます。漆の独特のしっとりとした質感と相まって、書き続けてもまったく疲れしらずです。
ペン先は現行品なのですが、書き味は言われているほど悪くなく、開高健モデルのような筆の感触とまではいきませんが、普段使いで気持ちよく使える万年筆でした。

漆塗りの万年筆は使わないと曇りが抜けなくなると聞いたことがあります。
この八雲塗りの149が素敵な輝きを保ち続けられるよう、毎日使っていきたいですね。

Yagumo149_001 Yagumo149_002

Yagumo149_003 Yagumo149_004

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.08.30

今日の空模様 2008年8月30日

雷雨がやまない日が続いていましたが、休日の今日、自宅でいろいろやりながら目の前に広がる空を定点観測してみました。、時間とともにめまぐるしく変わる空模様、天候。
朝から晩まで、猫の目も驚くくらいの変化でしたね。

==
5時27分。激しかった雷雨はおさまり、太陽が昇っていることが少しだけがわかります。

0808300527

==
==

10時35分。雨雲は去り、すっかり夏空です。一瞬だけ洗濯物を干します。蝉時雨が一斉にはじまりました。

0808301035

==
==
10時57分。引き続き晴れ間。しかし、南の空に積乱雲が見え始めます。

0808301057

==
==
11時16分。だいぶ青空が少なくなってきました。一見して雨雲とわかる群雲が空の大部分を占め始めます。まだ蝉時雨は続いていました。

0808301116

==
==
12時3分。空のほとんどが雨雲に覆われてしまいました。洗濯物を取り込みます。蝉時雨もやみましたね。

0808301203

==
==
12時58分。ひと雨あり。サンシャインの近くに巨大な積乱雲が見えます。
天空の城「ラピュタ」に出てくる「竜の巣」のような感じです。

0808301258

==
==
13時44分。空に青の面積が増え始めます。また蝉時雨が始まりました。刻々と空模様が変わっていきます。

0808301344

==
==
14時10分。薄曇りのような天気となり、時々日差しがあります。サンシャインの向こう側には積乱雲が行列を作って通過しています。

0808301410

==
==
14時58分。また巨大な積乱雲が発生したようです。空の面積が晴れ間より雲の部分が勝り始めます。

0808301458

==
==
15時41分。空がツートンになっています。初めて見る空です。いつ降り出してもおかしくない空模様です。

0808301541

==
==
16時1分。なんだか竜巻が発生しそうな雲行きでした。積乱雲から下に数本、線のような雲が伸びては消えを繰り返していました。

0808301601

==
==
16時23分。土砂降りです。傘を差しながらの撮影。雷鳴こそありませんが、大変な雨の勢いでした。

0808301623

==
==
17時3分。ようやく雨がやみました。幾重にも重なる雨雲。そろそろ日暮れです。

0808301703

==
==
18時11分。街の明かりが灯り始めました。少しだけ雲も薄くなったかなぁ。

0808301811

==
==
21時10分。かなり増感した感じで撮影されます。流石デジカメ。
もう一雨あった後です。煙のようにみえますが、これは北から南へ流れている雲。
風が巻いているのでしょうか。

0808302110

初めて一日中部屋から撮影してみましたが、こんなにも変化がある事に驚きです。
明日もこんな空模様なのでしょうかね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.24

はつかり醤油と鏡山のトートバック

Hatsukarisoysauce

前ピン写真となってしまいました。。
散歩撮影の途中、埼玉県川越市にある「松本醤油」さんにお邪魔して購入してきた二本の醤油とトートバックです。

「はつかり」の由来は、我が母校、川越高校がお城だった頃に別名として言われていた「初雁城」から取ったのだと思います。この近辺ではなじみの名前。うちのお醤油はたいがいここで買っています。

今回は新作の「島唐辛子醤油」も購入してみました。醤油の辛さとは違う辛みがあり、炒め物や刺身でも風味と旨味が増しますね。
小笠原の料理に「ポキ丼」というものがります。(こんなかんじ)
先日久しぶりに作ってみましたが、やはりこの島唐辛子醤油だと美味しいですね♪
島寿司などではヅケの魚を酢飯と「からし」で握るのですが、唐辛子入り醤油も同じような風味に感じましたよ。錯覚?雰囲気があれば良いんです(笑)

そして、小江戸川越の銘酒「鏡山」の銘をつけたトートバックも購入。
このサイズが絶妙で、小さめのカメラバックとして使えそうです。中敷きをどこかで買ってきましょう。

表面には「鏡山」のロゴ、裏面には「KAGAMIYAMA Episode II Since2007」と、新しいロゴタイプがあります。これは平成12年に一度酒造りを廃業した「鏡山」が平成19年に川越市仲町に復活したことを記念したロゴのようです。

わたしは日本酒が好きです。こういった美味しいお酒を造り続けてもらうためには、私も含めて左党が購入し愛飲しつづけることも大切ですよね。

かつて学生生活をおくっていた街でたくさんの元気をもらってきました。
こういう小旅行も好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.17

フィルムで撮る、ということは・・・

昨日のデミの現像と一緒にOM-4Tiに入っていたフィルムも現像に出しておきました。
レンズは ZUIKO AUTO-W 24mmF2.8。広角&コンパクトで写りも満足のレンズです。
でもね、ISO400のフィルム感度は真夏の日中には厳しかった~
ライカの倍の1/2000のシャッターっていっても、絞りを16まで絞っても、かなり露出オーバーになってしまいます。フィルムの粒状性もでますね。たとえばこんな感じ。

S28mmf28_0008

S28mmf28_0011

でもね。はまるとドキッとするような綺麗な発色をしてくれます。これはある日の朝日ですが、わたしの好きな綺麗な蒼が出ています。

S28mmf28_0019

・・・そして、フィルムカメラを使って思い出すことは「逆光は駄目だよ」というあたりまえの考え方(笑)
デジカメってかなり補正してくれるから便利ですが、フィルムはもろ逆光写真ってのも量産してくれますね。露出を無造作に考えてはいけないよ。常に光と影を感じて写真を撮ろうね。と言われているような気がしました。
私自身は露出アンダー目の写真って好きなのですが、意図しないで撮影したアンダー目(というか、逆光って意識してない駄目な写真)は現像してはじめて気が付く驚きがあります。やはりフィルムで撮ることって意識に残りますね。

近くの立教大学のキャンパス風景です。逆光写真ながらも窓枠やレンガの雰囲気が潰れずに残ってくれているところが良いレンズ&フィルムの凄さかなぁ。

S28mmf28_0033

S28mmf28_0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.16

キヤノン デミの試写

Sdemi_0005 Sdemi_0036

Sdemi_0014 Sdemi_0018

Sdemi_0026 Sdemi_0033

Sdemi_0037 Sdemi_0040

最初の一本、72枚から選抜してみました。
さすがハーフ。二枚ひと組の組み写真となってしまいました(笑)
オリンパスのペンF以来の楽しさです。

ハーフ判は普通、ファインダーが縦位置になるので、普通にカメラを構えたら縦で撮れるのが面白いです。(私は縦で取るのは好きなんですが、縦で撮るときはカメラも縦に構えてみたいんですけどね-(笑)

視線の縦横が感覚と違うことには慣れが必要だと感じています。

それから。。。このデミって写真の発色にかなりの特徴がありますね。
モノクロでも撮ったらどうかな?あんがい柔らかい感じで撮れるかもしれません。

このデミ、まだまだ楽しめそうです♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.08.15

2008年8月15日の朝

080815

8月8日の日の出の光景も良かったのですが、今朝の日の出も感動的!

今朝もたくさんのパワーをもらいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

せいぜいがんばって

首相が北京にいる選手団に激励に行った際に語った公式コメントだそうです。

年配の方にとって「せいぜい」という言葉の意味は「つとめはげむこと。力の限りを尽くすこと(by広辞苑)」ということになるそうですが。。。

副詞で受け取ると、「多く見積もっても。たかだか。」という意味合いもある「せいぜい」という言葉の語感がどう受け取られるか。 想像してもらいたいなぁ。

言葉は難しいです。

昨日は同様に「やかましい」という言葉を国民に対して使った大臣がいましたね。

どう言った?ではなく、どう伝わった?ということが大切ですよね。
人のふり見てわがふり直せ。

最近悩むことが多かった私ですが、いろいろな人の助言や励ましがあり、難局を乗り越えられそうです。感謝感謝です。
今朝から、朝の時間をウォーキングすることで有効活用する事にしました。
ぽーさんからは「ヨガ」のDVDもお借りしましたよ(笑)
少しずつ流れを良くしていきますね~

せいぜい頑張ります!(年配の方むけ「せいぜい」の活用法にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.10

BlackBerry

Blackberry

土曜日に到着したドコモのブラックベリー。
「端末」と呼んだ方がよい形状の携帯電話です。

来週から仕事内容に変化があり、社外に出ていることが多くなりそうだったので、どこでも使える仕事ツールとして、アナログ派のわたしが数年ぶりにPDAを買いました。 

しかし。。。

これなら流行の低価格ミニノートパソコンでも買った方が良かったのでは、と考えさせられる「?」な操作性です。
なんでこんなチマチマしたモノが手の大きいアングロサクソンのビジネスパーソン達に絶大な人気なんだか、使い始めて二日経ったいまでも疑問です。。。
もう少し慣れる必要がありそうでが、かなりいらいらしますよ~(笑)

それまではP905を使っていました。その前はモトローラの機種。日本製の携帯電話ってやっぱり良くできていますよね。日本市場の閉鎖性から「ガラパゴス」とまで言われているそうですが、多くの機能が入っているわりには操作性に無理が少ないきめ細かな配慮を感じますね。

携帯電話を買って、こんなにサポートダイヤルに電話をしたことは初めてです。
ドコモのブラックベリー専用サポートは何故か男性だけが応対してくれています。製品の特性でしょうかね。

今日は、P905にある電話帳データのブラックベリーへの移植方法について電話で来てみましたよ。

(1)P905にあるデータを、ドコモで配布しているデータリンクソフトに書き込む
(2)次に、住所録データだけをエクスポート(このときCSV変換しておく)
(3)ブラックベリー専用ソフトをCD-ROMからパソコンにインストール
(4)専用USBケーブルで本体とパソコンをつなぎ、(2)のCSVデータを(3)のソフトで読み込む
(5)データ同期を図る

・・・これをやれる人って、結構なギーグの人?
わたし、やっとできました。
でもね、データが見にくいんですよね。。。やはり日本のケータイに慣れた身体には、テキストがずらずらずらーっと並んでいる住所録って使いにくく感じてしまうんですよね。

はぁ。。がんばろう。うん。

いつまで使い続けていられるか、こうご期待(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

080808

080808

今朝の朝日です。末広がりの朝。
健康に感謝。素敵な毎日に感謝。そして、みんなに感謝。

おてんとうさんはみんな知っていますね(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.08.05

色デミ

Canon_demi

Canonのハーフカメラ「Demi(デミ)」です。
そしてこの子は通称「色デミ」といわれたトリコロール・カラーの限定モデルの「青」バージョンです。私の好きな色、青。探していてようやく見つかりました♪

デミのカタログスペックはこんな感じです。

・1963年2月発売
・レンズ:Canon SH 28mm F2.8  3群5枚
・シャッター:Seiko-sha L B, 1/30~1/250秒
・ビハインド式のライトバリュープログラム搭載
・ピント合わせはゾーンフォーカス式(いわゆる“目測式”)
・実像式ファインダー倍率:0.41倍、セレン光電池露出計搭載
・大きさ:115mm×68mm×37mm
・重さ :380g

社外での仕事からチョッキして、先ほど始めてフィルムを詰めました。
明日の朝から使ってみましょう。
ハーフ版は36枚撮りだと72枚撮れるからお得なんですが、どんどん撮らないと減らない⇒現像できない、というジレンマがあるので、さくっと撮りましょう。

フィルムを詰める前に空シャッターを切ってみて、そしてフィルムを詰めて巻き上げレバーを使ってみての感想ですが、これ、なめらかです。
以前使っていたオリンパスのペンFはシャッターの感触が何となく安っぽく&うすっぺらっぽくて気に入らなかったんですよね。デミはその点、すごい滑らかで「これ、違う」と感じます。期待できますね。

40年以上前のフィルムカメラでどんな写真が撮れるのか。今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.04

YOKOSUKA FriendshipDay2008

猛暑でした。たった2時間しか会場にいられなかった。。。

今年も盛りだくさんでした。

「工場萌え」の人にはこたえられない工場群とかも楽しかったですね。

Sp1010714 Sp1010718

Sp1010716 Sp1010761

護衛艦「はつゆき」(3000トン級)が停泊していました。甲板に乗って自衛官の方に記念撮影のモデルを務めていただきました。
隣は米海軍のイージス艦。7000トン級とのこと。日本のイージス艦はこれより一回り大きいのだそうです。

Sp1010739 Sp1010744

そして

楽しみはアメリカンジャンクフード。

とてもとても大きな食べ物がこれでもか!!って具合に出てきます。
鶏肉も巨大。後ろでかぶりつきをしている人がたまたま写っていますが、こんな状況です(笑)

Sp1010708

Sp1010771

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

OLYMUPS OM-4Ti

080802_om4ti

ちょうど2年前に美瑛の丘で使って以来、久々の登場です。
これを持って横須賀のネイビーフレンドシップデーにいってきます。

米軍基地は手荷物検査があり、大きなバックは持ち込めません(数年前にカメラバックを持ち込んでしまい大変苦労しました)。今回の荷物は最小限にしぼって、財布・ケータイ・定期入れとこの古いけど合理的な設計のコンパクトなフィルム一眼レフカメラを持っていくことにしました。
24mmF2.8のZUIKOレンズのみ。交換レンズなし。フィルムも36枚撮り1本のみのすっきりシンプル装備で行ってきます。
こんなとき信頼できる小型カメラってライカかOMなんですよね。手元のネガは400しかなかったので、同じ横幕でもシャッター速度が速いOMにしました。
広角24mmF2.8はコンパクトなサイズで使い勝手が良いのが魅力です。適度にボケるし、25cmまで寄れるし。

はてさてどんな写真が撮れるでしょうか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »