« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.21

Canon AE-1プログラム

Ae1_program

友人に貸し出しをしていた「キヤノンAE-1プログラム」を返却いただきました。
50mmF1.4と135mmF3.5のNewFDレンズにワインダー付き。
久しぶりに触ってみて「ああ、プラスチックの塊!」と感じます。
先日購入したNewF-1が金属の塊だったので、その差に驚かされます。
パームグリップはOM-4Tiのそれよりも握りやすく、良くできた設計だと感じます。支えやすいです。また、ワインダーは横位置でも縦位置でもホールディングの助けになり、とても便利な道具です。

この軽さが逆に取り回しの良さ、撮影の軽快さにつながるかもしれません。
ワインダーで、昔流行した「連射一眼」撮影が楽しめそうです。

135mmが案外楽しそうです。週末これも試写してみたいですね。

さて、NewFDレンズの50mmF1.4が二本となってしまいました。好きなレンズですが、どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

今朝の日の出

Sr0011030

月曜日、午前4時起床。オフィスに着いたのは朝6時20分。長い一日でした。
オフィスのブラインド越しに見る朝日はそんな長い一日を予感させるのに充分でした。

でも、朝10時過ぎまでに今日の仕事の95%は終了してしまった、そんな日(笑)

お疲れでした。また明日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分への耐久テスト

せっかく昨日は温泉の効能を堪能できたのに、

今日はしびれるほど消耗する日だった。

忍耐力を試されている日々。未来の自分のためにもこの耐久テストに耐えてみたいと思う。

夕食に瓶ビールを1本飲んだが、全く酔わない(笑)

いかん。明日もある。バイトさんの面接しないといけないんだよね。

今日の消耗品は明日に積み残さないようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

2008年 秋の榛名山

Seos7s_081019_0028

秋の一日。
群馬県榛名山へ出かけてみました。
今年の紅葉ははじまったばかりでしたが、気持ちの日差しと空気で、満足してきました。

榛名湖には温泉があります。乳白色で温度の低い温泉なので私のような烏の行水の輩でものんびり入っていられます。10年ぶりくらいかな?久しぶりに入ってきました。

思い出深い温泉で、夏からたまった疲れを癒してきました。

来週ぐらいが紅葉の見頃でしょうかね。

Seos7s_081019_0031

Seos7s_081019_0022

Sr0011026

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.18

サッポロ ラガービール

Supporo_lager

近所のコンビニで販売していました。
数量限定?よく行く焼鳥屋さんとかでは瓶ビールで普通にあるけど?
って、最近流通規模を増やしたのかな?骨太の味わいで好きなビールです。

閑話休題

長年使っていたデスクトップパソコンが突然故障してしまいました。
電源スイッチを押してもうんともすんとも言わなくなりました。。
その前の終了時に「バチッ!!」ってものすごい音がして嫌な感じが
あったのですが。。。だめですかね。

冬のボーナスで買いたいと思っていたパソコンがあるのですが、まだ発売されたばかりでとても高いんですよね。。。キヤノン5D買うよりは安いけど(笑)

仕事は今使っているノートパソコンがあるからなんとかなりますが、やっぱり長年使っていたデスクトップは使いやすかったんですよね。
ああ、こまったこまった。ビール飲んでいる場合ではないですね(;^_^A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

特製うな重(菊)を食す

081012_004

川越の老舗「いちのや」にて

うなぎを美味しく食べさせてくれる名店は全国に多々ありますが、
私はここのお店のうなぎが一番好きです♪

ざんねんながら鯉こくはメニューからなくなってしまったようですが、
かわりに今日はナマズの天ぷらも一緒にいただいてきました。
ヱビスの瓶ビールがまた美味!最高の組み合わせですね。

今日の歩数はなんと25,593歩。うな重で明日のスタミナをつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日の夜明け

081012_001

今朝も素晴らしい夜明けの光景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.11

2008年神無月 十三夜の月

Sr0010949

最近GRデジタルを見直し、街歩きの友として再登板しています。
手ぶれ防止機能は付いていませんが、だからこそ撮っていて楽しいですね。

きょうは「十三夜」。 これから秋本番ですね。

Sr0010938

Sr0010940

月光の淡い光は、気持ちまで柔らかくしてくれますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.10

2008年10月10日の朝

081010morning

夜明け前にふと目が覚めた。

今朝の朝日が見てみたいと思い、ずっと待っていた。

つい三十分ほど前までは頭上には冬の第三角形。

夜明けのこの瞬間がわたしはとても好きだ。

今日、十月十日は私にとって特別な日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

Canon EOS7s

Canoneos7s

キヤノンNewF-1を購入した日、本当はこれを買いにカメラショップをまわっていました。
赤坂で中古が出ているのを見つけて見に行ったのですが、値段のわりに程度が芳しくなく、しっくりこないのでそのまま新宿に向かいました。
そこで最後の在庫と言われている新品を見たのですが・・・同じ値段でキヤノンD40の中古が買える・・・価格ってなんなんだろう、、、と黄昏れてしまいました。
結局D40の質感にもがっかりし、5Dも触ってみたけど「うーん。こんなペコペコなボディでいいの?」と残念に思い、そして・・・CanonNewF-1を入手する、という流れでした。

で。
なんで今年ひっそりと製造中止になったEOS7sが欲しかったかと言うと、それは「視線入力AF」があることでした。
7点のAF合従ポイントを持つ7sは、目線をそちらの方向にもっていくだけで、オートフォーカスが合うという、脅威のシステムを持っていたのです。しかもUSMレンズは静かだし、フィルムの巻き上げ音も、シャッター音も静か。
これならば長年悩んでいた「ねこ」の写真も精度が上がるのでは!と大きな期待を胸に秘め、レンズ込みでコンパクトデジカメもりも安価な値段となった中古の7sを日曜日、バスにゆられて中野で購入してきました。

さあ、早速「ねこ」に挑戦です!

081005_0002

・・・うーん。顔よりもしっぽにピントが来てしまった。。。
目線をあわせるのが怖いと思った一瞬の隙でこのような写真に。。。
デジカメの顔認識は動物には効果なしでしたよね?もっか動物写真ならこの視線入力AFが一番よいのでは、と感じてシャッターを切っています。

他の風景写真もそこそこの綺麗さで撮れています。これなら普段使いができそう。

081005_0020 081005_0023

キヤノンのオートフォーカス一眼レフははじめて使ってみましたが、事前に感じていた違和感もすぐに解消しました。
軽くて機動力のあるフィルムカメラです。F6はとても素晴らしいカメラなんですが、スナップというより気合いを入れた「撮影」の時にこそ能力を最大限に発揮してくれます。
EOS7sはお手軽一眼レフとして、街歩きの時にとても使い勝手がよさそうです。

また今週末にでもどこか撮りに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

Canon NewF-1

Canon NewF-1

キヤノンが1981年9月に発売したフラッグシップカメラ。
わたしは以前、「F-1」を持っていましたが、感触が合わなくて数本撮影しただけで、何かのカメラを買うときの下取りに出してしまったことがあります。

今回はF-1の後継機種である「NewF-1」いろいろなところが変わっています。
キヤノンのホームページにはこんな写真で紹介されています。

1981_newf1fromcanonhp

カメラらしい形をしていますよね。
昨日、使い心地の良いNewF-1を見つけ、購入してみました。
それが、これ。

Newf1_001

Newf1_002

・・・報道の現場で酷使されていたのか、ものすごい使い込まれ方をしています。
貫禄、というよりこれはもう骨董でいう「景色」ですね。

ほとんどの角はすり切れ、地金のジンクロや鉄の部分が露出しています。
裏蓋は顔の塩分でなのか、地金が錆びています。。。アタリもあちこちにあり、
初めてみたときには「きったねー。なにこれ?」と思いました。

これ、外観がこのような状況なので、破格に安いプライスタグがついていました。
出してもらって見てみると、巻き戻しクランク部分だけは新品同様のようでピカピカです。
どうやら既に一度交換している様子。相当な本数を撮影した結果なのでしょうね。

巻き上げ問題なし。シャッターも全速切れる様子。露出計作動確認。ミラー&ファインダー問題なし。フィルム圧板問題なし。フィルムガード問題なし。。。

何度かシャッターを切っているうちに、フィーリングに違和感がないことを感じます。
本当は他のカメラを探していたはずなのですが・・・

28ミリと50ミリのFDレンズと一緒に購入しました。うちにまた、キヤノンのフィルム一眼レフが戻ってきました。
28ミリは旧型のシングルコーティングのFDレンズ、50ミリはニューFDレンズ。装着方法がそれぞれ違っています。AEファインダーではないので、旧式のFDレンズでも問題なし。

早速都庁周辺で試写してみましたが、まずまずの写りです。
カメラのバランスもよく、よく見えるファインダーと切れ味のよいシャッターはやはり「撮ったよ!」という気分にさせてくれます。極めて満足度の高い瞬間。

Newf1_081004_0009

Newf1_081004_0017

Canon NewF-1 + FD28mmF2.8 S.C.(Kodak BW400CN)



構図を自分で決めて、光を読みながら露出とシャッター速度を考え、ピントリングを絞り込みながら傑作を期待してシャッターを切る。マニュアル一眼レフならではのこの一連の流れが楽しいですね。

秋の光は柔らかいので、今度はカラーで撮影してみましょう。楽しみなカメラがまた増えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.04

ひさびさのズマロン

1004leicam4summaron35mmf28_0010

1004leicam4summaron35mmf28_0014

1004leicam4summaron35mmf28_0034

LeicaM4+summaron35mmF2.8(L) AGFA VISTA400

春先から使い切っていなかったアグファの400をようやく現像できました。
山梨県のとある古刹では雨降りでしたが、しっとりとした質感で上がってきました。
三枚目は明治記念館の中庭にて撮影。コニカミノルタのフィルムスキャナーは時々取り込みをするときに粒状感が残るのだけど、今回は特に強かったようです。フィルムの管理も悪かったからかなぁ、と少し反省しています。

単体露出計を左手に持ち、右手にはズマロンのついたM4。この撮影スタイルも久しぶりでした。今日は取り始めがぎこちなかったのですが、数枚取ると感覚が戻りますね。
光を感じながら露出とシャッタースピードを計算し、ピントをあわせてパチリ。
久しぶりに楽しい撮影でした。

デジカメって便利なんですけど、やっぱりなんだか頼りない存在なんですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »