« そして、春霞の中の朝日 | トップページ | モバイルWiMAX 接続試験 »

2009.03.14

気分はすっかり「デューク東郷」 GOLGO13 M16A2 CUSTOM

56513a2_000

アルミケースを開けた瞬間に、そのずっしりとした存在感が目に飛び込んできました。

数十年ぶりにモデルガン(エアガン)なんてものを購入してしまいました。
今年の1月20日に書いた日記の正体はこれです。

ゴルゴ13 40周年記念 限定商品
M16A2カスタム(東京マルイ製)

紹介サイトはこちら。以下、画像を3枚引用させていただきます。

M16customa2_001

M16customa2_002

(東京マルイのサイトでの紹介文より引用)

超A級スナイパー=デューク東郷。またの名を「ゴルゴ13」!!
依頼成功率100%の男が愛用する銃こそ、「M16A2ゴルゴカスタム」である。
ゴルゴ13が今まで使用していた「M16A1」の改良型として、武器商人・ベリンガーが、8年間もかけて探し出したバレルを搭載し、ゴルゴ13専用に製作した銃「M16A2ゴルゴカスタム」!!
※第308話「傑作・アサルトライフル」参照

今回、さいとう・プロダクション、株式会社リイド社、東京マルイの夢のコラボレーションにより、ついにその銃を、電動エアガンで発売することとなりました。
ブラック仕上げのアルミGUNケースに収められた銃は、劇中の銃の雰囲気を醸し出し、手にした瞬間から、その高い剛性と質感により、いやおう無しにその世界に入り込めます。

はい。ゴルゴ13好きの私としては、この限定品購入に一日躊躇したのですが。。。結局購入ボタンを押してしまいました。

重さ約3,740グラム。長さは約1メートル。ゴルゴ13の作品中に出てきたものをイメージさせるオールブラックでの仕上げがされています。
通常M16にはスコープは無いのですが、これには3倍から9倍までの倍率を誇る40ミリズーム付きのスコープがついています。
さらに、スコープマウントやチークピース(銃床にある顎あて)もオリジナル。
そして、それが専用のアルミケースに入って届きました。

M16customa2_003

朝、まだ雨風の強い時間帯にヤマト運輸のおにいさんはこの5キロ以上はある荷物を届けてくれました。感謝です。

発売日は2009年3月13日(金)と、ゴルゴ13好きの心をくすぐる日にちにしてくれています。途中、価格が劇的に値上がりし、とてつもない高額商品になってしまいましたが、このような商品は二度と発売されないだろう、と踏んで思い切って購入したことを良かったんだ、と納得させようとしています。
そうそう、エアガン機能は使わないので、バッテリーなどは買っていません(笑)

開封までの様子をこちらに。

56513a2_001

56513a2_002

56513a2_003

うーん。すごいパッケージングです。
質感は最高品質。ずっしりとした重さとひんやりとした質感が存在感を感じさせてくれます。

ちなみに、このスコープを最高倍率で覗いてみたところ、遙か先にある池袋のサンシャイン60屋上のアンテナが一本一本、手に取るように見えました。うちから何キロ離れているんだろう?

一応このエアガンは「競技専用エアソフトガン 対象年齢18才以上」となっていました。
エアピストル(ライフル)のオリンピック代表を今から狙ってみたくなります(笑)

クリックから約2カ月。今年初の衝動買いの顛末でした。

|

« そして、春霞の中の朝日 | トップページ | モバイルWiMAX 接続試験 »

コメント

おおおおお!!!!
すばらしいじゃないですか♪
いいなぁ。さぞ、ずっしりとするでしょうね^^

煌々と輝く池袋のビル群を見下ろす見通しのいいベランダに立つ。
目指すビルの13階、ターゲットXを確認する。
サイレンサーから、しゅっ!
「また、つまらぬものをうってしまった・・・」

あ。石川五右衛門になっちゃった(笑)
失礼しましたw

投稿: ぽー | 2009.03.14 21:58

いよいよ、明らかになりましたね。個人的には良さがよくわからないのですが、なんか、凄いですねぇ。
妻が「絶対、二枚目の写真のようにスーツを着て、イラストと同じ姿勢を試してるわよ」と言ってました。笑えますが、多分、こっそりやってますよね。是非、顔はぼかしてよいので、ブログにアップしてください。楽しみにしてます!!

投稿: tommy | 2009.03.15 08:34

うわ。これはすごい。
これはすごいぞ。

ぜひ、会社で魑魅魍魎を見つけたら
狙撃してください。
お願いします。

投稿: hucco | 2009.03.15 13:09

>ぽーさん
40周年記念の限定品ですよ。
限定品はさすがのクオリティです。二日目になってようやく全体をじっくり眺める余裕がでました。
やっぱりスコープの性能に惹かれます!
4キロ弱のエアガン。普段使っているカメラが1/4位の重さなので、軽く感じる位です(笑)

投稿: tomizo | 2009.03.15 17:25

>tommyさん
研修でカミングアウトしなくてごめんなさい。
これだったんですよ。お馬鹿でしょう?(笑)
奥様にもよろしくお伝え下さい。
これ、支えるだけでもとてつもない体力を必要とします。
東郷氏はこれを難なく扱っていたようですが、やはり筋肉と持久力、そしてエイミング時の瞬発力が必要ですね。
高倍率のスコープをのぞくと、昔やっていたアーチェリー競技を思い出します。あれは最長90メートルですが、デューク東郷の最長狙撃距離はたしか2キロだったなか?あはは。すごいですね。

投稿: tomizo | 2009.03.15 17:28

>huccoさん
これ、実弾もBB弾も打てない、ただの模型ライフルですから(笑)
でもね、魑魅魍魎用に心の引き金を引く際には、このM16の質感を感じながらやろうと決めています!

それにしても、こんなおもちゃでもヘイコラ言っているわたしは、あらためてスナイパーって職業は超人的だ、と感じた次第です。

投稿: tomizo | 2009.03.15 17:31

こんにちは。

4キロかぁ。本当に重そうだし、持ち運びだけでも体力使いそう。ただ、この手のギミック(もうギミックとは言えない?!)にお金を使う気持ちはよく判ります。男はいつまでも子供ですね、全く。

投稿: tommy | 2009.03.15 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/44343076

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はすっかり「デューク東郷」 GOLGO13 M16A2 CUSTOM:

« そして、春霞の中の朝日 | トップページ | モバイルWiMAX 接続試験 »