« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.27

鳩山会館

R0011782

R0011764

シルバーウィーク中の写真ですが、音羽の鳩山会館へ徒歩で行ってみました。
約5キロ。歩ける距離です(笑)

首相就任から都内でも有数の観光名所となっている鳩山会館。
この日も黒山の人だかりでした。

やはり鳩のモチーフが多いですね。外観内装ともそこかしこに「鳩」をあしらった彫刻やレリーフがあります。ステンドグラスにも鳩がいました。

中庭はとても気持ちの良いスペースですね。サンルームからでられる構造で
日差しがたっぷりと入りとても伸びやかな印象でした。

良い生活環境とはいろいろな所に影響が及ぶものなのですね。

また紅葉のころ、行ってみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.15

払暁

P1030622

またこの季節がやってきました。
東雲の空とはよく言ったものです。

今日もがんばろう!と元気になれる夜明けです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.13

ちいさい鯛焼きと鰻丼のある週末

Img_0167

P1030633

ピントは甘いですが、味は美味いものでした♪

週末はこのほか、旬の食材をたくさんいただきましたよ。

夏から秋へ、確実に季節は移り変わっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.12

帝国ホテル パークサイドダイナーにて

P1030620

P1030621

仕事の後に立ち寄った帝国のパークサイドダイナー
この日はハワイアンフェアで人気だった「ロコモコ」をいただきました(写真上)。

三日月型に成形されたライスに角切りステーキ肉。その上にはフリットのポーチドエッグがあしらわれています。高カロリー(笑)メニューですが、とても上品に仕上げられています。

デザートもいただき、大満足の時間。
仕事の仲間と過ごした時間でしたが、やはり場所で話の内容の盛り上がりも違ってきますよね。この日は大企業から起業した事業が軌道に乗った仲間の熱い想いをお聞きすることになりました。うん、夢を持つことは大切なことです。

至福の時間を過ごして帰宅。このような時は明日の活力につながりますね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.06

煮込みの名店 大森 蔦八(つたや)

P1030612

土曜日に休日出勤で企画書やら提案書やら残務の処理やらをしていたら、いつの間にか18時を超えてしまいました。
今日もおつかれさま。帰ろうか、と思ったのですが、ふと木曜日に仲間と行った煮込みのお店にまた顔を出してみたくなり、一人で縄のれんをくぐりました。

大森銀座の入り口付近にある名店「蔦八」さんです。
土曜日も営業していてくれました。

ご夫婦で切り盛りされているお店。コの字型のカウンターに座って食べてみたかった(先日はテーブル席だったので)のですよ。はい。

目的はこれ。名物の煮卵入り煮込みです!

P1030613


P1030614

煮たまご有/無で50円の価格差ですが、ぜひ煮卵入りを選んでください!味が染みています!!
絶品です。

白板にはその日のオススメメニューが紹介されています。
今日はかぼちゃのそぼろ煮を選んでみました。かぼちゃがほくほくで甘く、美味しい一皿でしたよ。

P1030615


日本酒は熱燗にしてもらいました。静岡の「高砂」をこちらではいただけます。
熱燗と一緒に豆腐の煮込みをいただきました。
煮込みの汁をかけてくれるんですよ♪ これまた絶品でした。

P1030617

P1030616

休日出勤が楽しくなるお店をみつけました♪
来週もがんばって仕事しようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.05

長野でお蕎麦三昧

折角お蕎麦の美味しい土地に行ったのだから、蕎麦っ喰いとしては是非長野の美味しい日本蕎麦を食べたいと思い、今回の旅では二件のお蕎麦屋さんで美味しいお蕎麦をいただいてきました。

<蓼科そば 「メルヘン」の天ざるそば>

P1030550

店名に間違いはありません(笑)
茅野市北山蓼科中央高原の街道沿いにある日本蕎麦屋さんです。
お店の構えはこんな感じ。

P1030553

どうみても普通の日本家屋で、「庵」という名前が似合いそうな店構えですが、店名は「メルヘン」です。高原のお店だからでしょうかね。

お蕎麦はとても香りが良く、またかえしも良い風味で美味しくいただけました。
天ぷらは(私の好みですが)もう少し揚げたて感があっても良いかな、と感じましたが、季節感がある食材を使ってましたね。蕎麦をすする器が正方形の漆器だったのですが、私は普通にそばじょこが好きだったので、ここだけ残念な感じがしてしまいました(枝葉末節ですね。でも蕎麦の雰囲気って総合力だったりするのでー)。

<清里 田舎そば 米村の天ざるせいろ>

P1030589

小海線清里駅ちかくにあるお蕎麦屋さんです。小淵沢に住んでいる先輩に教えていただきました。場所はわりとすぐにわかりましたよ。
お昼よりかなり前の時間にうかがったため、その日最初のお客さんだったみたいです。オススメとのことで天ざるせいろをいただきました。

お蕎麦の喉ごしは先ほどのメルヘンさんよりこちらの米村さんのほうが私には好みでした。するする入るタイプより、少し存在感のある喉ごしの方が好きなんですよね。
蕎麦はこちらも良いそばの香りがたおやかに香る、良い風味でした。
天ぷらの揚げ具合も好ましかったです。他のお客との順番やりとりが無かったからかな?と思っています。食べながら店内を見回してみると「ふくろう」の小物が多く置いてあることに気づきました。森の番人であり、知恵の神様ですよね。なんだかこちらの店内の方が「メルヘン」という名前にふさわしく感じてしまいました(笑)

他にもたくさん美味しいお店があるのでしょうけど、今回は残念ながら地図やガイド本を持たない旅だったので、いきあたりばったりに近い出会いでお蕎麦をいただいてきました。
計画性を持った旅を次回はしてみます。

旅先で食べる食事は良いですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »