« OLYMPUS OM-4Tiで撮る2009年夏 | トップページ | 煮込みの名店 大森 蔦八(つたや) »

2009.09.05

長野でお蕎麦三昧

折角お蕎麦の美味しい土地に行ったのだから、蕎麦っ喰いとしては是非長野の美味しい日本蕎麦を食べたいと思い、今回の旅では二件のお蕎麦屋さんで美味しいお蕎麦をいただいてきました。

<蓼科そば 「メルヘン」の天ざるそば>

P1030550

店名に間違いはありません(笑)
茅野市北山蓼科中央高原の街道沿いにある日本蕎麦屋さんです。
お店の構えはこんな感じ。

P1030553

どうみても普通の日本家屋で、「庵」という名前が似合いそうな店構えですが、店名は「メルヘン」です。高原のお店だからでしょうかね。

お蕎麦はとても香りが良く、またかえしも良い風味で美味しくいただけました。
天ぷらは(私の好みですが)もう少し揚げたて感があっても良いかな、と感じましたが、季節感がある食材を使ってましたね。蕎麦をすする器が正方形の漆器だったのですが、私は普通にそばじょこが好きだったので、ここだけ残念な感じがしてしまいました(枝葉末節ですね。でも蕎麦の雰囲気って総合力だったりするのでー)。

<清里 田舎そば 米村の天ざるせいろ>

P1030589

小海線清里駅ちかくにあるお蕎麦屋さんです。小淵沢に住んでいる先輩に教えていただきました。場所はわりとすぐにわかりましたよ。
お昼よりかなり前の時間にうかがったため、その日最初のお客さんだったみたいです。オススメとのことで天ざるせいろをいただきました。

お蕎麦の喉ごしは先ほどのメルヘンさんよりこちらの米村さんのほうが私には好みでした。するする入るタイプより、少し存在感のある喉ごしの方が好きなんですよね。
蕎麦はこちらも良いそばの香りがたおやかに香る、良い風味でした。
天ぷらの揚げ具合も好ましかったです。他のお客との順番やりとりが無かったからかな?と思っています。食べながら店内を見回してみると「ふくろう」の小物が多く置いてあることに気づきました。森の番人であり、知恵の神様ですよね。なんだかこちらの店内の方が「メルヘン」という名前にふさわしく感じてしまいました(笑)

他にもたくさん美味しいお店があるのでしょうけど、今回は残念ながら地図やガイド本を持たない旅だったので、いきあたりばったりに近い出会いでお蕎麦をいただいてきました。
計画性を持った旅を次回はしてみます。

旅先で食べる食事は良いですね〜

|

« OLYMPUS OM-4Tiで撮る2009年夏 | トップページ | 煮込みの名店 大森 蔦八(つたや) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/46137079

この記事へのトラックバック一覧です: 長野でお蕎麦三昧:

« OLYMPUS OM-4Tiで撮る2009年夏 | トップページ | 煮込みの名店 大森 蔦八(つたや) »