« 復活「チキンタツタ」 | トップページ | 箱根 富士屋ホテル その1 »

2009.12.27

銅製の茶筒を購入

Dsc_2254

最近、コーヒー党紅茶党から日本茶党への政権交代があり、鉄瓶で涌かしたお湯を適温に冷ましながら、美味しい日本茶をいただいています。

実家に帰った時に立ち寄った金物屋さんで、この銅の茶筒をゲット。
ここはかつて銅製の卵焼き器を購入したお店。何かと銅製台所用品に縁のあるお店です。

もともと、こちらの茶筒を当時一緒に仕事をしていた派遣社員の方と「いいねー」と話していたのがきっかけの銅製茶筒。
街を歩くたびに金物屋さんがあるとのぞき込み、お茶屋さんを見ながら「うーん、ちがうなぁあ」と思いつつ、気づけば2年くらいぽつぽつと探していました。

で、今日、結局実家近くの金物屋さんにあったこの茶筒を購入。銘は入っていません。茶葉を入れてみたところ、サイズは120グラム用の様子。

銅製の茶筒は「手擦れ」で風合いが増すそうです。私が買ったこの子は槌目模様が綺麗です。機械成型でしょうけど、持った感じがずっしりしていて、心地よいですね。

ゆっくり日本茶を楽しむ道具として、これから育てていきましょう。

|

« 復活「チキンタツタ」 | トップページ | 箱根 富士屋ホテル その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/47129279

この記事へのトラックバック一覧です: 銅製の茶筒を購入:

« 復活「チキンタツタ」 | トップページ | 箱根 富士屋ホテル その1 »