« 京都の夜景 | トップページ | GF670 Professional で撮る日光 2010睦月 »

2010.02.13

GF670 Professional で撮る京都 2010如月

雪の中、京都の旅で撮影したフィルムの現像上がりをピックアップしてきました。

120のポジが7本、35ミリがポジ6本ネガ1本。我ながら随分撮りました。

中判はフジGF670のみ。ハッセルブラッドは今回お留守番。フジノンレンズの素晴らしさを感じる旅でした。フィルムは全てベルビア100F。

やはりデジタルとは全然違う質感と奥行きがそこにはありました。
現像上がりはいつもそうですが、やっぱり旅にはフィルムですね。

Dh000001


Dh000002


Dh000003


Dh000004


Dh000005


Dh000013


Dh000014


Dh000015


Dh000016


Dh000017


Dh000018


Dh000019


Dh000020


Dh000021


Dh000022


Dh000023

|

« 京都の夜景 | トップページ | GF670 Professional で撮る日光 2010睦月 »

コメント

なるほど。デジカメとの差、ありますね。
やわらかい時間を感じますね。
キレが悪いって話ではなく、ちゃんと的確にとらえているけど、
非常に質感がいいなぁと。
木、空気、雪、などそれぞれの持つ、優しさみたいなもの、というのでしょうか。

なるほどーーーーー。

そうかーー。
アナログって素敵ですな^^

投稿: ぽー | 2010.02.13 22:45

>ぽーさん
コメントありがとうございました。

フィルムで撮っていると、その場所の「空気」感をお借りできるような気がしていまして。
なんだか、手触りを感じています。って、
あまり論理的ではないですよね(笑)

もう少しアップできそうですので、また見てやってください〜

投稿: tomizo | 2010.02.14 07:26

金閣の写真、2/6のエントリーと比べると、デジタルとの違いがはっきりわかりますねー。
精細感がありながら、どこか曖昧さもあるような感じが、アナログっぽさでしょうか。
今回の写真の方が好みです。

投稿: 230 | 2010.02.15 09:26

>230さん
こんにちはー。
金閣寺ですが、フィルムだとさらに「プラモデル」っぽい立体感がありますよね(笑)
やっぱり私はのんびりアナログで良いです。

投稿: tomizo | 2010.02.15 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/47556682

この記事へのトラックバック一覧です: GF670 Professional で撮る京都 2010如月:

« 京都の夜景 | トップページ | GF670 Professional で撮る日光 2010睦月 »