« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.28

新書「自転車三昧」を購入

51psmxilbxl_ss500_

転勤する友人の壮行会が有った土曜日、待ち合わせの駅に早く到着してしまった私が時間つぶしに入った街の本屋さんで見つけた新書がこれ。

NHK出版 生活人新書 「自転車三昧」

筆者はあの、高千穂 遥さん。
そう、「クラッシャー・ジョウ」や「ダーティ・ペア」シリーズの作者、SF作家の高千穂 遙さんです。中高時代、全巻を何度も読みましたっけ!

あとがきの筆者紹介によると、高千穂さんが自転車関連の書籍を出したのはこれが3冊目とのこと。50歳の時に自転車生活をはじめた高千穂さんが、その楽しい毎日を書いた「自転車で痩せた人」、漫画家、一本木蛮さんに自転車に乗る楽しさを教えている共著「じてんしゃ日記」に次ぐ第三弾。

前書きも良かったのですが、素敵なのが第1章「ママチャリ生活」。

いやぁ。ロードバイクメインの高千穂さんの、普段の生活自転車は「ママチャリ」なんだそうです。日本の道路事情や自転車環境を考慮してのお話が説得力あって、うんうんとうなずいてしまいました。その後、「ポタリング生活」「ロードバイク生活」などの章に続きます。

この本と、やはり先日読んだパパイヤ鈴木さんの「デブでした」には、共通項がありました。それは、「思想」と「目的」との違い。「目的」とは、達成してしまえばそこで終わり。次の目標を持っていないと燃え尽きてしまったり、すぐさまそれまでの環境に戻ってしまうことだ、と。一方「思想」は「生活」「人生」と同じ意味合いで語られており、いつまでも終わりがない状態。好きで、良いと感じている状態を表している、と。
うーん。深い。

お二人が共通でお話されていた状態は「楽しむこと」「楽しいこと」
素敵な境地だと感じました。

そして。。この本の素晴らしさは、日本の自転車がおかれている環境がわかりやすく紹介されていること。

道路交通法、地方行政などの不備、自転車の乗る際の被害者・加害者としての自分など、生活者の視点から書かれていることが斬新でした。

たしかに私自身、中途半端にママチャリで公道を走っているといろいろな怖さや危なさ、いい加減さを感じました。

でも実際、自分が自転車に乗ることが好きになって、実際に使ってみて初めて感じたことが今回沢山あります。バイクや車で国内あちこちをツーリングや車中泊旅などをしていた私ですが、自転車には確かに「邪魔者」という印象で対応していたのは嘘偽りない感情でした。自転車用に整備された道路左端をバイクで走っていたりなど、その例ですね。

逆に、自転車に乗っている人も「交通ルール」を守っていないシーンに良く遭遇します。
横断歩道を自転車に乗ったまま渡っていたり、道路右側を走行する、無灯火で突っ走ってくる、傘をさして、ヘッドフォンかけたまま、ケータイかけながら、酔っぱらって、などの状態で自転車を漕いでいる人たちなどなど。。

高千穂さんのこの本は、そのあたりの事を、実例をまじえてわかりやすい言葉で紹介してくれています。いろいろ考えさせられました。

楽しむために乗る自転車。そのためには、いろいろな事に対しての意識が必要なのですね。まじめに考える良いきっかけの本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.21

加藤製作所のセルロイド万年筆

Dsc_2401

おそらく、日本で唯一の「セルロイド万年筆」作者であった「カトウセイサクショカンパニー」代表の加藤清さんが1月にお亡くなりになった、との連絡を知人からメールでいただきました。

いつもオーダーに挑戦してみは「在庫払底につき、次回入荷見込み未定」ということをくりかえし、ついに生前は手に取ることが出来なかった加藤さんのセルロイド万年筆。

同じ知人から大坂と東京で「作品展」を開催される方がいると教えていただき、先日東京で開催された作品展に伺ってきました。

その際、2本のセルロイド万年筆を幸運にも入手することができました。
それが写真の「象牙」と「べっ甲」です。

ともに鉄ペン。普段はほとんど私は使わないペン先ですが、加藤さんのセルロイド万年筆には鉄ペンの方が似合う印象もあり、あまりこだわりませんでした。それよりもセルロイドの軸。独特のぬめり感と柔らかさがあります。加藤さんの手作りの温もりを感じさせてくれる、そんな万年筆でした。

<象牙>
その名の通りアイボリー・ホワイトのセルロイド万年筆です。
クリップは加藤製作所の普及タイプのもの。コンバーターが付属していましたが、珍しいラバーバータイプのものでした。リング部分に若干のサビがあり、キャップに軽いクラックがありますが、筆記時の支障はなさそうです。
アイボリー・ホワイトの醸し出す雰囲気が思いのほか上品で柔らかい印象を与えてくれます。

Dsc_2402

<べっ甲>
こちらもセルロイドならではの模様を出しているべっ甲柄の万年筆です。
ボールペンが沢山あったのですが、その山の中に1本だけありました。
首軸がきつめでしたが、「セルロイドは使わないと収縮してくるのですが、使い出すとまた動きがよくなりますよ」と教えていただき、日常使いをしようと決意。
べっ甲柄って子どもの頃、九州の父の実家ではよく見ましたが、最近は見ていませんでした。自然な柄の入り具合が絶妙です。

Dsc_2403

自宅に戻り、コンバーターを装着して早速試し書きしてみます。
うん、どちらも書き味良好です!細字の鉄ペンですが妙なかりかり感も無く、すーっと書けます。軸のサイズも細身ですがバランスが良くて、普段使いには良好ですね。

いろいろな経緯を経て手元に来た加藤さんのセルロイド万年筆。大切に使っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.20

彩湖・道満グリーンパーク周辺をポタリング

Dsc_2399

三連休初日はお台場で仕事だったのだけど、少し早起きして荒川の調整池、彩湖・道満グリーンパーク周辺をお弁当持って走ってきました。

自宅から荒川・戸田橋まで30分かからない時間で到着。自転車に大分慣れたようで、10キロくらいなら苦もなく移動できるようになりました。
初の自転車ヘルメット走行も快調でした〜

今日の荒川土手はお天気で温かく気持ちよく、雲雀も元気に鳴いていました。スイスイと漕ぎながら笹目橋を超え、秋ヶ瀬橋まで到着。ここで荒川と横断します。

「さくら草公園」という小さい公園が良かった。国の特別天然記念物のサクラソウが自生している場所なんだそうで、小さく可憐な花がもうまもなく咲きそうでした。

彩湖周辺は自転車やランナーが走りやすく整備されています。お天気にさそわれてペダルも軽いですね。

ひとまわり回って戸田橋へ戻ります。

このあたりから風が急に強くなってきていて・・・帰り道は正直ヒイヒイでした!
一番かるいギアでも向かい風で前に進めず。。。最後は右膝に痛みが・・・
というわけで、今、右膝の調子が悪い状況です。階段の上り下りがうまくできない。
湿布して様子を見てみます。

前回紹介した「肥満自転車」にもかいてありますが、肥満者は腰や膝に故障を抱えているものでして、私の場合は左膝に古傷があるのですが、今回は逆の右膝。さてさて、大丈夫でしょうか。

というわけですが、この二週間週末は仕事でつぶれてしまっていたので、久しぶりのポタリング。楽しかったです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.15

書籍「肥満自転車」を購入

Img01

自転車好きで過去肥満体だったドクターが書いた自転車ガイドの書籍です。
体重100キロ超の医師が実体験をもとに編み出した自転車乗り用ノウハウが満載でした。

この本、サドルを買いに御徒町にでたとき、とあるスポーツ自転車専門店の書籍コーナーで見つけました。

プロローグからグイグイ引き込まれます。
〜一部引用〜
肥満者の運動指導は、通常肥満していないトレーナーによって行われる。肥満者特有の事情は、経験しなければ想像もできないし、なかなか理解できない。(中略)
肥満者には、肥満であることの事情を理解した運動指導が必要だ。膝を守り、排熱と補給にも配慮しなければならない。

この時点で「そう!そのとおり!」と膝を打ちます。

そして第1章。素晴らしいタイトルです。
「第1章 肥満者の運動の問題点」(!!!)

リード文が素晴らしい。
>肥満者を走らせてはいけない
>むやみに歩かせてもいけない

この章で、肥満者特有の歩行の癖、排熱問題、水泳をなぜしたがらないのかなどなど、体験者(実際の肥満経験者)でなければわからない数々の問題提起がされています。
そして、そんな肥満者向けの運動器具としての「自転車」をあげています。

第1章の注目文章はこちら。
(一部抜粋)
ある程度の肥満者は、既に膝や足首にトラブルを抱えている事が多い。軽いジョギングですら危険な運動であると認識できているトレーナーも少ない。ルームランナーにせよ同じ。「ウォーキング」でも肥満の程度によっては結果的に膝や足首を破壊したり腰痛を引き起こして運動の継続を困難にしてしまう可能性が高い。

私は幸いにして膝も足首も肥満であることが起因したトラブルは無いのですが(膝はバイクの事故の後遺症、腰はテニス部時代の怪我の影響があり、冬場は厳しいのですが、これはまだ痩せていたときに煩った怪我なので)、身につまされる内容でした。

第2章以降も、筆者の実体験を踏まえた肥満者向け自転車ライフの楽しみ方が綴られています。

スポーツ器具としての自転車の効能と選び方、自転車のある生活の楽しみ方と危険回避法など、含蓄に富んだ内容です。

実践的であり、それでいて説得力もユーモアも、夢も憧れもあり、楽しい本です!

影響されやすい私は、肥満者が乗るにふさわしい自転車への憧れが向上してきています。これから自転車が気持ちよい季節。ますまずこのモードが高まりそうで怖い(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.03.14

エネループブースター

P1040910

P1040911
iPhoneを自転車のサイクルコンピュータとして活用するための必需品。
エネループブースターを今日はじめて箱から出しました。

出力専用品。これ単体での充電機能は無いため、エネループ専用の充電器も買いました。

GPSを使うとバッテリーの消耗がはげしく、20キロを持たないことがわかったのがきっかけ。外部電源として使い勝手が良いものを探していました。ソーラー充電器という選択肢もありましたが、安定した電源供給ということを優先して、こちらを買いました。

ちょっと風邪気味で息が辛いので自転車での試しは次の休みに持ち越し。

どれくらい便利なのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.13

♪薔薇が咲いた

Dsc_2395

この冬の異常な気温上下の影響か、蕾をつけたまま3週間ちかく開かなかった薔薇が今朝、パァッと開いていました!
この黄薔薇は3回目の開花。蕾はあと2つあります。

黄色い薔薇の花言葉は「嫉妬」だそうです(笑)
わたしの父が黄色を好んだのは、ジェラシーとは無縁だ思いますが、黄色という色は不思議と元気をもらえます。

赤のミニ薔薇も蕾を沢山つけてくれています。春が近いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.09

ハワイアンバーガーを食す昼下がり

P1040837

お昼にマクドナルド。

話題のハワイアンバーガーに挑戦!

ロコモコは好きだけど、これは「バーガー」でした(笑)
味、濃いです。テキサスのほうが良かったなぁ。(ニューヨークは機会が無く食べていません!)

ロッテリアの新型エビバーガーも好調のようですね♪

<食>
ロッテリアの新「エビバーガー」が品薄状態!通常販売は4月1日予定

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.06

BELL Furio

Bell_furio

新宿の「スポーツサイクル専門店」で自転車用のヘルメットを買ってきました。
いやー。専門店って凄いですね。自転車とパーツだけでこんなに品揃えがあって、それを物色している人もまた多くて。。。いろいろな世界が世の中にはあるものです。

このお店、入り口にスリッパが置いてあります。なぜ?と思ったのですが、そう、なんと、ペダルと靴の裏を固定する「ビンディング・シューズ」で来店するお客さん向けなんですね。。。
専門店ならではです。

P1040904

P1040906

天井から高価なロードバイクがつり下げられています。サドルも高級サドルはガラスケースの中に・・・いやー、凄い世界です。

で、ヘルメットです。


かなりの数のヘルメットがありました。
正直、どのくらいの価格帯のものが良いのかもわかりません。

ロード用のヘルメットというものはどれも「穴の開いたきのこ」みたいなデザインです。
どれも同じような印象。初めて買う今回は「なんとなく、これがいいや」という印象に残ったものから選んでました。

何種類かをとっかえひっかえあててみて、選んだのが「BELL」という海外メーカーの「Furio」というモデル。後で調べてみたら2009年モデルで、今年2010年は廃盤になるものだったそうです。

Furioのヘルメットに空いている穴の数は20箇所だそうです。走行中の風通しは良さそう。
サイズの調整も片手でできるので、ぴったりとフィットさせられます。
お店での紹介文章では「サイズも小さめに見えるのが人気の秘訣」と書いてあります。あはは。あたまの大きな私向きですね♪

カラーリングはいろいろあったのですが、安全面を考慮して「赤」を入れたく、今回選んだカラーリングのものにしました。

Bellfurio02

ママチャリもどきでヘルメットもどうよ?と思われるかもしれませんが、車道を走る際はヘルメットは必需品だと感じます。服装はカジュアルでもこれだけは自転車乗るときのマナーだと思い買いました。次回走るときからきちんとかぶって走ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.03

柚子屋旅館

Dh000002

ちょうど一カ月前、京都八坂神社のとなりにある「柚子屋旅館」さんに宿泊しました。
一月経った今日、帰宅するとポストに絵はがきが。。。柚子屋旅館さんからのお便りでした。

「桃の節句をむかえましたが、まだ肌寒い日が続きます。お体をどうかご自愛くださいませ。」

達筆な文字で丁寧に書かれています。宿の方の心配りが嬉しい限りです。

R0012105


入り口をくぐると急な石段があり、三和土にカウンターがあります。
右手には「おくどさん」が据え付けあります。その奥にはたくさんの柚子が浮かんだ檜風呂。
部屋は2階の「緑」を使わせてもらいました。一人旅には心地よい広さです。

この宿の素晴らしいところはいろいろあるのですが、特出すべきことを一つあげるとすると、休むときに敷いてもらった布団の枕元に置かれた「視認性の良い目覚まし時計」と「操作しやすい懐中電灯」の存在です。

このセット、よほど旅慣れた人が考えたセットだと思います。素晴らしいです!
私は旅をするときに必ずアナログの目覚まし時計と小さい懐中電灯を持って行っています。いわば旅の必需品。今回は部屋では使わずにすみました。

お料理も良かったです。噂に高い「ゆず雑炊」。
丁度外は雪でしたが、心から暖まりました。私のくいっぷりの良さに「ちょうどまだ時間が早く他のお客様もいらっしゃらないので、おかわりいかがですか?」と、ご厚意の「雑炊二杯」という大食らいを体験させてもらいました!

R0012227

R0012226

R0012224

R0012230

大人になった今だからこそ味わえる京都の良さ。
また次回京都に行ったときは、この宿に泊まりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »