« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.31

RICOH GXR + GR LENS 50mmF2.5 MACRO + ビアンキミニベロ9

R0010333

R0010336

R0010337

R0010341

R0010342

リコーのGXR に50mmF2.5マクロ、24-72ズーム、LCDビューファインダー「VF-2」をまとめて1週間ほどお借りする機会をいただきました! ギズモモさま、ありがとうございます!

早速使ってみたくて、50mmマクロをセットしてビアンキミニベロ9を接写してみました。

なるほどー。AFのピント合わせが大変!ってのは聞いていましたが、たしかにこれは大変かも。。。合従点がなかなか定まってくれません。
ニコンのD60にマニュアルレンズ(ノクトン58mmF1.4)を普段使いしている私は、「マニュアルフォーカスしたい!」と思ってしまいました。

もう少し寄れるのでしょけど、今はこんな感じで。

ボケ味はかなり楽しめる感じです。

ぜひ週末、戸外で試してみたい機種です。今から週末のポタリングが楽しみです。
週末に向けて、バリバリ仕事していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.30

日比谷を散歩

Img_0265

Img_0266

Img_0264

Img_0267

Img_0268

すべてiPhoneの標準カメラでの写真です。
最近はこればっかり使っているかも。寄れないけど、それなりに発色と使い勝手が良いです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zoffでサングラス仕様の眼鏡をつくってみた

Dsc_2533_2

会社のある駅の駅ビルに眼鏡店Zoffが開業しました。 このお店、以前から気になってて「なにか一本試しに作ってみたいな」と思っていました。 店内を見ていると「プラス3,150円でカラーレンズにできますよ」との説明が。 店員さんにレンズの色を見せてもらったところ。。。これ、サングラスで十分使えるくらいの濃い色もあります。 自転車でのサングラスを探していたんだけど、度付きのレース仕様だと軽くクロスバイク1台分のお金がふっとぶなぁ、と思って逡巡していたのですが、Zoffならかなりの低予算でできそうです。 丁度、ヘルメットの赤に近い深い色味の赤いツルの眼鏡が展示されていた、という状況も手伝い、ポタリング用の度付きカラーレンズ眼鏡を作ってみました。

Dsc_2532

完成した眼鏡はかけ心地も良好。ダークブルーのレンズカラーはまぶしさを相当カットしてくれます。 普段使いには使えないくらい派手でダークな印象を放つ眼鏡ですが、派手なヘルメットと派手な服装で自動車ドライバーの注意喚起をはかる自転車乗りの状態ならば問題なし。 今日はあいにくの空模様でしたが、日差しのある晴れた日のポタリングが今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.29

OLYMPUS XA2

Dsc_2535

子どもの頃、実家で使っていたオリンパスの35mmフィルムカメラ「XA 2」が発掘されました。 卵のようなレンズカバーをヨコにスライドさせることですぐに撮影体制に入ることができます。これ、「クラムシェルコンセプト」とうい名前が付いていました。シャッターはフェザータッチ。赤いシャッターボタンに触れるだけでシャッターが落ちます。距離計はゾーンタイプで人物のバストアップ、人物全体、山陰がアイコン表示されています。レンズはズイコーの35mmF3.5。Dタイプなので4枚構成でしょうか。 良く写るカメラだったように記憶しています。

Dsc_2536

このように、フラッシュを外すとさらにコンパクトになります。これは、名機と言われた「CONTAX T」が真似たコンセプトですよね。 

P1050266

今見ても飽きの来ないデザイン。コンパクトで軽く良く写るカメラ。今度のポタリングで試写してみようかと思っています。長い間使われていなかった電気式カメラなので、はたしてちゃんと動くか不安ですが、写せたら楽しいでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.23

第12回 国際バラとガーデニングショウ

P1050247

西武ドームで開催されていたバラとガーデニングのイベントに行ってきました。
有料のイベントは国際蘭展覧会以来。天候にも恵まれ凄く賑わっていました〜

Img_0278

P1050233

エリアはブロック別に別れていました。さまざまな装飾方法で出展されている薔薇を回遊しながらしげしげと見られる周辺コーナーがあり、フィールド内側はガーデニングコーナーに。当然「展示即売会」や「周辺グッズ」もご購入可能。中高年のガーデニング熱は熱いですねぇ。

P1050234

P1050238

P1050241

P1050244

P1050246

P1050257

ガーデニングの1/1セットはかなりの人気でした。
狭い空間を上手く工夫しながら、緑あふれるお庭を各出展者の方々が創作しています。

どれもたしかに作り物の世界ではありますが、強い意志を感じますね。

P1050252

そしてホンダのCR-Z(笑)
ホンダは、小型の耕耘機を販売していて、ハイブリッドエコカーであるCR-Zのハッチバックにその耕耘機を搭載して出展していました。来場者の心理にグッと来る出展だったのでは、と私は思います。ホンダは英国工場も持っていたので、ガーデニングとも無関係では無いのかもしれませんね。

P1050250

いろいろみましたが、私はシンプルな薔薇が一番好きです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.22

ミニベロ9 川口・草加ポタリング

Dsc_2522

平日にパーツを少しずつ組み込んでいき、今日はフル装備での初ポタリング。
都電荒川線の三ノ輪まで行きたかったのですが、またまた道を間違えて川口・草加方面へのポタリングとあいなりました(笑)

先週からの変更点
・サイクルコンピューターを搭載
・ヘッドライト、バックライトを装着
・ドリンクホルダーを装着
・ペダル用のトークリップに革製ストラップを装着
・右ハンドル端にバックミラーを装着
・サドルバックを装着

そのほか、ポタリング用にメッセンジャーバッグでカメラが入る緩衝材付きのものを購入。サイズは心持ち小さいですが、必要十分。一眼レフ&コンパクトデジカメと財布、免許証、ケータイ、iPhoneが綺麗に収まります。

Dsc_2524



Dsc_2525

お天気は曇り空で湿度もそれほど高くなく、ポタリングには良い日でした。

池袋から巣鴨へ抜け、飛鳥山から王子を経て都電荒川線に沿って走っていたはずなのですが・・・舎人ライナーを見かけて急に左折(!)隅田川、荒川を超えて草加から川口へ。
なんだか、荒川沿いを良く走る私でした。

P1050263

Dsc_2527

写真は草加駅近くを流れる綾瀬川の札場河岸跡です。
良い景色でした。

川沿いの旧道は整備されていて、日本の道100選にも選ばれた、と書いてあります。この石碑には私が子どもの頃の埼玉県知事だった畑和さんの名前が書いてありました(笑)

今日の走行距離レポート

走行日:2010年5月22日(土)
走行距離:57.88km
走行時間:3時間17分36秒
平均速度:時速17.5km
最高速度:時速39.1km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.05.18

うまくまどろめない(笑) マドローム生活

マドロームを導入して二日。

うーん。うまくまどろめません(笑)

理由は「ボリューム調整」

最弱にしていた月曜日、全く音を感じませんでした。
火曜日、それよりすこーし強めにダイヤルをいじったのですが、それでも鳴らず。。。

今日は「中」よりも「大」側へ、ダイヤルを回しています。

モニター音ではかなり大きいため、20分のまどろみタイムの数秒で目が覚めてしまうように感じて、こんな微妙なボリューム調整をしています。

どこが適量か。試しながらの一週間になりそうです♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.05.16

SEIKO マドローム

Dsc_2517

Dsc_2520

「癒しのアジアンリゾート目覚まし時計」を購入しました。

セイコーの「マドローム」

この目覚まし時計、リリースを拝見すると「『楽しいまどろみの時間を過ごして、本当に起きたい時間には心地よく目覚める』ことをコンセプトとした目覚まし時計」なのだそうです。

<機能>
・本体に、本当に起きたい時間までの“まどろみ”時間を0分、10分、20分から選択できる「マドロームセレクト」を搭載。
・設定した時間に応じて、まず「まどろみ音」が鳴り、そのあと「お目覚め音」が鳴る仕組み。
・まどろみ音が鳴る回数は、「マドロームセレクト」の選択時間によって異なる。(0分では無し、10分では3回、20分では5回。)
・まどろみ音はアジアンリゾートを意識した、「波の音」「カリンバ」「鳥の鳴き声」の3種類が一定間隔を置いて鳴る。
・お目覚め音はガムラン調の民族音楽。

※プレスリリースでは、そのサウンドを聞くこともできるようです。

明日の朝、どんな目覚めとなっているか、今から起きるのが(寝るのが?)楽しみです!
何はともあれ、アジア旅行に一度も行ったことのない私がどんな目覚めを迎えられるか、またレポートします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.05.15

我が家に ビアンキ ミニベロ9 がやってきた! (その2)

Dsc_2509

ドロップハンドルの自転車に乗ったのは小学生の時以来です。
その時はブリジストン製の「ロードマン」でした。(こちらの方のサイトが詳しいですね)
たしか12段変速だったと記憶しています。26インチ。ボディカラーは「青」。

高校卒業頃には乗らなくなったなぁ。あれからうん十年の時を経て、また私はドロップハンドルの自転車に乗ることになったのですね。感慨ひとしお。

試乗場所は荒川を選択。何度も行っているし、慣れないドロップハンドルの操作(&補助ブレーキの無いタイプなので、ブレーキングにも不安が。さらに、ハーフクリップにも慣れていない)を出来るだけ楽に習熟できる場所は、近所だとここが一番良い感じでした。

Dsc_2498

Dsc_2499

荒川に出るまでの道で気がついたこと
・とにかく「速い」。驚くほど漕ぐのが楽。今まで乗っていたママチャリくんはなんだったんだ!?くらいの違いを感じます。
・漕ぎ出し(低速)は極めて不安定。タイヤが細くてふらふらする。
・ドロップハンドルは驚くほど前傾姿勢になる。ブレーキはやはり補助レバーが欲しい。ブレーキングが怖くて出てしまう速度を落とし気味に走行。
・ハーフクリップは慣れないと大変だったが、慣れると踏む力がストレートにギアに伝わり、ペダリングが楽になった。引き足までは使えないようだ。
・首が痛くなった。これはドロップハンドルの自転車の宿命?前傾姿勢で前を向いて漕ぐと、この辛さは我慢か。

荒川は、いつものように元気なオーラがあちこちからあふれています。
戸田橋から荒川サイクリングロード右岸を走り始めます。以前もママチャリで走った道ですが、やはり明らかに楽です。走りが軽い。一番重いギアにしても苦労なくこぎ続けられます。

Dsc_2506

この写真は富士見市付近の水田。ちょうど田植えの最中だったようです。
なんだか、とても遠くまで来た錯覚を催します。

Dsc_2514

こちらは彩湖サイクリングロード。奥は武蔵野線の線路ですね。
日が陰ってくるにつれ、チェレステのカラーリングに深みが増し不思議な色味になってきました。つくづく不思議な色です。

ということで、今日の走行距離はこちら。

20100515_01

走行日:2010年5月15日(土)
走行距離:54.18km
走行時間:3時間19分48秒
消費カロリー:2043cal
Avg.Pace:  3:41 per km
Avg.Speed:16.27km/h
Climbed:1115m

今日からビアンキ ミニベロ9とともに、楽しいポタ生活をはじめたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家に ビアンキ ミニベロ9 がやってきた!

Dsc_2502

ついに、この日を迎えました!
我が家に、素敵な自転車がやってきました。

今年で創業125周年を迎えるイタリアの老舗メーカー「ビアンキ」のミニベロ9。
カラーリングはもちろん、「チェレステ」です♪ イタリア語で「青い空」。まさに今日のお空のような、素敵なカラーでした。

この「ミニベロ9」は、2009年の在庫車。オーダーしているクロスバイクが7月以降の到着に伸びてしまい、急にミニベロ(それもドロップハンドル車)に乗りたくなったのがきっかけでした。もちろんネット検索しても人気車種のミニベロ9はどこも「販売終了」「2010年モデル予約受付中(納車未定)」という状況。

ところが。。。一件だけ「在庫有り(2009年版)」との表示が!
しかもサイズは「530mm」。身長175センチの私にはぴったりです。
久々、ネットショッピングをしてしまいました。しかも、自転車なんて大物を。

その後、紆余曲折はありましたが、オーダー時に指定した今日午前に到着。
宅配便のお兄さんが持ってきてくれたのですが。。。

P1050208

は、箱がでかい!玄関スペースの半分を占めてしまっています!

P1050210

箱から出しても、玄関先には保管出来ないことが確定。

P1050211

リビングに持ってきました。しかし大きい。こんな大きな段ボールが存在するんだ、ってくらい大きい。凄いインパクトです。

箱を開けてみましょう。

P1050212

P1050213

入っています!確かにチェレステカラー!ドロップハンドルだ!革のように見えるバーテープが良い感じ!サドルは以前単体で購入したブルックスのB17スタンダードが標準で付いています。

箱から出してみましょう。

P1050216

ミニベロなんですけど、凄いスペースを取っています。
しかし、ついに我が家にちゃんとした自転車が来た感動はひとしおです。

Dsc_2494

もう、すっごい「ロイヤル」な感じのエンブレムです!これだけみても気分が高揚します。

レンチなどを駆使して、パーツ類を組み立てます。さあ、1階へ降ろします。

P1050218

ベルは真鍮製のものを選択。澄んだとてもいい音なのですが、お仏壇の「鈴(りん)」の音にも似ています。。。
その他はビアンキ純正のロープキーをシートポストに装着。ペダルにはトークリップを装着。ストラップはしていないので、ハーフクリップとして使っています。

ビアンキのミニベロ9はチェレステカラー+ゴールドorタン・ブラウンが基調色となっているようです。

さぁ、それでは早速試乗してみましょう!!

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.10

TOPEAK Flash Stand

Topeak_flashstand01自転車で気持ちよく走れる時期ですね。
GW中のママチャリ長距離走行で、ママチャリの良さとともに「限界」を感じた私は、「そろそろ良い自転車に乗っても良いのでは」と思うようになりました。

で、ネットとは便利なもので、週末の時間のあるときに思わずクリックしてしまうことはあるものですね。。。

それはまた今度の話として。。。

今日は、スタンドの話。

ちゃんとした自転車には何故か「スタンド」がついていません。
ロードにも、クロスバイクにも、ミニベロにも。。。

重さや携行性(畳んで輪行などするときに邪魔?)を考えての事だと思いますが、そんな自転車にぴったりのスタンドが、この「トピーク(TOPEAK)」のFlashStandです。

この使い方は。。。

Topeak_flashstand02
という具合。簡単ですよね。
スタンドを「置き忘れる」「盗まれる」などの危険性はありますが、是非使ってみたいと思っています。

このようなスタンドを必要とする自転車とは、果たして。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.05

ママチャリで126.64キロを走破  2010年GW

Runkeeper_05_001

走りました。今年のゴールデンウィーク。
ママチャリでもなんとかなるものですね。

昨日は新記録50.87キロを走破。
実は3日の憲法記念日では途中、計測用のiPhoneの操作を間違え、途中中断してしまったんですよね。なので一日の走行距離としては3日の方が長いのですが、記録上は4日が最長距離となりました。

2日
自宅から杉並にあるサイクルショップへパーツを見にいっただけのポタリング。
杉並の道は整備されている所が多く、自転車でも走りやすかったですね。

3日
当初、葛飾区にある水元公園へ行こうとしたいたのですが、浅草付近で道が分からなくなり、結局さんざん迷って荒川の河口堰に到着してしまいました。

 

 

Dsc_2457_2

奥に見えるのは葛西臨海公園の観覧車です。千葉県境ですね。

R0012404_4

荒川に船着き場があることを、初めて実感しました。

R0012403

ここから荒川をひたすら遡上します。その距離約26キロ。

戸田橋までひたすらペダルを漕いで、ようやくいつもの風景にたどり着きました。
リンドバーグの「翼よ、あれがパリの灯だ」なみの感動。
「我、戸田橋へ帰還セリ。」

R0012409

この日はこのあと、会社に仕事を片付けにいったのですが、4時間ほどでへばってしまい、とっとと帰宅してしまいました。

お昼はこちら。会社裏にある更級のお蕎麦屋さんで辛味大根蕎麦をいただきました。

R0012412

4日
三鷹を超えて東八道路から調布へ。
調布飛行場周辺にある「プロペラカフェ」を目指しました。

R0012443

飛行機好きの方、特にレシプロ機が好きな方は是非一度いらしてください。
本当に楽しい場所です。
調布飛行場を離着陸する飛行機の爆音をBGMに、店舗横の格納庫に納められたプロペラ機などを眺めながら食事ができる場所。人気スポットらしくお客さんがひっきりなしに出入りしています。

R0012431

Dsc_2474

わたしは午前11時前に到着できたので、10時から1時間しか提供されていない「モーニング」をいただくことができました。何の変哲もないモーニングセットでしたが、とても良い雰囲気の中、気持ちよくいただくことができました。写真も、こころなしか、素敵に写せています。

Dsc_2482

R0012434

R0012442

Dsc_2483

猛烈に気に入ってしまったのが、この黄色の複葉機。素晴らしいデザインにしばしうっとりしてしまいました。やはり私はアナログ好きのようです。

Dsc_2468

Dsc_2471

R0012420

調布飛行場は旧軍の飛行機ハンガー「掩体壕(えんたいごう)」が残っている場所があります。飛燕(ひえん)を格納していたそうです。いろいろな歴史が有る場所でした。

あとは、野川付近を散策。近藤勇の生家やお墓などを周遊してきました。
野川で絵を描いているお父さんがいましたが、黒沢映画の風景みたいでしたよ。

Dsc_2487

深大寺もはじめて訪れてみました。名物のお蕎麦はどこも込んでいて(まだ昼前なのに)、10分ほど並んで一件のお店でいただいてみました。
蕎麦の甘みがあり、とても良いお蕎麦体験でした。境内は大混雑でうんざり。。。散策もそこそこでまた自転車にまたがります。このあたりは急な坂が多く、自転車泣かせの場所でした。

Dsc_2491

R0012448

三鷹から吉祥寺へ足を進め、成蹊学園まで戻りました。
先日訪れたときにあったマクドナルドが閉店していました。ここ、前は私が働いていてビデオ屋だったのですが、その前はたしかドーナツ店だったなぁ、と。なかなか保たない場所みたいです。成蹊学園は通用門が開いていて、入ることができました。1号館など、軒並み建て変わっていてまるで別の大学でした。時間が経ったということでしょうね。

Dsc_2493

R0012455

最後に新井薬師へ。
12年に一度の秘仏公開時期ということで、行ってきました。
境内でお水をくめる場所があるのですが、いつも人が多く列をなしています。今回初めて自転車走行時に飲んでいたペットボトルの水として入れてみたのですが、これが「甘露」のように甘く美味しいお水でした。みなが沢山くみに来る理由もよくわかりました。
ご本尊様も拝見することができ、素敵なフィナーレでした。

R0012458

R0012459

この連休は他にも背の高くなった東京スカイツリーや、森鴎外(森林太郎)、芥川龍之介さんのお墓を訪問したりなど、いろいろな場所に行きました。
自転車は思ったよりも行動範囲を広げてくれます。

4日の走行距離イメージはこちら。

Runkeeper_05

とりあえず筋肉痛(笑)。しかも、体重はなぜか増えている。
身体がこの生活に慣れてきた証拠だと思っています。

ま、痩せるためだけに乗っているわけではないので、いいか。
次の週末はどこに行きましょう。ママチャリで、まだまだ行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »