« 第12回 国際バラとガーデニングショウ | トップページ | Zoffでサングラス仕様の眼鏡をつくってみた »

2010.05.29

OLYMPUS XA2

Dsc_2535

子どもの頃、実家で使っていたオリンパスの35mmフィルムカメラ「XA 2」が発掘されました。 卵のようなレンズカバーをヨコにスライドさせることですぐに撮影体制に入ることができます。これ、「クラムシェルコンセプト」とうい名前が付いていました。シャッターはフェザータッチ。赤いシャッターボタンに触れるだけでシャッターが落ちます。距離計はゾーンタイプで人物のバストアップ、人物全体、山陰がアイコン表示されています。レンズはズイコーの35mmF3.5。Dタイプなので4枚構成でしょうか。 良く写るカメラだったように記憶しています。

Dsc_2536

このように、フラッシュを外すとさらにコンパクトになります。これは、名機と言われた「CONTAX T」が真似たコンセプトですよね。 

P1050266

今見ても飽きの来ないデザイン。コンパクトで軽く良く写るカメラ。今度のポタリングで試写してみようかと思っています。長い間使われていなかった電気式カメラなので、はたしてちゃんと動くか不安ですが、写せたら楽しいでしょうねぇ。

|

« 第12回 国際バラとガーデニングショウ | トップページ | Zoffでサングラス仕様の眼鏡をつくってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/48485325

この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS XA2:

« 第12回 国際バラとガーデニングショウ | トップページ | Zoffでサングラス仕様の眼鏡をつくってみた »