« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

リゾートインボンシック

P1050655

夏期休暇一泊目は長野県南佐久郡小海町にある「リゾートインボンシック 」へ宿泊してきました。
標高は1,400メートル付近。下界とは違いかなり涼しい場所です。
「小海リエックス」エリアの中に立つ宿でした。

P1050648

宿泊した部屋は205号室。ツインルームのシングルユース。
ユニットバスが付いてる部屋です。エアコン(冷房)、冷蔵庫はありません。

夕方は雷雨になってしまい、部屋からの星空は体験できませんでしたが、野鳥の声があちこちで聞こえる場所でした。「うぐいす」以外の鳥の声が判別できず(笑)もったいないことをしました。。。バードウォッチの趣味のある方は是非立ち寄ってみてください。

この宿の売りは創作料理とのことで、楽しみにしていましたが、期待以上の美味しさと心地よさで大満足でした♪

<夕食>

P1050649

P1050650

P1050651

P1050654

前菜は三品。なかでも「かじきのケッパーソース」がとても美味。
食べながら、あまりにも美味しくて驚いてしまいました。

かぼちゃのスープでほっと一息。そのあとメインはビールをソースの隠し味に使ったBEEFグリル。付け合わせの高原野菜にはアンチョビのディップが良い味付けになっています。

デセールはソルベとチーズケーキ。食中はハウスワインの白と自家製のサングリアをいただいていましたが、デセールの時には美味しいコーヒーをいただきました。このコーヒー、香りも高く食後の良い雰囲気をもり立ててくれます。

<朝食>

P1050673

着席する前にすでにミルクとヨーグルト、水はセットされていました。
ホットドッグとミルクパン、たまご料理&ガル二チュールとミニサラダのワンプレート料理でした。ホットドッグのパンがもう少しだけ温かいと満点でしたが(失礼!)、こちらも美味しくいただくことができました。そして食後にはまたあの美味しいコーヒーをいただきます。
満足の朝食です。

ちなみに昨晩とこの時に食卓で読んでいた本は村上春樹さんの「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」 。やはり旅先で読むのがオススメです。

P1050674

リゾートインボンシックの食堂です。朝の光がとても柔らかく差し込んでいます。

また、紅葉の時期に来てみたい宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 夏期休暇

P1050705

Imgp0495

P1050656

Imgp0489

Imgp0587

Imgp0593

清里高原を中心に八ヶ岳付近を旅してきました。 いろいろな気づきを感慨のあった旅。フィルムには何が写っているか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.25

フィルムで撮ることは、贅沢な趣味なのかもしれない

Img_0001

世の中、デジタルカメラが当たり前になっています。
かくいう私も使っています。
その場で確認できるデジカメはやっぱり便利。人にあげるのも便利。 コミュニケーションツールとしての写真の使い方を満喫しています。

でもね、

やっぱりフィルムで撮りたいものってあるですよね。

懐古趣味?

はい、そうなのかもしれません。


でも、フィルムならではの空気感、質感はやっぱり素敵なんですよね。

ライトテーブルにのせたポジを通して浮かび上がる世界を観る瞬間のワクワク感。
この感触を味わいたいために、まだフィルムで撮っています。

今回の旅でもフィルムは使います。いや、フィルムで撮りたいからこそ旅をするのかも。

「コスト」の面では甚だ高価な趣味でしょう。
けれど、趣味です。
「コスト」だけでは割り切れないことが、あると思います。

心の赴くまま、明るいファインダーをのぞきながら一枚一枚、フィルムを送りながら その時間を愉しんでいきたいですね。



明日からしばらくはそんな時間。楽しんできます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.24

旅の準備2010夏

月曜日から山ごもり。

今年の夏期休暇も去年同様、八ヶ岳付近に行ってきます。
初日は長野県、二日目以降は山梨県に滞在。
とにかく心と身体を休めてきます。

今日は旅の準備をはじめました。

続きを読む "旅の準備2010夏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

2010海の日。今日のポタリングwith DA40mmF2.8Limited

Imgp0465

PENTAX K-7+DA40mmF2.8Limited  F4 ,1/200 ISO100
三鷹市大沢6丁目龍源寺付近の野川 朝の風景

梅雨明けの三連休。今日は海の日。快晴の空。本当に気持ちいい&暑い!
この熱気にやられてはいけない、と、朝6時からポタリングです。

NAV-U35にセットアップしたのは「プロペラカフェ」
調布飛行場脇の、あのカフェです。
ゴールデンウィークにはママチャリで行ったあの場所へ、ビアンキで初ポタリングです。

NAV-U35は良くできたナビゲーションシステムで、学生時代を吉祥寺で過ごした私でも知らない杉並や三鷹の道をどんどん紹介してくれます。
途中、一箇所曲がり角を間違えてしまい、深大寺へ出てしまいました。
朝の7時台なのに、既にお蕎麦を打っています。

Imgp0445

NAV-U35はルートを外れた場合、「境内」も自転車が走行可能の場合は最寄りのルートとして表示してくれます。おかげで鬱そうとした深大寺の森を抜けて境内に出ることができました(笑)

Imgp0446

ここまでくれば、調布飛行場まではあと少しです。

NAV-U35はカーナビなので、予想到着時間を表示してくれます。この日もその予想とほとんど一緒の時間にプロペラカフェ前に到着することができました。
と、ここでエネループを使い切りました。外部電源のエネループを今日は2本しか持ってきていなかったので、ここからは本体の蓄電池に頼ることに。おいおいスタミナモードのため音声のみのガイダンスとなります。

Imgp0447

Imgp0456

プロペラカフェの開店時間は午前10時から。今日はただ場所に行ってみたかっただけでしたので、また涼しくなったらお休みを使って来てみたいと思います。ここは空が高くてのんびりできて、本当に良い場所です。
近くで夏の富士山も見ることができましたよ。

Imgp0460

ここまで来たら、武蔵野の森にある掩体壕に飛燕を見にいきたいですね。

Imgp0461

Imgp0463

Imgp0464

飛行244戦隊所属の三式戦闘機「飛燕」は、私の好きな局地戦闘機「雷電」と違いとてもスマートで、ここに来るたびに当時の技術に裏打ちされたデザインの美しさを感じます。

朝7時を過ぎると、離島向けのフライトがはじまるようです。
エンジン音がしてきました。

ナビに従って帰途につきます。前回地図を頼りにママチャリで進んだ道も楽しかったですが、今回ナビで教えてもらった道もまたいろいろな気づきがあり、楽しかったです。
久我山を経由して五日市街道へ。青梅街道へ抜けて東高円寺から上落合へ。
まだまだ知らない道が沢山ある、ということですね。

今日のポタリングを経て、DA40mmF2.8Limitedはポタリング用のスナップ撮影用としてはとても使い勝手が良いことがわかりました。
やっぱり写真を撮るときにはファインダーは欲しいですし、そこそこの画質も欲しいです。
K-7のファインダーは視野率100%、DA40mmは厚さわずか15cm。このタッグは強いですね。
私はやはり、ミラーレスは使わないでしょう。デザインと質感が好みではない。
写真を撮る気持ちにさせてくれるのはカメラとしてののデザインと質感、それにカメラメーカーが持つ「哲学」でしょうか。撮るための道具として、ペンタックス(HOYA?)は真面目に努力していますね。弱小メーカーと位置づけられますが、ペンタックスには頑張ってもらいたいです。これからも定期的に買いますので。

Dsc_2659

正面カットから。ロゴがちょっとだけ縦長なのがいやなんだけど、左右のバランスはなんとか保てていると思えるデザインです。レンズキャップはアルミ素材のスクリューマウント。30.5mmのフィルターをつけられるフードデザインでもあります。

Dsc_2655

レンズキャップを付けた状態。 「フジツボ」と言われているそうですが、このフードはいろいろと考えられたデザインですね。 外すと49mmのフィルターがつけられます。 20cmまで寄れるクローズアップレンズを購入しました。これを付けるときはオールドキャップ「ASAHI PENTAX」のレンズキャップを付けることもあります。

Dsc_2658

40mmを購入すると、だれもが撮影する真横からのデザイン。
この薄さが戦闘力ですね。


今日の走行距離レポート

走行日:2010年7月19日(月)海の日

走行距離:40.84km

走行時間:2時間04分14秒

平均速度:時速19.7km

最高速度:時速37.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

パンケーキ DA40mmF2.8 Limited とポタリングの関係

Imgp0441

PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA40mmF2.8 Limited

ペンタックスのパンケーキレンズ、40mmのリミテッドレンズを購入してしまいました!

10Dを使っていた頃、21mmとFA77mmリミテッドレンズを使っていました。77mmは本当にすばらしく柔らかに写るレンズで好きでした。手放してから後悔しているレンズです。

その頃既にこの40mmは発売されていたのですが、当時は広角と望遠に興味があったので、あまり興味はありませんでした。

いま、58mmのノクトンがメイン機種となっていて、中望遠域は本当に好きな画角となっています。あとは標準域。自転車ポタリングで使う分にはノクトンでも持って行けますが、もっと汎用性があるタイプ、ということでこのパンケーキレンズを買うことにしました。

ポイントは3つ

1)絞り羽が9枚!
このタイプにしては、9枚の絞り羽というところが気に入りました。
ボケ味も綺麗でしょう。

2)厚さわずか15mm!
とても薄い!ペンタ部のでっぱり位の厚みです。これで一眼レフのレンズなんですね。40cmまで寄れます。

3)アルミ削りだしの質感!
やっぱりリミテッドレンズはこの質感が命ですね。プラスチック筒のレンズって、やっぱり撮影する気分が萎えるんですよね。

新宿西口のYカメラで購入。本当は別のお店で最初みていたのだけど「品切れ」で、このお店でも買わずに帰ろう、と思っていました。
ところが、対応してくれた方(ペンタックスから派遣された方?)の応対が殊の外良くて、「あのぉ、お値段なんですが、○×さんのところ、こんな価格だったみたいで」と素直に伝えると、そちらの価格よりも気持ちお安く、しかもその場で値段を改定してくれました。
うん!すばらしい対応。気持ちよく現金で買わせていただきました!

出会いとは、本当に大切。このレンズの出だしは良好です。

帰宅後、レンズを箱から出してK-7に装着。
その後、旅行用に自転車用のチューブとパンク修理剤を買いにポタリング。
自転車ナビ「NAV-U35」には、ナビゲーション機能の中にデフォルトで「自転車ショップ」というモードが入っています(!)そこからエリア選択で杉並の「和田サイクル」を選択。35分で行ける、とのルート探索をしてくれました。
結構楽々♪

買い物を終えての帰り道、哲学堂付近にある給水塔をパチリと撮影したのが、最初の写真です。40mmの試写としては、被写体が遠景でしかも邪魔な電線などごちゃごちゃとした構図ですが、上手い撮影場所をさがせずスナップ気分で撮りました。まあ、こんな感じで気楽に撮れるのもいいのかもしれませんね。
K-7+40mmは小さいメッセンジャーバックにもすっぽり入り、ポタリングの友として、かなり使えるセットです。
もう少し使い込んで見ましょう。

今日の走行距離レポート

走行日:2010年7月17日(土)


走行距離:20.76km


走行時間:1時間07分36秒


平均速度:時速18.4km


最高速度:時速37.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.17

2010年 梅雨明け

2009summer_gf670004

FUJI FILM GF670 Professional  EBC FUJINON 80mmF3.5

関東地方は今日、梅雨明けしました

平年より早いとのことですが、ようやくこれで夏本番です。

今年の夏期休暇は7月最終週に清里方面へ行く予定です。
上の写真は去年8月、清里の清泉寮から見た風景です。

P1030587

KEEP(Kiyosato Educational Experiment Project)の拠点である清里の清泉寮。
ここに今回は宿泊する予定です。
前回は野辺山に宿泊し、ここまで車でやってきましたが、ふらっと立ち寄ったここの時間の流れ方と空気がとてもかけがえのないものに感じて、今年の宿に決めました。
夜は星野写真が、昼間は公園をビアンキでサイクリングできそうで、楽しみです。
近くには温泉があり、また、本も沢山持っていくつもりなので、読書三昧も出来そうです。

充電と心身のリフレッシュをこの時期に行う予定。
いまから楽しみです。

P1030555

夏空が恋しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DUAL-TOUCH BIKE STAND by TOPEAK

P1050601

ビアンキのミニベロ9を買ってから、ずっと欲しいと思っていたトピーク製のバイクスタンドをついに購入しました。 天井から床までの「突っ張り棒」に自転車を二台まで「ハンガー」でかけられるタイプ。 ミニベロ9ならば、らくらく収納できます。

P1050593

宅配便で届いたそれは、かなり長めの段ボールが到着。思ったよりは軽い。 開封すると太めの「鉄パイプ」が入っていました。 垂直を保ちホールド、ハンガーを六角レンチで取り付けていきます。 10分かからずに完成しました。

P1050597

P1050603

安定していてかなり良い作りのハンガーですね。 いままでフローリングに直置きだったので、かなり床面に傷が付いてしまったのですが、これで大丈夫! 食事をする丸テーブルの横にビアンキのミニベロ9がある風景。かなりおしゃれです(笑) 三連休の初日の今日は朝から夏空。 夕方にでもポタリングしてきましょうか。

P1050592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

PENTAX K-7 試写の感想

Imgp0390

いろいろなモノが被写体となって写っていますが。。。

ペンタックスK−7、部屋の中でとりあえずシャッターを切ってみました。
ノクトンの操作性はニコンの時とほとんど変わらずです。若干描写が硬いかなぁ、と感じるくらいですが、これは気のせいだと思います。

画像モニターの反映速度はとても速く、写してすぐに再生される能力は軽い驚きがありました。全体バランスの良いカメラボディで、質感も良いためどんどん写真を撮りたくなります。

AWBではなく、独自の印象強調モードCTEにはまだ慣れません。。室内では強調される色味が強すぎて、普通にホワイトバランスを調整したほうがすっきり気に入った写真が撮れました。
また、「自動水平補正機能」は便利ですね。電子水準器ではピント合わせと一緒に見てしまい、気になってしまう部分を自動で補正してくれる機能は、有りそうで無かったものですね。ストレス無くシャッターが切れます。

早くポタリング時にパフォーマンスを試してみたい、そんな機種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

PENTAX K-7購入!

Dsc_2652

一年遅れでのK-7である。
2009年6月27日に発売されたペンタックスのデジカメ一眼レフ「K-7」。
プレスリリースは2009年5月21日。

発売されてから既に一年以上経つデジカメ一眼レフカメラを中野のFカメラにて新品で購入してきました。

K-7に至った経緯ですが。。。

1)小型で金属ボディの一眼レフカメラが欲しかった。
今までのメイン機種はニコンのD60。過不足全くありませんでしたが、唯一、プラスチックボディが自転車ポタリングで使う際の心配事項となっていました。
D300Sや、D700も見てみたのですが、あの重さと厚みが嫌で、食指が動きませんでした。
またライバルキャノンの7Dや50Dも見てきたのですが。。。やっぱりでかい。
そんな中でふとしたきっかけで見つけたのがこのK-7でした。(発売当時には全くノーマークでした(笑)

2)ファインダーを覗いてみたかった。
ファインダーで像が結ぶ瞬間が好きです。もちろん、光学ファインダーで。
はい、私は古い人間なのでEVFは全く駄目なんです。(こんな企画ありましたけど、私にとっては関係ない企画のようで)。
好きで使っているカメラはニコンだとF6、オリンパスのOM-4。ライカ。みな、ファインダーが明るくて気持ちいい(ライカはレンジファインダーですね)のです。写真撮る気になるのですよね。今時のミラーレスカメラはこれで候補から消えました。

3)ノクトン使いたかった。
D60で使っているメインレンズはフォクトレンダーの「NOKTON 58mmF1.4
これをつけっぱなしです。マニュアルレンズの使いやすさとボケの綺麗さ、描写の上品さ、そして重量配分や質感が本当に好みのレンズです。デジカメで使う距離としても、私には丁度よい長さです。
そして、このレンズが使えるカメラメーカーはニコンかペンタックスのみ。

4)メッセンジャーバッグに入ること。
ビアンキのカメラ用メッセンジャーバッグを使っています。このバックに入る一眼レフとして探していました。性能が良くてもオーバーサイズはNG。

5)最後はフィーリング。
持った感触ですね(笑)
わたしは28mm専用機としてGRデジタル(初期型)を使っています。バランスの良いマグネシウムボディのデジカメは型落ちしても使いやすくて良いですね。

ま、というもっともらしい理由をつけて購入してきましたが、発売1年経って評価も安定してきているし、値段もこなれてきている(中古ボディと新品がほとんど一緒の値段でしたよ)こともあり、我が家にK−7がやってきました。
10Dリミテッドと多数のリミテッドレンズを手放してから2年、またペンタックス一眼レフユーザーに戻ってきました(笑)

握った感じが「D60より全然太い」と感じるグリップだけが、ちょっとだけ違和感ありますが、頑丈そうなマグネシウムボディと、防塵防滴仕様のつくりがポタリングでの安心感につながってくれそうです。

目下充電中。どんな写真が撮れるのか、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.07.10

2010年7月10日 今日のポタリング

20100710_01

梅雨の合間の晴れ間。本当に良い天気でした。空気が澄んでいる。 三週間ぶりにポタリング。

荒川の土手に来てみたら、遙か秩父の山々がくっきり見えます。こんなのは初めてです。

朝日を浴びて、ビアンキもきらきらとしています。

そう、今日から例のNV-U35を自転車用ナビゲーションツールとして活用をはじめました。

20100710_02

バランスが悪いのでは?と危惧していましたが、思ったよりも良いまとまり感がありました。予想通り、枠線のオレンジの差し色も良い雰囲気です。
無線でのナビゲーションはやっぱり取り回しが良いです。ただ、あとで分かりましたが「スーパースタミナモード」で使ってみても、3時間超だとバッテリー切れを起こしました。
ポタリング時にはやはりこちらもエネループ充電器が必要ですね。

この後、荒川河口まで約25キロを走り、葛西付近まで漕ぎました。

空は澄んでいて本当に気持ちの良い荒川土手沿いでした。

20100710_03


20100710_04

河口付近も本当に気持ちの良い状況でした。
川面もキラッキラしていました。

2010710_05

ゴールデンウイーク中にママチャリで来た新砂。
今度はビアンキで来ることができました!

20100710_06

ここから、NV-U35の真骨頂、「自宅まで帰る」モードを試してみました。
荒川河口堰から自宅までをカーナビ風に検索。17キロで戻れるそうです。
到着予想時間までわかる便利さ(笑)。
カーナビの案内に沿って江戸川区を走ります。
「こんな道、通るの?」的な細めの道をどんどん提案されます。車ではなかなか通らないだろうな、という細い道も選んでいきます。結構使えるナビです。

気がつけば、先日夜に走った清澄橋へ逆サイドから到着。ちょっとつながった感がありました。ここからスカイツリーが見えることがわかり、一枚パチリ。

20100710_07

ナビに従い、東神田から神保町、九段下を曲がり飯田橋へ。
タップした画面に「バッテリーがー・・・」の台詞が浮かび上がります。
このあたりで限界のようです。

まぁ、ここまで戻ればあとは普通に帰れるので問題無いのですが、ね。

朝から久しぶりに結構走りました。
帰りはゆっくり帰ってきたから、それなりに平均速度が以前より遅いこともわかりました。これくらいのペースが丁度よさそうです。

来週末はまた晴れてポタリングできると、いいなぁ。


今日の走行距離レポート
走行日:2010年7月10日(土)

走行距離:53.94km

走行時間:2時間28分59秒

平均速度:時速21.7km

最高速度:時速38.6km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

シュウチュウセン!

まるで漫画みたいな描写になるiPhoneアプリ「シュウチュウセン」を導入してみました。

こんな感じです。

Img_0401

なんと〜!!桜えび尽くしですかぁ!!!

という叫び声が聞こえてきそうです。

他のアイテムでも大丈夫。


Img_0397

くわ!生ビール飲み放題!!行かなきゃ!

Img_0406

どどーん!!
おしゃれなコーヒーゼリーをいただいてしまった!!

まぁ、それだけの機能なのですが(笑)、楽しいソフトですね。

もう少し別のシチュエーションで使い込んでみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.04

NV-U35 使ってみた(自動車編)

20100704_001

ダッシュボードに「ぴたっと吸盤」を使って装着してみました。 電源はお約束のシガーソケットから。 手前には、昔、携帯電話をナビ代わりにしていたときにつけたホルダー。 このサイズから見ても分かるとおり、かなりサイズは小さいです。

20100704_002

ダッシュボード全景でみると、こんなサイズ。
自動車用としてはミニマムサイズでしょう。

ただ、このナビは面倒な配線取り回しは不要だし、推奨ルートを外れたときのルート再検索も早く、ストレス無く使えます。
二画面表示にすると、運転中はかなり見にくくなりますが、音声ガイドが的確にガイドしてくれるし、そもそも運転中にナビ画面を凝視することは無いから、これはこれで良いのかもしれません。

ナビゲーションシステムの目的≒目的地に着くことをサポートしてくれる

車用としては、ごく普通の機能を普通に搭載してくれている機械でした。

くるまモードは終了。今度はいよいよ自転車モードに挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車用ナビゲーションシステム SONY NV-U35 購入

Sony_navu35

Copyright 2010 Sony Marketing (Japan) Inc.

今年の2月26日にソニーがアナウンスメントした「パーソナルナビゲーションシステム」“nav-u” 『NV-U35』をついに購入しました!

詳細は上記リンクからプレスリリースを読んでいただければわかるのですが、自転車でも使えるカーナビ、ということで、発表当初からずっと気になっていました。

私のセラにはカーナビは付いていません!そして、ポタリングしながら写真をのんびり撮って、というスタイルの自転車ライフを楽しみたいと思っている私には、ナビゲーションシステムが本当に「欲しい!」と思える一品(逸品)でした!

実際は、道に迷いながらも、知らない街をポタリングするってのも醍醐味で、それはそれで面白いのですが、その道草と迷子のおかげで、実際に行ってみたかった場所にたどり着けなかった、ということも多く、残念にも思っていました。
auケータイなので、助手席ナビなどを止まって見るときもありますが、ペースが途切れてしまうのも勿体なくて、走りながら操作できて見られるナビが欲しいと思っていました。

NU-V35はボディに防滴仕様を施してあり、ハンドルに装着する際も専用のクレードルが用意されています。もちろん配線不要。自転車用のナビチューンはもちろん、サイクルコンピューターの機能もあり、また走行距離等の情報は、メモリースティック経由でPCへと保存も可能。さらに電子コンパスも標準装備なので、ポタリングの合間の徒歩走行でも使えるナビだと思います。

Dsc_2626



Nvabu2

自転車用クレードルで装着したNV-U35の様子


ナビのボディカラーはオレンジを選択。目立つ色が最近好きなんですよね。
チェレステ・カラーのビアンキ ミニベロ9にはオレンジが結構似合うんです。
はい、こういうのはカタチから入ることも大切なんです(笑)

とりあえず充電して、GPSで衛星を捕まえてみました。
そして自宅を登録。

また、徒歩モードに切り替え、電子コンパスを表示してみましたが、これが結構楽しい♪
私のiPhoneは3Gなので、電子コンパスが付いてない機種なんですよね。だから感動もひとしおだったりします。

NV-U35は取説を見なくてもある程度は操作方法がわかる感じが良いですね。タッチパネルの操作感も反応速度も良いです。

画面の大きさはiPhoneよりも小さい感じ。でも、結構見やすい画面でした。
車ではちょっと小さめかもしれませんが、もともとそんなにカーナビは使わなかったし、北海道へセラで行った時も、ケータイをGPS代わりに使ってましたから(笑)このサイズは問題なし。

明日実家に行くときセラに取り付けてみて、その性能を見てみましょう。
ポタリングが楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

梅雨空にミニバラ

Dsc_2615

Dsc_2616

黄色のミニバラが咲き終わったのを見計らったかのように、赤のミニバラが咲きました。
蕾もあと2つあります。手入れはいい加減なのですが、この子は結構頑張って咲いてくれます。

大輪の薔薇は本当に難しく、なかなか一筋縄ではいきませんが、それを慰めてくれるかのように咲いてくれたミニバラ。

梅雨のうっとうしい空気を清涼感で満たしてくれました。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »