« PENTAX K-7購入! | トップページ | DUAL-TOUCH BIKE STAND by TOPEAK »

2010.07.12

PENTAX K-7 試写の感想

Imgp0390

いろいろなモノが被写体となって写っていますが。。。

ペンタックスK−7、部屋の中でとりあえずシャッターを切ってみました。
ノクトンの操作性はニコンの時とほとんど変わらずです。若干描写が硬いかなぁ、と感じるくらいですが、これは気のせいだと思います。

画像モニターの反映速度はとても速く、写してすぐに再生される能力は軽い驚きがありました。全体バランスの良いカメラボディで、質感も良いためどんどん写真を撮りたくなります。

AWBではなく、独自の印象強調モードCTEにはまだ慣れません。。室内では強調される色味が強すぎて、普通にホワイトバランスを調整したほうがすっきり気に入った写真が撮れました。
また、「自動水平補正機能」は便利ですね。電子水準器ではピント合わせと一緒に見てしまい、気になってしまう部分を自動で補正してくれる機能は、有りそうで無かったものですね。ストレス無くシャッターが切れます。

早くポタリング時にパフォーマンスを試してみたい、そんな機種です。

|

« PENTAX K-7購入! | トップページ | DUAL-TOUCH BIKE STAND by TOPEAK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/48863362

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K-7 試写の感想:

« PENTAX K-7購入! | トップページ | DUAL-TOUCH BIKE STAND by TOPEAK »