« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.20

秩父サイクルトレイン 体験雑記

P1060212

サイクルトレインのイベントは、とにかく非日常体験でした。

電車に自転車をそのまま乗せて行き帰りをノンビリ旅。
おひとり様で参加されている方もいたのですぐにお友達になってしまい、行き帰りの車両ではワイワイガヤガヤ楽しい車窓でした。

自転車雑誌の方も2媒体同行されていて、インタビューなんか受けたりして(笑)。
わたしたちのパーティの様子が使われると嬉しいですね。

P1060199

P1060203

P1060210

P1060236

P1060211


駅前はサイクリストたちであふれています。 イベント感満載ですね〜
わたしのビアンキも初参加です。

P1060215

P1060214

今回当選したコースは初心者向け28kmのコース。 走り終わると、それなりに峠道があり、それなりに上り坂があり、大変でしたよ。 集団で走るのも初めてで、走行中の写真がほとんどありません。。。 余裕なかったのね。

P1060232

これは、最大難所の矢通反隧道(やとうそりずいどう)から如意輪観音堂を経て寺沢の水車小屋まできたところ。 いやー、きつかったです。

Imgp1336

これは昼食後に急遽設定された「SL撮影会」でのひとこま。結局正面写真はピンぼけ連発でした。久々の一眼レフ。連写モードの設定を見つけられないまま、バタバタして撮った結果。。あせっちゃだめですね〜

Imgp1331

ビアンキのチェレステ・カラーは参加者の方々からも褒めていただきましたが、他にも素敵なカラーリングの自転車が多数参加されていました。みなさん、素敵に乗りこなしていらっしゃいます。

Imgp1345

これは、とある参加者の方の休憩ポイントでの駐車方法。なるほど、クイックを使うといろいろなことができるのですね。

P1060238

P1060241

そして家路へ。帰りはみなさんお疲れのようで静かな社内でした。 夕焼けが綺麗な日でしたね。 また是非参加してみたい、そんなイベントでした。


<おまけ>
秩父路はちょうど紅葉時期でした〜 ことしの紅葉はすこし夏の暑さの影響があるのかな。

Imgp1318

Imgp1325

Imgp1327

Imgp1329

Imgp1340

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.14

第5回 秩父サイクルトレインに参加!

Imgp1333

第5回 秩父サイクルトレインに参加してきました!
いやー、楽しかったです。

ぶれぶれのこの写真は、秩父鉄道のC58 363号と私のビアンキです♪

P1060197

池袋駅でいただいた乗車証。旅の雰囲気満載です。

P1060205

車載状況。我がビアンキはやはり他車と比べても目立つようです。スタッフによる完璧なくくりつけに感謝。

P1060208

みごと、座席にホールドされた、我がビアンキ号です。

続きは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.06

STIからWレバーへ変更 & ランドナーバーへ    ビアンキ ルポ

Imgp1300

先日の「文化の日」の休日に、世田谷にある「サイクリングショップ ツバサ」の店主 大野さんに改良していただきました。

STIレバーから、Wレバーへの換装
ハンドルをNITTOのランドナーバーへ換装

※もともと付いていたハンドルユニットの様子はこちら

いやー。本当に快適です。
ハンドルサイズが合うと、こんなに快適なのか!!と感動してしまいます。

わたし自身、手は大きなつもりでしたが、ルポに付いていたTIAGRAのSTIユニットは大きすぎて手に余り、もっぱら補助ブレーキに手をかけた状態で運転していました。
そして、ハンドルはなんだかとっても幅広で扱いにくく、「なんだか、自転車いやになったなぁ」と思わせるほどの存在でした。

今回、ハンドルをNITTOのランドナーバー(芯-芯420のもの)に交換していただき、レバーは古典的なWレバーに、ブレーキユニットもSHIMANOの「BL-R400」に交換していただいています。ハンドル周りがスッキリ!!

これにより、本当に操作性がよくなりました。ハンドルの握り方も変わって、走るのが楽しくなりましたよ。どこまでも走っていけるような感じです(笑)

Imgp1302

ルポの後ろ姿。
クロモリの細さを感じます。そして、ランドナー用のハンドルの「ハの字&いかり肩」の雰囲気がとても素敵です。

Imgp1303

サドルにピントが。
バッグを装着しないと、本当に軽量な印象のビアンキです。


Imgp1305

大野さんに、サドルを5センチくらいグイッと上にあげられました。
「あなたの体格なら、これくらいでいいんじゃないかな」と。
はい、実はこの高さがぴったりでした。やはり自転車はお店の方とのやり取りは大切です。大野さん、本当にありがとうございました。

Imgp1308

場所を成蹊大学正門から、これまた好きな吉祥寺橋へ移動。
今日は「ベロクラフト」でフロントバッグを購入し、装着してもらいました。

 

購入したバッグはリクセンカウルのKT815「オールラウンダーツーリング」。

カメラを入れることをメインに考え、大槻店長にご相談。このバッグの決め手は9リットルという容量の大きさ、マップ用のクリアフォルダが付くこと(マジックテープで着脱可能)、そして、底にライトフォルダーが付属していることでした。バッグを付けてしまうとナビシステムがどうなるか、ベルは?ライトは?とハンドル周りの装着物について右往左往してしまいそうでしたが、この装備のおかげでライトはクリアできそうです。

Imgp1311_3 P1060079_3

前後にバッグが付きました。フルアーマー装備合計で容量18リットル。
これでポタリング先で今後、いろいろなことが出来そうです。

<おまけ>

Imgp1312

野方の配水塔を久しぶりにパチリ。 素敵な佇まいです。 今日は成蹊大学以外にも、武蔵大学と立教大学にも行ってきました〜。学園祭シーズンですね。 「四大」学習院は行ったけれど写真納めていませんでした・・・成城だけ遠いなぁ。

P1060083

P1060093

今日の走行距離レポート

走行日  :2010年11月6日(土)
走行距離:33.63km
走行時間:1時間46分10秒
平均速度:時速19.0km
最高速度:時速35.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

2010年文化の日 根津美術館へ

P1060054

なんて清々しい朝でしょう!
久々、すかっと晴れました。今日は文化の日。いろいろなことが出来ました。

文化の日にちなんで、南青山にある根津美術館に行ってきました。

南宋の「青磁」の企画展が14日まで開催されていて、是非見たいと思っていたんですよね。間に合って良かったです。
いやー、本当に素敵でした♪♪

P1060055

改築された根津美術館はモダンな雰囲気でした。乃木坂の国立新美術館ともまた違った空間設計でした。日本庭園とセットで考えることができるからかな?

展示されていた青磁はどれも素晴らしいものばかりで、清々しくなりました。

めずらしく、説明レシーバーを借り、目録を片手にじっくり見させてもらいましたよ。

・青磁琮形瓶(そうがたへい)≒算木手(さんきで)
・青磁管耳瓶(くだみみへい)

特に気に入った出展作品です。目の保養、という言葉を久しぶりに思い出させていただきました。

また、常設の青銅器も素晴らしく、双羊尊(そうようそん)、饕餮文方罍(とうてつもんほうらい)などの重要文化財の青銅器はしばらく離れがたい存在感がありました。

P1060059

そして、根津美術館はお庭がすばらしい!
とても清々しい場所もありました。

P1060069

日本庭園の一番奥に菅原道真を祭った飛梅祠(ひばいし)という場所があります。ここの空気は素晴らしいですよ〜スカッとしました!

庭園内には湧き水があり、野鳥の鳴き声がします。本当に都内?と驚かされます。
良くこの環境をこの場所に残してくれた、と嬉しくなりました。

P1060066

ことしの紅葉は、根津美術館の庭園で初めて見ることになりましたよ。

P1060063

よい文化の日でした。すべてのことに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »