« ブロンプトンM3L 購入  | トップページ | ビアンキルポ 下乗 »

2011.03.21

BROMPTONの魅力

Brompton

ブロンプトンの魅力をひとことで言えば、このイラストの通りですね。

広げればシクロクロス車並のホイールベースを持って、快適に走ることができ、駐車するときも後輪を折りたためばスタンドいらず。前輪とハンドルを折りたためばひとかたまりのパッケージに。各部は上手に固定されていてほどけず、転がして移動もたやすい。

サイトトップでも、同じ造詣がシルエットで示されています。
http://www.brompton.co.uk/

Brompton_uk_top

今日は雨降りで乗れなかったので、週末までブロンプトンでのポタリングはおあずけ状態。
初めて補助輪の無くなった自転車をのりたくてうずうずしている小学生の時の気持ちを今、感じています(笑)

|

« ブロンプトンM3L 購入  | トップページ | ビアンキルポ 下乗 »

コメント

ていうか、自転車ってそんなに沢山必要ですか?(笑)

投稿: tomita | 2011.03.23 22:49

tomitaさん

万年筆と同じ感覚ですね(笑)

太くてぬらぬら、細くて固めしゃりしゃり感あり、
軸の質感、ペン先の感覚・・・

必要に応じて
・写真撮影の機材やミニ・バーナーなども積載できて長距離も歩道も快適に走れるシクロクロス「ビアンキ ルポ」
・街中を気軽にそこそこスポーティに走れる&積載量もルポ並のミニベロ「ビアンキ ミニベロ9」
・輪行簡単。街をポタリングしながら気楽に走れてそこそこ積載量がある「ブロンプトンM3L」
と使い分けられます。

荷物を積めるのが、私の自転車選びの判断基準みたい(笑)

投稿: tomizo | 2011.03.24 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/51182569

この記事へのトラックバック一覧です: BROMPTONの魅力:

« ブロンプトンM3L 購入  | トップページ | ビアンキルポ 下乗 »