« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.27

初輪行 ブロンプトンで巡る三富地区、小手指古戦場、狭山湖

Imgp2091

ようやく念願叶って初輪行に臨みました!

毎週日曜日に実家に行っています。輪行には丁度よい距離と豊富な散策場所なので、ブロンプトンのデビューは地元近辺にすることにしました。

P1060906

ブロンプトンは本当にコンパクトです。ドア横を使わせてもらいましたが、スーツケースと同じくらいのプレッシャーで、気が楽でした。

P1060902

着席時にはこのようにホールドしていました。丁度サドルの部分です。

P1060903

P1060905

シートの奥行きとほぼ同サイズに畳めるのが良いですね。そしてかぶせ式の純正輪行バッグも良くできていて「ブロ鼻」と呼ばれるキャリア・ブロックが違和感無く出せます。
駅のホームでは階段で抱えて上ってみましたが。。。やっぱり重いですね(笑)

P1060907

愛車セラとのご対面。

残念ながら、セラのトランクルームにブロンプトンは入らず、後ろの席に収まることになりました。

P1060910

<三富地区>

Imgp2086

Imgp2090

一番好きな場所、多福寺に来ました。ここに来ると、なんだか落ち着くんですよね。
三富地区の中心的な寺社。春夏秋冬それぞれ素敵な表情を見せてくれる場所です。
※境内での自転車走行は禁止。境内の方にご挨拶させていただき、自転車手持ちで撮影だけさせていただきました。

周囲を1時間ほど散策。途中、狭山茶のお店でお店番をされていたお婆ちゃまとお喋り。停電の影響がお茶作りにも影響あるそうです。煎茶を実家と自宅用に購入したら、お土産と言ってにんじんを5本いただきました(笑)「よかったら食べてね」と素敵な笑顔。はい、ありがとうございます!実家にお土産にさせていただきました。


<小手指ヶ原古戦場>

Imgp2095


Imgp2096

旧鎌倉街道近くのこのあたりは、鎌倉武士の闘いが有った場所です。
新田義貞の鎌倉攻めの時が一番の激戦だったようです。子どもの頃には、近くの市民プールのスライダーの上に鎧武士が夜な夜な出るなんて話しも有った場所なんですよ。

ここから狭山湖へ向かいます。

<狭山湖へ>

Imgp2097

Imgp2098

・・・ええと、狭山湖へ向かった私は一度、確かに湖畔まで出たのですが、何故かそこから道を間違えてしまったようで。。。砂利道を登坂すること40分。出たのがこの緑の森博物館というところです。このような施設があることを初めて知りました。
博物館前の地図を見ると、相当湖から離れてしまっています。もう一度引き返す体力と気力が残っていませんでした。。また別の機会に再挑戦してみたいと思います。残念。

後は青梅所沢線を所沢方面へひたすらこぎ続け、小手指駅に戻りました。
ブロンプトンはそれなりに走破性能が高いのですが、やはり上り坂は厳しいですね。
あまり無理せず走りたい、そんな自転車でした。

帰りは西武線各駅停車で地元駅まで。椅子席はほぼ満席の状況でした。まだ運行ダイヤは臨時のままですので読めませんね。幸い我がブロンプトンは邪魔にされず、無事に帰着できました。

初の輪行は結構トラブルありましたが、楽しむことができました。
これは癖になりそうですね(笑)

今度は海沿いの街を走ってみたいと思っています。輪行万歳。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.26

ビアンキルポ 下乗

Imgp1950

昨年八月、ミニベロ9で来たかった場所、靖国神社の第二鳥居前です。
明治20年製造の第二鳥居は、青銅製の鳥居としては日本最大サイズとのこと(靖国神社のホームページより)。

「下乗」は本来、馬上の武士や兵隊への警告でしょうが、自転車ももちろん降りてくださいね。

この日は自宅から靖国神社の他に国会議事堂、皇居二重橋をめぐる朝ポタでした〜

P1060852_2

P1060854_2

Imgp1954_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.21

BROMPTONの魅力

Brompton

ブロンプトンの魅力をひとことで言えば、このイラストの通りですね。

広げればシクロクロス車並のホイールベースを持って、快適に走ることができ、駐車するときも後輪を折りたためばスタンドいらず。前輪とハンドルを折りたためばひとかたまりのパッケージに。各部は上手に固定されていてほどけず、転がして移動もたやすい。

サイトトップでも、同じ造詣がシルエットで示されています。
http://www.brompton.co.uk/

Brompton_uk_top

今日は雨降りで乗れなかったので、週末までブロンプトンでのポタリングはおあずけ状態。
初めて補助輪の無くなった自転車をのりたくてうずうずしている小学生の時の気持ちを今、感じています(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.20

ブロンプトンM3L 購入 

P1060894

英国製の赤いフォールディング・バイク ブロンプトンM3Lを購入してきました。

P1060892

今回お世話になったお店は西荻窪にある小径車の聖地、和田サイクルさん。
プロペラカフェからの帰り道にオーダーし、今日ピックアップしてきました。

和田サイクルのブロンプトンは限定車などもあったのですが、私が今回購入したのは、最もオーソドックスな「定番モノ」でした。

わたしはこれまでずいぶん「限定モノ」には投資してきましたが、結局長く使えるモノは「定番モノ」だということを最近感じています。M3Lはブロンプトンの中でも「ど定番」モデル。これからいろいろ手を入れるにも良い機種です。

ブロンプトンは1975年に誕生し、 35年以上にもわたり改良を重ねてきた折りたたみ自転車です。ノルウェーの森で永沢先輩がワタナベに本について語った「時の洗礼」という言葉を思い出します。本当に良くできた折りたたみ自転車です。

P1060895

P1060900

倉庫から出してもらった真っさらのM3L。今回は購入時、オリジナルのM3Lにオプションパーツを付けてもらいました。
・純正キャリア&イージーホイール
・輪行用カバー&サドルバッグ
・オルトリーブ社製完全防水型ブロンプトン専用フロントバッグ「Oバッグ」
・ブルックス革製サドル「B17スペシャル」(黒)

折りたたんだ状態で約12キロのM3Lですが、キャリアとOバッグの組み合わせのおかげで、キャスター付きバッグのように軽く引きながら運搬することができます。
Oバッグの容量は20リットル。一眼レフやその他の携行品を入れてポタリングするにもとても頼もしいサイズです。しかも防水加工済み。輪行旅が楽しみです。

和田サイクルから約10キロを自走しての感想です。

○アップライトな姿勢
オースチン・ミニの運転スタイルを思い出させてくれます。独特の乗車姿勢は慣れるまで少し時間がかかりましたが、慣れるととても安定感がありました。
また、伝統的なM字型のハンドルは「しなり」があり、路面のギャップを吸収してくれる効果を感じました。

○3段ギア
都内を走る限り、このギア数で充分なのでは、と感じました。坂道の多い谷根千あたりで今度試してみたいと思います。

○ブレーキ
とっても良く効きます。これはビアンキのミニベロ9に乗ったときに感じた「ブレーキ、効かないねぇ」と感じたものと180度違うモノでした。効き過ぎて驚くくらいです。ミニベロ9を改良したくなりますね(笑)

○折りたたみの感じ
本当に良くできています。このパッケージはもはや芸術の域かと。
重さはあります(ルポと同じくらいの重さ!)が、固まり感がほどよく、また前述のキャスターの効果もあり、驚くほど扱い易いです。パーキングスタイルも良くできています。これは、どこでも持って行きたくなる自転車ですね。

○ブルックスB17スペシャル(黒)
いやー。やっぱり格好いいです(笑)
ミニベロ9にはB17、ルポにはスイフトを使っています。3つめのブルックス。
できればスイフトの黒があれば良かったのですが在庫切れだったため、黒のB17スペシャルを出してもらいました。手打ちのカッパー鋲が味があって素敵なんですよね。
これから乗り込んで、自分だけのサドルにエイジングしていくのも楽しみです。

○その他
フロントライトとテールライトは標準でLEDライトが付いています。ベルも付いています(笑)こういう細かい出費が抑えられるのは良いですね。
その他、ブロンプトンはスポーツBAA制度対応車ということもあり、安全基準上も文句ない作りという安心感もあります。

赤い自転車ってかなり目立ちます。郵便局の自転車みたい。
チェレステ・カラーの2台のビアンキの横に、箱形の赤い自転車が今、部屋にあります。
明日はあいにく雨らしいので、あちこちポタリングは出来そうもありませんが、週末の輪行ポタリングをこれから、いろいろ想定してみたいと思います。

いよいよ3台体制。それぞれ個性豊かな自転車です。
これら3台の自転車とともに、毎日を充実したものにしていきたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.19

ビアンキ ルポ 週末ポタリング プロペラカフェへ

P1060883

調布飛行場滑走路横にあるプロペラカフェにルポで行ってきました。

前回来たときはミニベロ9でしたが、今回はルポで。やっぱりここに来ると元気になります。

P1060882

時間が早かったので、まだモーニングしか有りませんでしたが、なんとなくホッとする食事でした。そう、平和なんです。

あの地震から1週間。会社でも連日震災対策のための特別編成で神経が張り詰めていたので、ここで太陽の光を浴びプロペラの音を聞きながら食べる温かい食事は、本当に平和を感じます。

Imgp2075

となりには、飛燕を格納してあった掩体壕があります。また行ってきました。
前回は一号壕でしたので、今回は二号壕を。

P1060889

P1060888

戦時中の様子がよくわかる説明書きがありました。考えて配置されていますね。

帰りは多磨霊園をぐるっと回って東八道路を三鷹へ抜けて吉祥寺から善福寺公園、早稲田通りと抜けていきました。
善福寺公園は学生時代から好きな場所でしたが、今日も平和な光景がそこにはありました。感謝です。

Imgp2079

Imgp2081_2

Imgp2080_2

今日の走行距離レポート
走行日:2011年 3月19日(土)

走行距離:55.92km

走行時間:2時間38分50秒 

平均速度:時速21.1km 

最高速度:時速38.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.05

ビアンキ ルポ 週末ポタリング 水元公園へ 

P1060837

葛飾区にある水元公園に行ってきました。
ここにあるメタセコイアをずっと「見てみたい!」と思っていました。
ようやく念願が叶いましたよ。

P1060839

P1060836

とにかく気持ちの良い場所でした。生きた化石を目の当たりにして大満足です。
公園内は他にも見どころが沢山あります。水郷公園という、ちょっと変わったつくりの公園は変化に富んでいて、走っていて楽しいですね。

P1060845

P1060832

P1060840

満喫して家路につきました。
途中、荒川堤防では、600メートルを超えた東京スカイツリーが綺麗に見えます。右手には富士山も。素敵な光景ですね。

Imgp1948

そして、岩淵水門(青水門)へ。隅田川の起点となるこの水門付近では、子どもたちが凧揚げをしていましたよ。楽しそうな声が春を感じさてくれる、そんなのんびりとしたポタリングでした。

P1060848

今日の走行距離レポート

走行日  :2011年3月5日(土)
走行距離:55.34km
走行時間:2時間57分42秒
平均速度:時速18.6km
最高速度:時速38.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »