« ビアンキ ルポ 週末ポタリング プロペラカフェへ | トップページ | BROMPTONの魅力 »

2011.03.20

ブロンプトンM3L 購入 

P1060894

英国製の赤いフォールディング・バイク ブロンプトンM3Lを購入してきました。

P1060892

今回お世話になったお店は西荻窪にある小径車の聖地、和田サイクルさん。
プロペラカフェからの帰り道にオーダーし、今日ピックアップしてきました。

和田サイクルのブロンプトンは限定車などもあったのですが、私が今回購入したのは、最もオーソドックスな「定番モノ」でした。

わたしはこれまでずいぶん「限定モノ」には投資してきましたが、結局長く使えるモノは「定番モノ」だということを最近感じています。M3Lはブロンプトンの中でも「ど定番」モデル。これからいろいろ手を入れるにも良い機種です。

ブロンプトンは1975年に誕生し、 35年以上にもわたり改良を重ねてきた折りたたみ自転車です。ノルウェーの森で永沢先輩がワタナベに本について語った「時の洗礼」という言葉を思い出します。本当に良くできた折りたたみ自転車です。

P1060895

P1060900

倉庫から出してもらった真っさらのM3L。今回は購入時、オリジナルのM3Lにオプションパーツを付けてもらいました。
・純正キャリア&イージーホイール
・輪行用カバー&サドルバッグ
・オルトリーブ社製完全防水型ブロンプトン専用フロントバッグ「Oバッグ」
・ブルックス革製サドル「B17スペシャル」(黒)

折りたたんだ状態で約12キロのM3Lですが、キャリアとOバッグの組み合わせのおかげで、キャスター付きバッグのように軽く引きながら運搬することができます。
Oバッグの容量は20リットル。一眼レフやその他の携行品を入れてポタリングするにもとても頼もしいサイズです。しかも防水加工済み。輪行旅が楽しみです。

和田サイクルから約10キロを自走しての感想です。

○アップライトな姿勢
オースチン・ミニの運転スタイルを思い出させてくれます。独特の乗車姿勢は慣れるまで少し時間がかかりましたが、慣れるととても安定感がありました。
また、伝統的なM字型のハンドルは「しなり」があり、路面のギャップを吸収してくれる効果を感じました。

○3段ギア
都内を走る限り、このギア数で充分なのでは、と感じました。坂道の多い谷根千あたりで今度試してみたいと思います。

○ブレーキ
とっても良く効きます。これはビアンキのミニベロ9に乗ったときに感じた「ブレーキ、効かないねぇ」と感じたものと180度違うモノでした。効き過ぎて驚くくらいです。ミニベロ9を改良したくなりますね(笑)

○折りたたみの感じ
本当に良くできています。このパッケージはもはや芸術の域かと。
重さはあります(ルポと同じくらいの重さ!)が、固まり感がほどよく、また前述のキャスターの効果もあり、驚くほど扱い易いです。パーキングスタイルも良くできています。これは、どこでも持って行きたくなる自転車ですね。

○ブルックスB17スペシャル(黒)
いやー。やっぱり格好いいです(笑)
ミニベロ9にはB17、ルポにはスイフトを使っています。3つめのブルックス。
できればスイフトの黒があれば良かったのですが在庫切れだったため、黒のB17スペシャルを出してもらいました。手打ちのカッパー鋲が味があって素敵なんですよね。
これから乗り込んで、自分だけのサドルにエイジングしていくのも楽しみです。

○その他
フロントライトとテールライトは標準でLEDライトが付いています。ベルも付いています(笑)こういう細かい出費が抑えられるのは良いですね。
その他、ブロンプトンはスポーツBAA制度対応車ということもあり、安全基準上も文句ない作りという安心感もあります。

赤い自転車ってかなり目立ちます。郵便局の自転車みたい。
チェレステ・カラーの2台のビアンキの横に、箱形の赤い自転車が今、部屋にあります。
明日はあいにく雨らしいので、あちこちポタリングは出来そうもありませんが、週末の輪行ポタリングをこれから、いろいろ想定してみたいと思います。

いよいよ3台体制。それぞれ個性豊かな自転車です。
これら3台の自転車とともに、毎日を充実したものにしていきたいですね。

|

« ビアンキ ルポ 週末ポタリング プロペラカフェへ | トップページ | BROMPTONの魅力 »

コメント

ブロンプトンM3L納車おめでとうございます。
赤のフレームとB17スペシャルの黒と銅大錨がステキです。

ぜひフォールディング自転車の利点を最大限に使ったサイクリングをお楽しみください。
リンク先のsunipersumさんのこのポタは参考になりますよ。
ずっと下りで見所満載です。爆
http://snipersum.livedoor.biz/archives/2010-08.html#20100807
京都もいいなあ。

タイプの違う3台の自転車をそれぞれ愛情を注いでください。
ミニベロ9にブレーキを!あはは

投稿: あじこぼ | 2011.03.22 07:26

あじこぼさま

コメントありがとうございます。
ミニベロ9は、ハンドルが3種類になられたのですね!
すごい。
わたしは以前あじこぼさんがなさっていた、ドロップハンドルのランドナーバー化をまず目指してみます。
あ、ブレーキも(笑)
ご紹介いただいたサイトも拝見させていただきます!

自転車に出会えてよかったと今、思っています。
すべてのことに感謝。

投稿: tomizo | 2011.03.24 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/51172528

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンプトンM3L 購入 :

« ビアンキ ルポ 週末ポタリング プロペラカフェへ | トップページ | BROMPTONの魅力 »