« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.30

十川鞄(そがわかばん)

_

MADE IN JAPAN

日本の職人の技が光る、上質なビジネスブリーフケースです。

東急ハンズのビジネスバックフェアーで購入。

デザインと色味、そしてその充実した機能をしっかりとした製法が包み込んでいる佇まいに一目惚れして購入。衝動買いですね。経済貢献です(笑)

気に入ったポイント
・しっかりとした縫製。
・ファスナーが大型でつかみやすい。
・新聞を入れることができる、マグネット式の外ポケット付き。
・定期券の出し入れが楽そうなフロントファスナー
・底面にビスがあり、床への直置きも可能。
・持ちやすい取っ手。
・ファスナー全開可能(ダレスバッグと同じように広い間口を確保可能)。
・オレンジ色(笑)。オン/オフ両用で使えそうなデザインとカラーリング。
・日本製であること。

自宅でこのビジネスバッグについて調べてみたところ、かなりしっかりとした素性のものだとわかりました。

鞄の型番
十川鞄 [Brighton(ブライトン) ロベル] 大マチブリーフ (BLB-14020 OR)

_2

_3

以下はAmazonの商品説明です。サイトから購入も可能。

商品の説明
日本の鞄職人が丁寧に作り上げた機能性+デザインのMADE IN JAPANのビジネスバッグ。
メイン素材にはコットン/フィルム圧着素材を採用し、内部に水が染みにくい耐水圧9990mm以上を実現しています。(一般的な雨傘の約40倍、レインウェアの約10倍)
また、見た目にもレザーライクな風合いに仕上がっています。
センターにはクラフトで使用する0番の糸を使用し職人が手縫いで仕上げています。
収納性はフロントにアオリポケットが有り、アオリポケット内部に小物ポケットを装備。
バックにはファスナーポケット、メインルーム内は両サイドがササマチ二重になっておりペットボトルや折りたたみ傘の収納ができ、前胴側には二分割メッシュポケット、後胴側には大型ファスナーポケットと小物ポケットが装備されています。
メインルームはお弁当が入る13cmマチで、大きく開口する大マチワレタイプですので収納物の出し入れが快適です。

■仕様等
外側表面:ファスナーポケット×1
外側裏面:オープンポケット×1
外側裏面内側:中オープンポケット×1、小オープンポケット×1、ペン差し×2
メインコンパートメント×1(三方開き)
メインコンパートメント内側:ファスナーポケット×1、オープンポケット×2、メッシュポケット×2ショルダーベルト付属
【素材】コットンPU×合皮
【実寸】W41×H31×D13cm
【色】オレンジ

晴れの日用のブリールケースとしては、HERZのソフトダレスバッグ(キャメルカラー)を使っています。だいぶエイジングが進んでいて良い色合いになってきていますが、少しでも雨が降りそうな日には使えない(使わないようにしている)のがウイークポイントでした。

これまではニフティのショッピングサイトで購入したオレンジ色の合皮ブリーフケースを使っていましたが、5月からは十川鞄を使おうと思います。

気分一新、心機一転。仕事を楽しく、責任感を持ってするために、道具を一新しました。
皐月からまた、気持ち良く仕事をしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.23

横浜 ロイヤルパークホテル

P1070057

今の部署では半年に一回、「合宿」と称して、全員で社外の貸し会議室を借りてのミーティングを行うことになりました。今回で2回目。

夏は渋谷で開催されたのですが、今回は横浜で行われました。

合宿には飲み会がセットされていて、部署の親睦も兼ねることを目的としているようです。

金曜日の夜、濃密に会議を行い宴会後、遠くの自宅まで満員電車に乗ることになります。うーん。泊まってしまいましょう!と二つ返事でホテル予約サイトから宿を選びました。

この日の宿は、貸し会議室のあるビルと同じ建物にあるロイヤルパークホテルにしました。
会社のある街からタクシーで自宅まで帰る金額にプラス数千円で宿泊できるお得なパックがあり、サクッと予約。おかげで後顧の憂い無く(笑)合宿会議に没頭できました。

P1070041

部屋は54階の街側。天気が良ければ富士山が見えるらしいのですが、宿泊した日は曇りから雨のあいにくの天気。ブロンプトンも実は持って行きたかったのですが、雨降りの予報が出ていたので端から諦め、ホテルライフを楽しむことに考え方をシフトしました。

P1070045

バスルームは浅く広めのバスタブに、シャワーブースが併設されているタイプ。
洗面台も広く使い勝手は良好。嫌いなバス・カーテンは無かったです(笑)

P1070046

窓からの借景。
かなりの眺望です。地震が心配でしたが幸い弱い地震だけだったので大丈夫でした。
ちなみに朝は各部屋各様の窓辺の楽しみ方があるようで、うっかりしどけない格好で佇むと大変恥ずかしい思いをします。皆、開放感があるため行動が大胆になるようですが、隣や上下の窓からはバッチリみられてしまいますのでご注意を。。。

P1070047

目もくらむ高さです。。。(@Д@;

P1070061

朝は雲の高さにいることを再認識させられました。

P1070050

ちなみにこれは夜の宴会でのお料理から。
台湾料理のお店でしたが、どの料理も美味しく、部員皆でいろいろ話ながら舌鼓を打ってきました。

ただ、帰宅してからなんだか熱っぽく、風邪を引いてしまった感じです。
ホテルから帰宅して寝込む。なんだかなぁ〜って感じです(笑)

今回のホテルライフは「楽しむ」というより回避運動の感じであまりパッとしていませんが、今度は楽しんで宿泊することをしたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.04.19

2011年 富士山への旅

Imgp2312

毎年桜の咲く頃、親を連れて富士山を観に行きます。
河口湖畔の宿を定宿をさせてもらい、今年も楽しませてもらいました。

天気はあまり良くなく、また、桜も少し早かったようですが、親は喜んでくれました。

楽しい旅でした。

Imgp2290

Imgp2301

P1060983

Imgp2315

宿を後にして一緒にドライブ。富士五湖の西湖、精進湖、本栖湖を通過して、久遠寺まで車を走らせました。この頃には天気も少しよくなり、境内をノンビリ散策させてもらいました。

P1060994

でっかい本堂でした。

P1070006

こちらは仏殿。

P1070007

この松の樹の枝振りがすばらしく、しばし見とれていました。

P1060990

有名な久遠寺の五重塔と大鐘楼。

P1060991

P1060984

綺麗な桜のトンネルもありました。

P1070024

高速に乗る前に忍野八海にも行ってきました。
お土産にどんこと干しタケノコを購入。とても美味しそうです。
お土産ものに印傳もあったのですが、あいにく欲しいものが無く購入にいたらず。
印傳の職人さんと少しお話できました。いずれは欲しいですね。

今年も楽しい旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.18

ブロンプトン at 富士山の麓

P1060976

毎年家族で訪れている河口湖の宿に今年も宿泊してきました。
富士山は雲間から出たり消えたりという天候。

今年は赤ブロンプトンを愛車セラ号(1993年製)に積んで来ました。

親がお風呂をいただいている間に組み立てて河口湖周辺を赤ブロンプトンで走ってみました。雄大な富士を左手に見ながらのポタリング。気持ちよかったです〜♪

風もなく暑くも寒くもないこの日のポタリングは充分満足でしたが、晴天ならなお良かったでしょうね。こればかりはお天道様にも都合がありますので、いたしかたなし。

次の機会に期待してみましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.16

ビアンキ ミニベロ9 ハンドルをランドナーバーに変更!

Imgp2289

天気予報がめずらしく外れて晴れ間の出た土曜日の午前。
かねてから悶々としていたミニベロ9のハンドル交換をついに決意!
いつもお世話になっている「サイクルショップつばさ」さんへペダルをこぎ出します。

到着直前の世田谷城址公園でちょっと休憩。桜は散ってしまいましたが、新緑が芽吹いてきています。陽気は春から初夏の陽気で汗ばむくらい。自転車日和ではあります。

P1060969

さて、ランドナーバーへ交換ですが、これくらいの変化がミニベロ9クラスだとあります。

<交換前のオリジナル>

P1060966

P1060967

フロントバッグを装着すると、ブレーキがなかなか握りにくい感じなんですよね。
さて、交換後はこのような感じになりました。

<ランドナーバーへ交換>

Imgp2283

いかり肩、ハの字のランドナーバーは、あきらかに握りやすく、疲れません。前から見るとこんな感じです。

Imgp2281

長く使われる道具の意味がよくわかりました。定番モノの確かさ。フロントバッグをつけて走行することが辛くなくなります。

Imgp2282

Imgp2278

豪徳寺の前でパチリ。世田谷区はお寺も地面も路地も多いので、ミニベロクラスだとポタリングが楽しくなります。ゴールデンウィーク前にはハンドルを交換したかったので、これでやりたかったことが解決しました。連休中はミニベロ9とルポ、そしてブロンプトンでそれぞれ日帰り旅をしてみましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.04.03

ペリカンM320 ルビーレッド

Imgp2204

4月です。春です。
なので、ルビーレッドです。

ペリカンのワンタイムエディション第三弾、スーベレーンM320「ルビーレッド」が我が家にやってきました。

本当に綺麗なマーブル柄の、ピンク混じりの赤軸。天冠はゴールド一色になりましたね。キラキラしています。

Imgp2206

これまでのワンタイムエディション第一弾「オレンジ」と第二弾の「グリーン」もそれぞれ綺麗でしたが(こちらの記事)、このルビーレッドは別格な印象です。
ペン先はフルハルターの森山さんにBBをMに研ぎ直していただきました。

Imgp2207

とてもソフトでしなやかなペン先です。
インクも綺麗なレッドを入れてみたくなります。モンブランの桜でも入れてみましょうか。

<おまけ>
フルハルターでもう一本、ペリカンのM800緑稿も購入してしまいました(笑)
ど定番モデル。
さすが、世界一を取った万年筆。すばらしい存在感です。

Imgp2210

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.02

さらば赤プリ

P1060913

旧赤プリが3月31日に閉館しました。
ちょうど前日の30日に楽天の株主総会があったので、行く機会がありました。
やっぱりバブル世代には思い出深い場所ですよね。。。就職活動時代の思い出もあり、感慨ひとしおでした。

こちらは旧館ね。

P1060914

株主総会終了後、次のアポまで少し時間があったので、コーヒーハウス「ポトマック」で食事をしてきました。最後の赤プリでの食事となってしまいましたね。。。

P1060919

写真はポトマックの裏メニュー「タイガーオムライス」です。
今年から楽天の監督になる星野氏がオーダーしていたそうですが、ドラゴンオムライスではなくタイガーオムライスということは、阪神監督時代の裏メニューだったのでしょうかね。その辺、よくわからないのですが、料理はとっても美味しかったです♪

その後新館ロビーへ。
「さよなら赤プリ」という雰囲気満載でした。

P1060922

P1060921

P1060925

バブルは終わり、新たな時代に向けて飛躍するためのお休み。
楽しい思い出をありがとうございました。そして、ご苦労様でした>赤プリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »