« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.25

日米親善よこすかスプリングフェスタ 2012

Img_1064

横須賀の米海軍横須賀基地開放イベント「日米親善よこすかスプリングフェスタ 2012」に行ってきました。

夏の「ネイビーフレンドシップデー」には二度行ったことがあるのですが、春は初めて。
アメリカ気分を満喫してきましたよ。

10時半にJR横須賀駅でTiger森さんと待ち合わせをして、徒歩で15分ほど。三笠公園の入り口から入ります。長蛇の列。ここで約1時間ほどノロノロと進みながらゲートへ。基地に入った時にはお昼を過ぎていました。

Img_1065

基地に入って右手にはマクドナルドがあります。ここからは米ドルでもお買い物可。
今日はドライブスルーはやっていませんでした(笑)

Img_1068

ここの会場にはアメリカンサイズの食べ物がたくさんあります。
一番のお目当てはアニメ「はじめ人間ギャートルズ!!」に出てきそうなお肉のスティック。正体は「ターキーレッグ」というものらしいですが、これが結構なお値段。インパクト大なのですがお値段との見合いであきらめ、以前も会場で見かけた「大きなピザ」に狙いを定め購入。ペパロニピザ1,300円也。

P1190164

ターキーレッグは、こんな感じで調理されていました。

P1190223

P1190224

P1190163

そして、ピザ。巨大、そして固い(!!)あごが鍛えられました。
比較対象のiPhoneが子どものおもちゃのようです。

P1190165

P1190169

P1190167

P1190168

P1190207

会場をひととおりまわって、もっとも強烈な食べ物だったのが
「Fried Oreos(オレオ揚げ)」

ナビスコのお菓子「OREO」の天ぷら・・・。

まぁ、想像通りの味で、笑ってしまいました。

P1190172

P1190174

Img_1072

P1190176

そのほかにも魅惑の食べ物がたくさんありました。胃袋が四つくらいほしいものですね。

P1190178

P1190180

P1190199

P1190204

P1190215

P1190216

P1190198

P1190197

敷地内には野球場やアメリカンフットボールの球技場などの他にも映画館、ボーリング場などもあります。映画館では水兵さんのバンドがコンサートをしていました。これがとても上手いバンドでした。
日本の歌では「SUKIYAKI」と「千の風になって」を綺麗な日本語で歌い、その後KING OF POPSマイケルジャクソンを華麗なステップ(&ムーンウォーク)で歌い、Johnny be Goodからクイーンでしめる、という綺麗な選曲。とってもエンターテイナーな人たちでした。

P1190182

Img_1074

P1190192

P1190210

P1190220

P1190221

P1190222

P1190166

Img_1070

日本にいながらにして楽しめるアメリカ気分。
いい日曜日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.04

HERZの口枠型ボストンバッグ(ILE-8) ミネルバ・ボックス特別仕様

Imgp3558

異動した職場ではスーツを着る機会がなくなりました。ビジネスカジュアル中心で通勤していますが、ほぼフォーマル・サラリーマンスタイルだった従来部署でのビジネスツールに違和感がでてしまいました。
そのためジャケット、靴、時計、そしてバッグと、いろいろと切り替えたり買い換えたりしました。

バッグもHERZのソフトダレスや黒いダレスバッグをメインで使っていましたが、新しい部署(というかオフィス全体で)のロッカーが小さく、折りたたんだりしないと収納ができなくなりました。
ダレスバッグにかわる、丈夫で使い勝手の良いビジネスカジュアル向けバッグを探していました。

そんなときに見つけたのがこちら。HERZの口枠型ボストンバッグ。これはHERZの限定モデルになるそうです。

Img_1011


曇天でしたが、今朝から使い始めています。
ダレスバッグと同じくガバッとひらく口枠型。なんでも気兼ねなくどんどん入れることができます。収納力ありますね。
そしてこの「ミネルバ・ボックス」の皮の感じ、とてもいいですね。気兼ねなく使えそうです。
HERZの革鞄はいつもキャメル系統の色味のものをオーダーしてエイジングを楽しんでいますが、今回はネイビーカラーを選択してみました。(このスタッフブログ記事が参考になりまして)

素敵な道具がまた手に入りました。使い込んでいきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »