« 冬の日光東照宮 | トップページ | 日光金谷ホテル 宿泊記(別館編) »

2013.01.14

日光金谷ホテル 宿泊記

日本を代表するClassicホテル「日光金谷ホテル」へ宿泊してきました。
素敵でした。

何回かに分けて魅力をご紹介してみたいと思います。

<お部屋編>

Dsc01243

宿泊日はチェックイン直後から雪が降り始め、翌朝には降り止むという、旅情を感じる演出も手伝って、とても良い宿泊経験でした。冬の時期に宿泊できたことは結果的に良かったようです。

Dsc01272

デラックスツインを予約していたのですが、どうやらリクエストが上手く通ったようで、コーナーツインルームにアップグレードしてくださったようです。フロントの方、ありがとうございます。感謝です。

部屋の第一印象はとにかく天井が高い、ということ。広さも大満足でしかも「温かい」。
スチームがついていましたが、これがバスルームにも備えてあり、極めて快適なステイができました。

Dsc01238

ちょっと見切れていますが(ベッドに荷物が−)、天井の高さ2メートル半〜3メートルという体感でした。

Dsc01236

このサイズのスチームですが、能力最高でした。バスルームが暖かいって本当に良いですね。

Dsc01237

バスタブは猫足ではなく、普及タイプのもの。少々浅めでしたが使い易かったです。

Dsc01242

懐かしい雰囲気のフォントを使ったベッドサイドの時計。据え置き時計が無いホテルが最近増えているので、旅には折りたたみの旅用時計を持参しているのですが、今回は使わないで済みました。

Dsc01245 友人が「とても気に入った」と言っていたエクステンション・ベッドにもなる二人掛けのソファー。堅さたちょうど良く、欲しくなる一台でした。

Dsc01239ソファー越しに、ホテルの車寄せが見えます。ツリーには電飾があり、年始の雰囲気が心地よい感じです。雪がとても似合います。

Dsc01240

天井から掲げられていた電灯のカバー。良い雰囲気でした。この天井高は昔はシャンデリアとか掲げていたのでしょうかね。

写真には撮りませんでしたが、ウォークインクローゼットがこれまたとても広く、使い勝手が良かったですね。滞在型ホテルだなぁ、と感じました。

私たちが泊まったのは別館。次に別館の建物についてご紹介してみます。

|

« 冬の日光東照宮 | トップページ | 日光金谷ホテル 宿泊記(別館編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/56537536

この記事へのトラックバック一覧です: 日光金谷ホテル 宿泊記:

« 冬の日光東照宮 | トップページ | 日光金谷ホテル 宿泊記(別館編) »