« 零戦見学と川越散策の輪行ポタリング | トップページ | ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 »

2013.05.04

チューブラータイヤ 破裂!

Dsc02486

なんの前触れもなく、突然

「ぱーん!!!!」

と巨大な音を立て、ハンガーに置いてあったビアンキのチューブラータイヤが破裂しました。

破裂したのは前輪のチューブラータイヤ。
前からささくれた感じがあったのですが、近所の自転車屋のお父さんに相談したところ「まだまだ全然問題無し!」と言われて交換できなかったチューブラーでした。

空気圧を高めに入れたまま放置していたのが破裂の原因だと思います。

コンビニのビニール袋を触る「カサカサ。カサカサカサ・・・」という音がしばらくしていて「なんだろうな−?」と思っていたら、突然破裂しました。
ハンガーはパソコン机の奥、直線距離1メートルも離れていない状況。破裂直後は鼓膜が破れたかと思ったほど耳鳴りがしていました。

Dsc02487

ほぼ目と鼻の先での出来事。

Dsc02366

5月1日のメーデー休暇には久しぶりにエアーを入れ、近所をポタリングしたばかりでした。

Dsc02369

Dsc02367

チューブラーでの最後のポタリングとなってしまった。

Dsc02485

Dsc02486_2

まぁ、走行中でなくて良かったと思うほかないですね。
それにしても、タイヤチューブの破裂って想像を絶する音量でした。

この惨状を観て「チューブラーをやめて、クリンチャータイヤにしたら」とアドバイスしてくれる友人もいるのですが、ええっと、チューブラータイヤのリムってチューブラー専門じゃないのかしら?不勉強ですみません。
このビアンキはかなり古い自転車なので、リムを活かしたまま乗りたいんですよね。
交換できるのかな??

まぁ、しばらくビアンキClassicはハンガーにかかったままとなりそうです。

|

« 零戦見学と川越散策の輪行ポタリング | トップページ | ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/57309179

この記事へのトラックバック一覧です: チューブラータイヤ 破裂!:

« 零戦見学と川越散策の輪行ポタリング | トップページ | ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 »