« ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 | トップページ | 今年も紫陽花の季節となりました »

2013.06.02

牧野邦夫展(最終日)に行ってきました

Dsc02632

素晴らしい展示でした。

約120点の作品は「写実の神髄」という副題の通り精緻な描写で息を飲むものばかりでした。

レンブラントへの憧れを将来持ち続けた作者が「30年遅れている自分が90歳になったときにレンブラントを超える」との思いから描き始め五重の塔の第二層の途中までとなった「未完成の塔」からスタートする一階の展示。

代表作「ビー玉の自画像」は思いの外小さな作品(33.5cm×24.5cm)でしたが、こちらも透き通るような立体感ある水色のビー玉と印象的な左手、そして牧野氏の意思ある瞳の輝きが印象的な作品でした。

二階にあがる階段の途中には「未完成の塔」のキャンバス裏に書かれた日記のような文章の解説があり、牧野氏の緻密な筆跡を確認できました。

二階には大作揃い。「海と戦さ」や「インパール」「セロ弾きのゴーシュ」「近衛師団司令部跡」「ジュリアーノ吉助の話」など、圧倒的な迫力で迫ってきます。写実の迫力。いっぽう「ガスコンロと静物」や「イアリング」など、ホッとする画もあり、ドキドキさせられます。

1940年代のデッサンや渡欧している時の手紙なども残っていて、彼の几帳面な文字と筆遣いを見ることもできました。

今日が最終日。もう少しゆっくり見たかったけれど、生の作品を目の前で見ることが出来て良かったです。

お土産はクリアファイルと「雑草と小鳥」「イアリング」の絵はがき。
画集までは懐具合が寒くて買えなかった(笑)

以下、練馬区公式HPにあった解説から引用させていただきます。

牧野邦夫ー写実の精髄ー展

牧野邦夫(1925~86年)は、大正末に東京に生まれ、1948年に東京美術学校油画科を卒業しますが、戦後の激動期に次々に起こった美術界の新たな潮 流に流されることなく、まして団体に属して名利を求めることなどからは遠く身を置いて、ひたすら自己の信ずる絵画世界を追求し続けた画家です。
高 度な油彩の技術で、胸中に沸き起こる先鋭で濃密なイメージを描き続けた牧野の生涯は、描くという行為の根底に時代を超えて横たわる写実の問題と格闘する 日々でした。レンブラントへの憧れを生涯持ち続けた牧野の視野には、一方で伊藤若冲や葛飾北斎、河鍋暁斎といった画人たちの系譜に連なるような、描くこと への強い執着が感じられます。また、北方ルネサンス的なリアリズムと日本の土俗性との葛藤という点では、岸田劉生の後継とも見られるでしょう。
生前に数年間隔で個展を開くだけだった牧野の知名度は決して高いものではありませんでしたが、それは牧野が名声を求めることよりも、自分が納得できる作品を遺すことに全力を傾注した結果でしょう。
本展は、1986年61歳で逝去した牧野の30余年にわたる画業から生み出された珠玉の作品約120点を紹介するものです。

|

« ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 | トップページ | 今年も紫陽花の季節となりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/57511227

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野邦夫展(最終日)に行ってきました:

« ミニベロでレインボーブリッジを渡る方法 | トップページ | 今年も紫陽花の季節となりました »