« NikonDf + AI Nikkor 45mm F2.8P | トップページ | Nikon 双眼鏡 7×50SP・防水型 »

2016.08.27

Nikon 双眼鏡 8×30

Dsc06362

今年の夏、星空観測を楽しむために、ニコンの双眼鏡「8×30」を購入しました。

30ミリ8倍のポロプリズム型双眼鏡。バードウォッチャーの人や空好きの方にとっての定番中の定番モデルということは、調べ始めてから知りました。

まぁ、それまでの私には、双眼鏡の数字の見方とかも分かりませんでしたので、単純に高倍率の双眼鏡が素晴らしい、ズーム双眼鏡なら更に素晴らしい、と思っていました。

学生時代に実家にあった双眼鏡。軍ものを売っているお店で買ったそれは倍率も忘れてしまいましたがただただ大きく重く、使いにくいものでした。匂いもいやだった。

そして、星空を見るには望遠鏡か天体望遠鏡でないとダメなのでは?という単純明快な無知な理由で、双眼鏡は度外視していました。

3年ほど前、写真好きの友人と旅した時に彼が持ってきていたコンパクトな双眼鏡の見え方に感動。倍率は6倍の双眼鏡でしたが、低倍率のほうが手ぶれをせず、気持ちよく使えることが分かり、興味が湧いてきました。そしてこの夏、ニコンのミクロン双眼鏡を購入しました。
これが本当に良く出来た双眼鏡で、みえるみえる。通勤カバンに入れてオフィスでのぞいて見ましたが、山手線北側のとある駅近くにあるオフィスから横浜のみなとみらいがバッチリ見えて感動!これは使えると思い双眼鏡の世界に興味が加速しました。

この8×30はネットやブログ記事の評判を読み、購入することにしました。ニコンの「富士山マーク」は、カメラ好きとしても好みの意匠ですので、旧機種をオークションサイトから落札する、ということにしました。新品を買うつもりでもいたのですが、ちょっとスッキリしすぎているように見てましてw

Dsc06231

ということで、今年の夏に野辺山高原にて使用してみました。コンパクトな筐体はカメラバッグにも上手く収まり、広い視野と持ちやすさ、軽さのおかげで星空を存分に楽しめました。肉眼では見えない星も探すことができ、「おおー」っとうなってしまいました。

Dsc06230

この朝は湿度100%。夜明けの時間帯ですが、空は曇天で残念でした。この数時間前までは星空キラキラだったのですけどね。

ニコンの8×30は定番商品だけに、40年以上もスタイルそのまま、機能をアップデートして作り続けられているそうです。長く使う道具はやはり、定番品がいいですね。いろいろな人に長きに渡って使い続けられている安心感と信頼感は、道具選びの基本かと思います。買ってよかった、そういう双眼鏡でした。

|

« NikonDf + AI Nikkor 45mm F2.8P | トップページ | Nikon 双眼鏡 7×50SP・防水型 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2259/64116599

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon 双眼鏡 8×30 :

« NikonDf + AI Nikkor 45mm F2.8P | トップページ | Nikon 双眼鏡 7×50SP・防水型 »