写真

2014.11.01

Nikon Df購入

Dsc05650

転職した自分への記念品して、NikonのDfを購入しました。

続きを読む "Nikon Df購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.08

山桜と猫ざんまい

Dsc_0643_2

池上本門寺の山桜。もうすぐ春ですね。


Dsc_0600_2

Dsc_0605_2_2

池上七福神のひとつ、馬頭観音堂の境内には猫がたくさんいました
丸くなって寝ているやつ、枝から枝へ飛び回っているやつ、そろ〜りと門からはいってくるやつ・・・
個性豊かな顔ぶれでした。

ニコンD60とノクトン58mmF1.4のいつものセット。
猫を相手にマニュアルフォーカスの限界を感じましたが、今日のベストショットはこの二枚。

Dsc_0614_3


Dsc_0615_2

枝から屋根に飛び移る瞬間をマニュアルフォーカスcameraで撮り続けることが出来た自分に拍手!!


そして今日のポートレート大賞の一枚はこの猫に決定!

Dsc_0620_2_2

山桜と猫に癒された休日でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.07.05

日本海 砂浜

Simgp2160

このエリアまで車で入ることができます。
で・・・このあと、スタックしました。
なんと、上司に車を押していただき、砂浜を脱出。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

桜咲く2006

前回のエントリーと同じ音のタイトルになってしまいましたが、2日(日曜日)に友人に誘われて目黒側沿いの桜並木でお花見散歩をしました。夕方から雷雨になったこの日でしたが、花曇りの中、晴天のもとで見た神田川の桜の風景とはまたひと味違い、萌えるような桜色がとても綺麗でした。

060402_01  060402_02

060402_03  060402_04

今年の東京の桜もまもなく終わりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

サクラサク2006

060401_04

近所の神田川付近を自転車で散策。
あたたかくて風もなく、今日は絶好のお花見日和でした。

060401_01  060401_03

060401_06  060401_05

毎年この時期になるとカメラ片手にさくらを見に行きますが、その儚いながらも艶やかな魅力をしっかりとフィルムに写し込めずにがっかりしています。今年もまだまだだなぁ。
椿山荘で花見のお茶会があったようで、神田川沿いの遊歩道には和装の人が多かったです。こちらもさくらに負けず劣らず綺麗でしたね。

季節は春。新しいことをするにはうってつけの時期ですね。
満開のさくらに元気をもらってきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.23

ハーフ版の写真

PEN-Fで撮影した写真が出来上がってきました。
35ミリフィルムの横幅を半分にしたフォーマット。写真は縦が基本に。

pen-f_0001    pen-f_0004

写真と写真の間、黒い線がフィルムの境界線です。浅草仲見世の混雑をぬって撮影してきました。縦ファインダーはとても新鮮な感覚になります。誰かが「ポジで撮影すれば、物語が見える」といっていたけど、ハーフ版のポジには確かにストーリがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

OLYMPUS PEN-F

時を超えるカメラ」という枻(えい)出版発行のカメラ本を見つけました。
オリンパスPEN-Fシリーズを取り上げています。ハーフ版で世界随一の一眼レフカメラのPEN-Fは特徴的なカメラです。

本では主にPEN-FTを取り上げていますが、私はPEN-Fを使っています。「F」の花文字がとても綺麗なデザインです。2回巻上げはLeicaM3の感触とはまるっきり違うゴリゴリとした感じですし、シャッターを押すと「バチーン!」と凄い音がします。ファインダーも縦だし。。でも魅力的なデザインは写真を撮りたくさせる雰囲気を持っていて、時々持ち出しています。

ボディについていた40mmF1.4のレンズは欠けやカビがあるジャンクでしたので、当時OMをメインで使っていた関係で、オリンパス純正OM-PENのマウントアダプターを購入。PEN-Fに使っています。

PEN純正の後付露出計をつけると、アダプターと接触してしまいます。露出をあわせるためにシャッタースピードを変えると、ゴリゴリゴリと・・・フォクトレンダー・ウルトロン40mmF2との取り合わせが一番好きですが、ちょっとした武器に見えたりもします。

olympus_pen_f

40mmはハーフ版だと55mm相当の画角になるので、ほとんど標準レンズです。明日は浅草に出るので、これでいろいろ撮影してきましょう。なんてったって、ハーフ版は36枚撮りフィルムで72枚撮影できるので。さあ、どんな写真が撮れることでしょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

TC-1 生産終了

スノーシューの時に撮影で使って気に入っていたミノルタ(コニカミノルタ)のTC-1が知らないうちに生産終了となっていました。

TC-1生産終了に関するお知らせ
この度銀塩コンパクトカメラ「TC-1」の生産・販売を終了させていただくこととなりました。1996年2月の発売以来、たくさんのお客様にご愛顧いただき、弊社といたしましてもできる限り生産・販売を継続すべく努力してまいりましたが、専用部品の入手が困難になり、設計上部品の代替も難しいことから、大変残念ではありますが、今回の決定とさせていただいた次第です。
なお、修理サービス等のアフターサービスは従来通りとさせていただきます。
今後ともコニカミノルタ製品に変らぬご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

チタンボディをたった一人の職人さんが一個一個手作りで削りだして作っていた、と聞いたことがあります。
素晴らしい描写のロッコールレンズ搭載コンパクトカメラですので、大切に使っていきたいと思います。

TC-1_1(c)KONIKA MINOLTA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

DiMAGE Scan Elite 5400II

フィルムスキャナーを買いました。

コニカミノルタDiMAGE Scan Elite 5400II
dimage_scan_elite_5400ii

それまで使っていたフラットヘッドスキャナーには2つの不満点がありました。

・ゴミやホコリがどうしても取り除けない
デジタルでゴミやホコリを取り除く事ができるソフトが搭載されているはずなんですが、傍目で観てもゴミやホコリが取り込んだ画像に残っていました。取り込み画像データが大きければそれだけ目立ちます。だんだん取り込むのがおっくうになってしまってました。

・ピントが甘い(感じがする)
ピントの面の甘さについては写真自体が「ピンぼけ」の場合もあるので、一概にフラットヘッドスキャナーのせいばかりでは無いかもしれませんが、なんとなくネムイ画像になりがちでした。

そして日曜日、ついに読み込みソフトがバグをおこしました。スキャナーで「ポジ」「ネガ」を認識しません。通常はソフトの再インストールですが、もういいや、買ってしまえ!となってしまい、新宿の量販店で買いました。

使ってみて感動モノでした。取り込みはとてつもなく早いです。便利なオートモードがあるし、ゴミもホコリもばっちり取ってくれるし、取り込んだ写真のピントもばっちり。こんなに気持ちいいならなんでもっと早く導入しなかったか、と思うほど。
昨日からせっせと取り込みをやってます。ゲンキンなものです。

ご参考に先日行った裏磐梯・グランデコのゲレンデ風景写真を。抜けの良い青空とシュプール跡の残る山肌の感じを綺麗に取り込めました。

gran_deco

CONTAX G2(Biogon 28mm)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.13

ローレライ到着

s-KICX0014初めて箱買いしてしまった「ローレライ」の浴玩が宅配便で届いた。コンビニで売っていたものをたまたま買ってしまったのが運の尽き。丁度小説「終戦のローレライ」を映画封切り前に読み始めたところだったため、はまってしまった。最初に買ったものの精巧な作りをみて、もう一つ買ってみたいなぁと思ったときには既にコンビニの棚から無くなってます。なのでネットショップで購入。。。


流石に箱で買うと、ほとんどの種類を入手することができます。

s-KICX0025
特殊潜航艇「海龍」。Tvsのマクロモードはかなり被写界深度が浅いなぁ。別の意味で関心(笑)

s-KICX0030
主役の「伊507」、シークレットアイテムの「シュルクーフ」、B29「ドッグ・スレー」
シュルクーフの精巧な作りを見て、皆が食玩のシークレットアイテム獲得に血道を上げる理由が分かった気がします。

玄関の下駄箱上に飾っておきます。引っ越しから1年。だんだん細かいモノが増えてくる(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)