旅行・地域

2020.11.23

ヒコーキ撮影@羽田空港

秋晴れのとある休日に、友人と羽田空港にてヒコーキ撮影をしてきました。

初の「うごきもの」撮影。Nikon D500にタムロンの18-400をつけて臨みました。なかなか難しいですねー。

Dsc_0840 Dsc_0826 Dsc_0831 Dsc_0883 Dsc_0492  Dsc_0502   Dsc_0368   Dsc_0362 Dsc_0355_20201123122401 Dsc_0637         Dsc_0622     

Dsc_0689 Dsc_0700 Dsc_0736 Dsc_0675 Dsc_0782 Dsc_0788 Dsc_0770 Dsc_0511 Dsc_0460  Dsc_0473 Dsc_0482

| | コメント (0)

2020.09.19

ぎょうざの満洲 東明館 宿泊記

2020年のシルバーウィーク前に、夏季休暇の消化をするために年休を取り、群馬県の老神温泉郷にある東明館に宿泊してきました。(公式HPはこちら)ここでわたしは、大好きな『ぎょうざ&ビール』を好きな時にいただきながら、源泉かけ流しの温泉を堪能し、好きな時に布団にごろりと横になれる「贅沢な時間」をしを満喫してきました。

Imgp0687_20200922095401

Img_5671

埼玉県所沢市に本店がある「ぎょうざの満洲」さんが運営している温泉宿。一度行ってみたいと思っていましたが、念願が叶いました。
一般的な宿泊施設とは全く違う雰囲気で驚きもありますが、しっかりとしたコンセプトのお宿でしたね。

従業員の方はみな、おなじみの「満洲」の服装をお召しになっていて、店舗で食べに来た時とかわらない応対をされます。「あの、宿泊客でチェックインなのですが・・・」と受付の方にお伝えすると、てきぱきと予約表の棚から私の予約内容がプリントされた内容をピックアップして、前金で宿泊代金をお支払いします。一朝(朝食付きプラン)を選択していたので、その内容を確認し鍵をいただきます。その間数分。良いオペレーションです。

入口から受付回りはこんな感じでした。

Img_5618 Img_5617

入口は2階の設定。この入口を入って左手が食堂。右手に客室へ向かうエレベーターや階段、温泉(1階)となっています。
フロントでいただく鍵はスチールチェーンのもの。靴箱ロッカーの鍵入れもついていました。

客室は畳敷き。ひろびろと使わてもらいました。

Img_5554

部屋に入ったところ。入口ドアをあけて左手に、温水便座付きのトイレが設置されています。手洗い洗面台はふすまの奥、サンルームにありました。小型冷蔵庫もここにあります。

Img_5556  

お手製の周辺マップ。とても良くできています。

Img_5560

作務衣に「まんしゅうちゃん(?)」のロゴが刺繍されています。フロントでお土産としても販売されていました(チェックアウト時に1着、買ってしまいましたw)

Img_5555

 

Img_5557 Img_5558

「レストランのご案内」のメニューが、満洲!素晴らしいことです。

Img_5559 Img_5622

ちゃんと「宿泊約款」もありますw

Img_5624

温泉の写真はないのですが・・・この宿では朝5時から利用できました。川沿いの露天風呂付き。2泊の宿泊期間に5度も利用させてもらいました。朝の一番風呂も連日、いただきましたよ。お湯の温度は私にはちょうどよいぬるめのお湯でした。切り傷などに効果のある効能がうたわれていました。
清潔感のあるお風呂で、とても良い温泉でしたね。

お部屋は、少々壁が薄いようで、となりの宿泊客の生活音や廊下を歩く音が聞こえてきたりするのが若干マイナスポイントでした。
まぁ、このあたりは「宿、あるある」でもあり、致し方ないですね。

 

レストランについて

ほぼほぼ、町にある「ぎょうざの満洲」で食べられるメニューをふつうに食べることができます。むしろ、カタログ落ちしているメニュー(今回は玄米の天津飯など)が食べられて、ラッキーでした!
R0071119 Img_5601 Img_5609 Img_5608 R0071125 R0071126 R0071124 Img_5610


楽しみの「朝ごはん」について

ぎょうざの満洲が提供する「朝ごはん」とはどのようなものか。とっても興味がありました。
結果、期待以上のおいしい朝食をいただくことができました。

初日の朝食
R0071148

二日目の朝食
Img_5619

初日の食卓に、期待していたものがありました。そう、餃子です!
R0071150 R0071147

さすが「ぎょうざの満洲」です。朝から餃子をいただける贅沢!
そのほかにも、サラダも炊き込みご飯もサイドディッシュの品々もおいしかった~
新鮮な牛乳とリンゴジュースもいただけます。
R0071152 R0071151

そして、満洲でコーヒー!挽きたてのブレンドが飲めました。食後の満足感がとても高い朝食でした。
R0071153 R0071154

おいしい食事をいただき、気分良くドライブをすることができました。

R0071149

気持ちの良い旅をさせてもらいました。また利用してみたい宿です。

| | コメント (0)

2020.03.25

2020年春3月の野辺山高原 その2

P3261464

野辺山にある「やまなしの樹」と、雪をいただいた八ヶ岳
好きな場所です。
ここ、夜はこのような風景が撮れます。
Imgp3463 

光害が少ない野辺山高原は、星の人にとっては楽園ですよね。
もっとも、3月下旬ではありますが、夜中は氷点下10度くらいまで下がる野辺山高原。
徹底した防寒が必要です。ガチガチ・・・

朝、ペンションの方と周辺をドライブ。八ヶ岳赤岳のピークまでクリアに見えました。
P3251338 

富士山もばっちり見えます。雄大ですね。
P3251349 P3251357

野生動物も見かけました。(フクロウは残念ながら…次回に期待して)
P3251315 P3251395

雄大な風景に圧倒されてきました。
P3251403

| | コメント (0)

2020年春3月の野辺山高原 

P3241245-1

新型コロナウイルスの影響が全国に拡がりはじめるタイミングより前ですが、2019年度の年休消化のため3月中に3日間、年休取得が必須であった私は愛車セラ号を走らせ、いつもお世話になっている野辺山高原のペンションを目指しました。
標高1400メートル近くの高原地帯ですが気温は10度を超えており、本当にこのシーズンは暖冬だったことを思い知らされるドライブでした。

P3241252 P3241261-1

途中立ち寄った清泉寮。ソフトクリーム売り場に列はなく、というかすでに観光客の姿はまばらで、観光地の窮状を時期から感じておりました。

P3241272-1 P3241289 P3241291

その後、JR野辺山駅を超え、久しぶりに平沢峠へ。八ヶ岳に雲がかかっていましたが、気持ちの良い空です。
思えば、雪をいただいた八ヶ岳を見るのは初めての経験。時間がゆっくりすぎていきます。

| | コメント (0)

2019.10.01

2019年10月の夏季休暇(アンドロメダ銀河の撮影)

2019年の夏季休暇。当初予定していた八重山行きが、台風18号の影響で2日連続フライトに影響がでてしまい、急遽1泊での野辺山高原への旅となりました。本当に急なお話。

前回失敗したアンドロメダの撮影を主眼に。

結果、ここまでは写すことができました。

Photo_20191013155201

PENTAX KP J-limited + DA★300mmF4 ISO6400 40秒×4枚コンポジット

アストロトレーサーでは、これが限界かな。赤道儀をやはり引っ張り出さないといけない感じです。
また撮りにいきたいですね。

| | コメント (0)

2019.09.08

2019年夏、野辺山高原にて

Ty_05617

 

夏休みがまだ取れていないのだが、金曜日に休みを取り一泊で野辺山高原を旅しました。夜は写真のような星空に出会えてラッキーな一日でした。

 

Imgp0245

Imgp0247

Imgp0246

Imgp0248

Imgp0250

野辺山高原で好きなお店はここ「レストラン最高地点」。大もり蕎麦が美味しいのだけど、開店と同時に売れてしまう人気商品。この日は14時頃到着ですでに無く、ソースかつ丼をいただいてきました。山ならではのカツ丼。美味しいです。

 

Imgp0274

少し足を伸ばして清里へ。ここ、清泉寮は清々しい場所。この日は晴天で夏の高原、といった雰囲気を楽しめました。

Imgp0280 Imgp0278

清泉寮といえばこのソフトクリームですよね。ジャージー牛乳を使った人気のソフト。いまは400円に値上がりしてしまったけれど、この日も買うのに長蛇の列でした。

Imgp0286 Imgp0287 Imgp0288 Imgp0310 Imgp0273

この日はPENTAXのKPと20-40Limitedレンズで撮影していたのだけど、露出補正が難しくて白飛び・黒つぶれ写真を連発していました。カメラ任せでのほほんと撮影していたツケですね。露出の失敗はその後も続き、失敗写真を撮りに旅していたのか、という具合。。。勉強し直しですね。

R0070871 R0070869 Imgp0347 Imgp0349

有名な「山梨の木」のたもとにて。
樹勢はだいぶ衰えてしまったそうですが、まだまだ元気で居て欲しい地元の名木です。

Ty_05639 Ty_05607

Imgp0472

夜は星空撮影。
この日は長尺のレンズも持参していたのですが、ピント合わせに失敗し、残念な写真を増産していました。帰宅して気づくこの悔しさ。絶好の撮影日よりだっただけに後悔しきりです。。。次回こそ明瞭な星雲の写真を撮ろう、と決意を新たにして。この日は夜中の3時半まで撮影していました。

Imgp0420_20190908172601

Imgp0448

朝、柔らかい朝日で目覚める。高原の朝、という感じです。朝ご飯も美味しい。このペンションは本当に素敵で定宿にさせてもらっています。
R0070866 R0070875

 

チェックアウトして東京に戻る途中、私は必ず小淵沢ICから高速に乗るようにしています。目当ては八ヶ岳PAにある三分一湧水の手打ちそば。PAの中では一番好きな場所です。八ヶ岳の麓で栽培された蕎麦粉100%使用ということですが、のど越しが良くて天ぷらも美味しく、満足できる一品です。
Imgp0505 Imgp0501 Imgp0500 Imgp0499

2時間30分くらいのドライブで到着できる楽園。またゆっくり訪問したいです。今度は秋の甲斐路なども良いですよね。
Imgp0492

| | コメント (0)

2019.05.08

「世界一の朝食」を体験。七里ヶ浜bills 2019年GW

Ty_05095 

2019年令和最初のゴールデンウィークが終わった翌日、5/6の朝、わたしは七里ヶ浜にあるbillsを初体験してきました。

朝7時の開店時間過ぎに入店しました。平日の朝なのに直ぐに多くのゲストが入ってきます。人気店ですね。
この日は「本日のブレックファストスコーン」が有るそうで、そちらをオーダー。メインは「リコッタパンケーキ」を。王道ですね。

Dsc01715
明るい店内。入って右奥のソファー席でお一人様利用をさせてもらいました。

Dsc01717 

右手を見ると国道134号線を見下ろせるテラス席。海風が心地よく入ってきます。

Dsc01719
そしてこれが「本日のブレックファストスコーン」
これだけで満腹感がありますw 食感がよいですね。外側カリッと、内側しっとりの抜群の作り方でした。

食べ終わった頃に焼き上がる「リコッタパンケーキ」が登場。凄いインパクトです。
Dsc01724
Dsc01721

下敷きにバナナも。これ一皿で相当パワーブレックファストです。


Dsc01726
いやぁ、ふわふわです。セレブ感満載の一皿。
パンケーキブームが続いて久しいですが、納得ですね。

「BILLS CLASSICS」というシリーズの食事はこの他にもスクランブルエッグも人気とは聞いていましたが、とても食べきれない・・・
ペア以上の人数で来るのが良いお店ですね。納得です。

Dsc01713

食後に浜辺を散歩してホテルの部屋に戻りました。江の島が綺麗。
良い一日が始まる時は、良い朝食をいただくに限ります。ご馳走様でした。

 

 

| | コメント (0)

2019.05.07

鎌倉プリンスホテル宿泊体験

平成から令和へ移る期間の10連休最終日に、鎌倉プリンスホテル宿泊へ宿泊してきました。
湘南エリアは海の無い県に住んでいる住人としては憧れの場所でして、最初にクルマやバイクを買ってドライブやツーリングをしたのも湘南でしたね。
ゆっくり過ごすにはとても良い場所でした。
Ty_04991

Img_2376

Img_2378

Img_2414

部屋からの眺めもよいですね。富士山も見えましたのでラッキー。
Ty_04987

Ty_05009

Ty_05013

Ty_05033
 
Ty_05014

Dsc01732

また泊まりたくなるホテル。

| | コメント (0)

2019.02.15

世界遺産五箇村ライトアップツアー2019

今年はじめての取り組みとのことで、バスツアーで参加してみました。
Dsc_0327 

伝統芸能のこきりこ踊りを披露いただき、その後、合掌造りの家屋を前景に、花火があがるという趣向。
Dsc_0283

花火撮影の場所取りは大変でしたが、楽しいイベントでしたよ。参加して良かったです。
Dsc_03312

Dsc_0366

Dsc_03642

Dsc_0360

Dsc_0355

この日は月も満月に近く、幻想的な夜でした。
Dsc_0398

 

例年になく温かい飛騨高山地方。雪も少なくつららも細め。
Dsc_0424

世界遺産をめぐる旅はどのツアーも混んでいますが、人数制限がある企画なのでそこそこ落ち着いて見られるのが良かったです。
Dsc_03192

 

| | コメント (0)

2017.07.28

モルドバ共和国訪問記 その1

Moldova_001

東ヨーロッパにある農業国 モルドバ共和国へ仕事で出張してきました。
とても美しい国でした。

続きを読む "モルドバ共和国訪問記 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧